プーアルジャスミン茶

HOJOではプーアル生茶を使ってジャスミン茶を作る試みをしております。お客さんからのリクエストがきっかけなのですが、私もコンセプトがとても気に入り、昨年から生産に取り組んできました。

昨年は生産段階で失敗

実は昨年は生産に失敗しました。その理由ですが、昨年はプーアル生茶の毛茶をそのままの形状のまま着香しました。

プーアル生茶の毛茶

プーアル生茶の毛茶(荒茶)

着香工程とは、プーアル生茶にジャスミンの花を混ぜ、茶葉にしっかりと香りを吸わせ、翌日の朝に篩にかけることでジャスミンの花と茶葉を分離します。茶葉への着香は一回だけではなく、ジャスミンの花と混ぜる工程は5-6回繰り返されます。毎回、新鮮な花をもちいて何度も着香を行うことで、茶葉にしっかりと花の香りを浸透させます。昨年は毛茶の状態のプーアル茶をもちい、そこにジャスミンの花を混ぜ込むことでで着香を行ったのですが、翌日にジャスミンの花と分離ができないという問題が発生しました。通常、ジャスミン茶の生産では、緑茶をパール状に丸めます。緑茶は真珠大の球形をしているのに対し、着香後の花は花びらが開き、パール状の茶葉よりもサイズが大きいために、篩にかけることで容易に分離することができます。昨年の生産実験では、プーアル茶の茶葉を丸めなかったために、ジャスミンの花と分離ができないことが発覚しました。その時点で急遽パール状に丸めることも検討したのですが、ジャスミンの花のシーズンが終わりに近づいていたこともあり、計画は頓挫しました。

ジャスミン茶

緑茶の着香工程

ジャスミン茶の選別風景

ジャスミン茶の選別風景

マニア好みのコクの強い原料を入手

そんなわけで、今年はプーアル茶をパール状に丸めることを前提として計画を立てました。まず、使用した原料ですが、臨滄の山岳地帯の少数民族による自然栽培茶を選びました。そもそも、プーアル茶をもちいてジャスミン茶を作る目的ですが、他の茶葉原料にはないレベルの深いコクとボディがあるジャスミン茶を作るためです。プーアル茶と言っても、プーアル生茶は茶色の色をしたお茶とは異なります。茶色の色をしたプーアル茶は、プーアル熟茶と呼ばれ、それに対し、私が今回もちいた原料はプーアル生茶です。生茶の茶葉は緑色をしており、お茶の性質的には白茶にとても近いお茶です。

プーアル生茶

プーアル生茶の茶殻は緑色

その中でも、香りの自己主張があまり強くなく、深いコクのお茶を選びました。このお茶の産地では、お茶の木は雑草の中に紛れるように自生しております。今回の原料を選んだ土地の少数民族は、お茶の木を自然の植物と同じように扱っております。お茶の葉はバナナの皮のように黄色に変色し、まるで野生の木のように力強く自生しておりました。このような環境下では木の生長が非常に遅いため、お茶の木一本当たりの芽の数は自然と少なくなり、茶葉一枚一枚のミネラルが濃厚になる事から、極めて味が濃く、コクの強いお茶になります。
自然栽培のお茶

雲南省の自然栽培茶

自然栽培茶

製造にさいしての不安点

プーアル茶としては非常に良い原料を選んだわけですが、私には不安もありました。プーアル茶の場合、茶葉自身の持つ香りがあるため、それがどの程度ジャスミンの香りと調和するか非常に不安を感じておりました。また、ジャスミンの花で着香をする際には、着香→乾燥→着香→乾燥と進めます。乾燥工程を間に何度もいれることで、茶葉の香りが変質し、ジャスミンの香りと合わなくなることも懸念されました。

今年は大成功

先日生産サンプルを受け取ったのですが、それを開封したとき、これまでの不安は完全に払拭されました。ジャスミンの香りが完全に勝っており、プーアル茶は担体としての機能を予想以上に良く果たしてくれました。茶葉の強いコクのお陰で、ジャスミンの香りには重量感があり、胸に吸い込まれるような濃厚な香りがしました。それにしても、このジャスミン茶のコクの深さは普通ではありません。「これほどまでにコクを深くする必要があったかな?」と思い返してしまうほど、コクの強いお茶になりました。味の濃い、深い喉越しのお茶が好きな人、舌の肥えた人に喜んでいただけるお茶ができたと思います。

