伝統式凍頂烏龍茶 炭焙
傳統式凍頂烏龍 炭焙を発売しました。台湾では数十年前までは烏龍茶は発酵を長時間行い、重発酵に仕上げるのが当たり前でした。ところが、高山茶の人気の高まりと共に、微発酵の烏龍茶が主流となり、今では伝統的な重発酵の台湾烏龍茶は入手が極めて困難なお茶です。HOJOでは伝統式凍頂烏龍については数年前から販売しております。値段が比較的高いお茶ですが、にもかかわらず台湾の烏龍茶の中でも極めて人気の高い商品です。人気の理由は、フルボディと強いコクに加え、柑橘系のフルーツ、シナモンのような香り、花のような香りが何層にもなって感じられる点で、非常に飲み応えのあるお茶です。

標高だけでは判断できない台湾茶

多くの人は、台湾茶を標高の高い低いだけで判断しがちです。同じ樹齢のお茶を同じ栽培方法で育てた場合、標高の高さは、コクの強さと比例します。この論理から、標高が2400mの梨山茶などはコクがとても強く、染み入るような透明感のある味わいが特長です。
ただ、お茶の質を語る上で重要なのはコクだけではありません。コクは「味と香りの奥行き」を表す感覚です。それにたいして、もう一つ大事なのは「ボディ」と呼ばれる感覚です。ボディは「味と香りの広がり」を表す感覚です。ボディが強いお茶は、香りが豊に感じられ、ふんわりとしたふくよかさが楽しめます。
つまり、コクとボディを併せ持つお茶は、非常に人気のあるお茶で、同時に高価な値段で取引がされる、高級茶と定義することが出来ます。
傳統式凍頂烏龍 炭焙の茶葉

フルボディのお茶を生み出す凍頂山の土壌

傳統式の製法でお茶を作るに辺り、凍頂烏龍で作らなくても、阿里山茶を始め、他にも色々の選択肢があります。多くの選択肢がある中であえて凍頂烏龍にこだわった理由ですが、凍頂烏龍茶の素晴らしい点は、ボディの強さにあります。凍頂山の土壌は台湾でも屈指の強いボディを生み出します。これは凍頂山の土壌にアルカリ性のミネラルが豊富に含まれるためと推察されます。フルボディの凍頂烏龍茶を傳統式の作り方で発酵度を高めることで、より香りが口の中に広がりやすく、重発酵の恩恵を最大限に享受することが出来ます。

想像以上に奥が深い火入れ

さて、ここまでは清香型の伝統式凍頂烏龍茶の説明ですが、今回仕入れたお茶は、この傳統式の凍頂烏龍茶に火をいれたものです。お茶の炭焙といってもピンキリで、数時間の火入れから、数十時間の火入れまであります。大量生産品になると、高い温度にて短時間で火入れが行われます。この方法ですと、表面のみが焦げ、香ばしい香りがしますが、内部までしっかり火が入ってないことが多く、また、短時間の焙煎では乾燥フルーツのような、栗のような甘い香りは出ません。更に、火入れにこだわった場合、一回で火をいれるのではなく、2-3回に分けるるなど多くの手間がかけられます。今回発売したお茶は、30時間以上、低い温度での火入れが行われており、熟成とベイキングが絶妙にバランスされているように思います。特に、低めの温度による長時間の火入れにより、熟成香が強く感じられ、乾燥フルーツのような甘い香りと、炭焙香が両方感じられ非常に濃厚な香りのお茶です。このお茶は熟成にもむいており、もし、保存をしたい場合は未開封の状態で保管することで、より甘い香りが生成されます。

左は微発酵で火が入ってない烏龍茶、右は伝統式凍頂烏龍 炭焙

左は微発酵で火が入ってない烏龍茶、右は伝統式凍頂烏龍 炭焙

このお茶に興味がある方は以下のページをご覧ください。

https://hojotea.com/item/o55.htm

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

白茶なのにプーアル生茶と烏龍茶の個性!无量山古樹白茶 を販売開始
雲南省南西部に位置する无量山産(むりょうさん)の自然栽培茶を使った白茶を発売しました。加工法を工夫することで、 …
ミャンマー産2010年ビンテージのプーアル茶!果敢古樹熟茶の販売開始
ミャンマーの果敢という地域で作られた8年もののビンテージプーアル熟茶を発売しました。極めて濃厚な味と個性的なビ …

最新の記事 NEW ARTICLES

白茶なのにプーアル生茶と烏龍茶の個性!无量山古樹白茶 を販売開始
雲南省南西部に位置する无量山産(むりょうさん)の自然栽培茶を使った白茶を発売しました。加工法を工夫することで、 …
お酒でお茶をいれる?!茶葉とお酒の意外な相性
お正月は何かとお酒を飲む機会が多いですが、お茶を使った小ワザを紹介したいと思います。 お茶で味が円やかになるの …
ミャンマー産2010年ビンテージのプーアル茶!果敢古樹熟茶の販売開始
ミャンマーの果敢という地域で作られた8年もののビンテージプーアル熟茶を発売しました。極めて濃厚な味と個性的なビ …
花の香りがする煎茶!月ヶ瀬萎凋煎茶の販売開始
奈良市月ヶ瀬の在来煎茶の一番茶から面白いお茶を作りました。煎茶なのですが、長時間の萎凋をすることで花の香りを高 …
ダージリンのような香り!ミルクティーでも美味しい雲南紅茶2種を販売
古樹滇紅(こじゅてんこう)は極上の滇紅(雲南紅茶)を作ってみたいという目標のもと、原料の選定に関して全く妥協せ …
雲南紅茶好きにお勧め!高山紫紅茶2018販売
高山紫紅茶が2018年産のお茶に切り替わりました。高山紫紅茶はとても美味しい紅茶ゆえ、紅茶が好きな人には強くお …
台湾三希製の茶漉し付マグカップ販売
台湾の三希製の磁器が何点か入荷しました。これまで品切れとなっておりました商品も入荷しましたので是非ご覧ください …
自然栽培のプーアル熟茶、火草山産の宮廷金毫2018販売開始
プーアル熟茶ファンに朗報です。HOJOの熟茶の中でも絶大な人気のある火草山から作られた宮廷金毫 2017を発売 …
自然栽培プーアル生茶、烏木龍古樹生茶2018を販売開始
烏木龍古樹生茶(ウームーロンこじゅなまちゃ) 2018を発売しました。このお茶は2018年産のプーアル茶の中で …
鳳凰単叢烏龍茶7種発売。知名度の低い名称のお茶がおすすめな理由
鳳凰単叢烏龍茶2017産を多数発売しました。鳳凰単叢烏龍茶は仕入れた直後よりも暫く熟成した方が香りも味も良くな …

PAGETOP