メールマガジン第62号  2014年08月17日発行
HOJOパッケージ

プーアル生茶は熟成することでより魅力的な香りへと変化することから、同じお茶でも毎年異なる香りを楽しむことが出来、「育て上げる」楽しみがあるお茶です。購入当初は、あまり特徴的な香りが無くても、熟成により甘い香りが形成されます。それゆえにプーアル茶を選ぶ際は、香りではなく、味(コク・ボディ・滑らかさ)などを基準に選ばれることが重要です。

プーアル茶は長く熟成すればよいと言うわけではない

プーアル茶の熟成ですが、長く熟成すればするほどよいと考える人がおりますが、それは必ずしも正しくありません。熟成を長期間行ったところで、品質が向上するわけではなく、熟成期間の長短はむしろ香りの違いとして現れます。例えば、数年の熟成を経たお茶は、蜜のような香り、7-10年の熟成を経たお茶は杏のような香り、更に長く熟成すると、黒糖のような香りへと変化します。保存によって生じる熟成香の種類はお茶の種類や質によっても変わるため、全てのお茶が同じ香りへと変化するわけではありません。実際、数年熟成した際に生じる蜜の香りはとても心地よく、意外に多くの人に支持されます。私の店でも、いったんお茶が蜜の香りを形成すると、売れ行きが目に見えて良くなります。それもそのはず、スタッフ自身が蜜の香りを美味しいと思う事から、より積極的にお客さんに推薦するようになるためです。

マレーシアで熟成した蜜の香りがするお茶

熟成ですが、環境によっても熟成速度は全く異なります。私の経験では、年間平均気温が高いほど熟成は早く進むと理解しております。HOJOでは日本とマレーシアに店舗を持っており、同じお茶を2箇所で保存しております。マレーシアはトロピカル(常夏)な気候ゆえに、年間通じて30℃近い温度であるのに対し、日本は四季があるために平均温度は低めです。同じお茶を2箇所で保存しているゆえに、保存環境による香りの違いを具体的に把握することができます。実際マレーシアで保存しているお茶は日本で保存しているお茶の倍程度の速度で熟成します。

HOJOパッケージ

この度マレーシアで2年間熟成した冰島古樹生茶 2012と3年熟成した老黑寨古樹生茶 2011をマレーシアより輸入しました。これらのお茶は常夏の国で熟成されたこともあり、熟成が進んでおり蜜のような甘い香りが感じられます。
両銘柄は2-3年の熟成ですが、マレーシアにおける保存環境は日本での4-5年の熟成に相当すると思われます。お茶は無酸素状態で熟成されており、ゆえに劣化臭が感じられず透明感ある甘い香りがします。
同時に、無酸素状態でもお茶は熟成するという事実をご確認頂けるかと思います。
なお、老黑寨古樹生茶 2011については既に在庫が僅かとなっておりますので、興味のある方は是非早めにご検討ください。

https://hojotea.com/item/d16.htm

https://hojotea.com/item/d17.htm

野生春芽の散茶を発売

昨年は予約販売限定だった野生春芽の毛茶(散茶)を発売しました。このお茶はとても香りの良いお茶ゆえに、餅茶へ加工せずに散茶の状態で発売することにしました。

ブドウのような香りのする野生のプーアル茶、野生春芽を発売

このお茶は大雪山で収穫された、カメリアタリエンシスという種に属する野生のお茶の芽のみから作られたプーアル生茶です。ブドウのような、リンゴのような、若い木の皮のような爽やかな香りが特徴のお茶です。野生茶と聞いてもあまりぴんと来ない人が多いかと思いますが、野生のお茶とは山菜と同じく、天然のお茶の木を指します。樹齢の古い木ではなく、山に自生しているお茶の木です。例を挙げるなら山に生える松茸と同じです。野生のお茶であることは、お茶のコクの深さに反映されます。野生春芽は喉に染みこむような深いコクを感じて頂けます。このお茶は熟成することで、杏のような香りに変化するため、新茶で飲むのも良いですが、熟成して飲む方法もお薦めです。本商品は限定量しか仕入れていないため、在庫が無くなり次第販売終了となります。

なお、本メルマガを購読してくださっている方に限定で、希望者に野生春芽のサンプルを無料送付致します。ご希望の方は以下のボタンからお申し込みください。尚、サンプルはお1人様1つとさせて頂きます。下記のボタンから入力画面に入り、通常の買い物時と同じくご住所や電話番号を記入してください。

(注)野生春芽無料サンプル申し込みはメルマガの購読をされている方のみの特典となっております。本ページからのお申し込みは受け付けておりません。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …

最新の記事 NEW ARTICLES

雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
HOJO独自の新製法で実現した香り高い紅茶:雲南での挑戦
雲南省に1.5ヶ月滞在した期間中、良質な白茶やプーアル茶の生産はもちろん重要な課題でしたが、今回の大きな目標は、小ロット生産にも対応した新しい紅茶の生産方法を開発することでした。 一般的に雲南紅茶といえば、当店のラインア …
2024年の雲南省お茶シーズン:予想外の気温と収穫の混乱
長い雲南省の仕入れを終え、現在マレーシアのクアラルンプールに滞在しております。輸入したお茶の評価や海外用のお茶の発送など細かな手配が必要なため、クアラルンプールの会社に来月まで滞在予定です。 今年はシーズンの最初である3 …
2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …
標高2100mのシングルガーデン産プーアル生茶、 火地古樹生茶2021を発売
火地古樹生茶2021を発売しました。 このお茶は、小さな単一茶園(シングルガーデン)のお茶のみから加工されたプーアル生茶です。 https://hojotea.com/item/d147.htm シングルガーデン産のお茶 …

PAGETOP