ブラックパールな外観

パール状になったプーアル生茶は見た目は妙に黒く、お世辞にも美しいといえる外観ではありませんでした。見た目が黒いので、ジャスミンブラックパールとでも名前をつけようかとも思っているほどです。ただ、いったん湯を注ぐと、黄緑色の茶葉が現れ、プーアル生茶らしい外観となります。このお茶のもう一つの特徴は、何煎もいれ続けられることです。現在出荷の手続きを進めておりますので、今月中には紹介できそうです。

プーアル茶でジャスミン茶

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

濃香な三次火蜜蘭香など3種類の鳳凰単叢2021を発売
鳳凰単叢烏龍茶を3種発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm どれも非常に個性的なお茶でお勧めです! 鳳凰単叢老欉蜜蘭香 2021 蜜蘭香はライチを連想するとてもフルーティな香 …
古樹白茶2022(無農薬無肥料の自然栽培茶)を発売
2022年産の古樹白茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/w25.htm 樹齢数百歳のお茶の木 古樹白茶は無農薬無肥料の自然栽培茶園で作られたお茶を原料に1芽1葉の茶葉から加工した白茶です …

最新の記事 NEW ARTICLES

濃香な三次火蜜蘭香など3種類の鳳凰単叢2021を発売
鳳凰単叢烏龍茶を3種発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm どれも非常に個性的なお茶でお勧めです! 鳳凰単叢老欉蜜蘭香 2021 蜜蘭香はライチを連想するとてもフルーティな香 …
古樹白茶2022(無農薬無肥料の自然栽培茶)を発売
2022年産の古樹白茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/w25.htm 樹齢数百歳のお茶の木 古樹白茶は無農薬無肥料の自然栽培茶園で作られたお茶を原料に1芽1葉の茶葉から加工した白茶です …
武家平掌古樹生茶2020年産 357g餅茶と2021年産 200g餅茶を発売
武家平掌古樹生茶 2020と2021を発売しました。 このお茶は中国雲南省臨滄市の南西部、ミャンマー国境から数十キロに位置する、2100m前後の茶園産です。 https://hojotea.com/item/d137.h …
単株白茶2018年の散茶と餅茶、鳳凰単叢玉蘭香2021を発売
単株白茶2018年の散茶と餅茶、鳳凰単叢玉蘭香2021を発売しました。 単株白茶 2018 マレーシア熟成 https://hojotea.com/item/w18.htm 単株茶は特定の1本だけの木から作られたお茶です …
マレーシアで5年熟成したミャンマー果敢産のプーアル熟茶を発売
マレーシアで5年間熟成した果敢古樹熟茶20216年を発売しました。 果敢は中国雲南省のお隣、ミャンマーの地域の名称であり、非常に稀少なお茶です。 https://hojotea.com/item/d88.htm 雲南省と …
マレーシアで3年熟成した単株プーアル生茶2019の餅茶200gと357gを発売
マレーシアで3年間熟成した単株プーアル生茶2019を発売しました。 単株茶とは、特定の1本のお茶の木のみから収穫し、製茶されたお茶のことで、プーアル茶や烏龍茶の中では最も高級なお茶とされるカテゴリーです。 このお茶は20 …
自然の山で収穫された大雪山野生白茶 散茶2022年産を発売
大雪山野生白茶 散茶 2022 を発売しました。 https://hojotea.com/item/w11.htm 大雪山野生茶は、中国雲南省臨滄地区の大雪山で収穫された野生のカメリアタリエンシスから作られた白茶です。 …
プロがお茶を評価するときに重視する余韻とボディとは?
お茶を選ぶとき、多くの人は香りに注目しがちです。 香りが重要なのは勿論ですが、我々プロが重視するのは、味香りの立体感です。幾ら香りが強くても、味香りに立体感のないお茶は美味しいと感じられないからです。 立体感と言われても …
無農薬無肥料の自然栽培プーアル生茶5種を発売
プーアル生茶を5種類発売しました。 武家寨古樹生茶2022 武家寨は中国雲南省臨滄の南西部に位置する小さな村の名称です。 標高2000m〜2300m、完全無農薬無肥料の老木から作られたプーアル生茶の散茶です。 今年も樹齢 …
ガラスティーポットを3種発売
ガラスの急須を3種類発売しました。 HOJOでは正規の輸入を行っており、正式に検疫を通して輸入をしております。 普段あまり意識されないと思いますが、直接口に触れる食器は、食品衛生法で検疫の義務があります。 「ガラスは味の …

PAGETOP