山菜を野菜として活用する雲南省の食生活

[2015.03.23] Written By

雲南省でプーアル茶の仕入
雲南省でプーアル茶の仕入をおする際、最大の楽しみと言えば、現地の料理を食べることです。

地方に行く程美味しくなる食材の味

同じ雲南省でも、省都の昆明 → 保山市 → 地方の村と移動していくと食材の質が目に見えて変わります。これは鮮度や料理の腕の問題ではなく、食材の味そのものが違います。特に地方の村では、野菜の多くが無肥料で作られており、また、鶏肉なども地鶏を使用していることから、野菜の味がとても濃く、肉や濃い味付けが全く不要です。食材の質が非常に良いことから引き込まれるような美味しさです。お茶でもそうですが、高い質のお茶を得ようと思ったら、生産量を犠牲にする必要があります。肥料を与えれば、収穫量は増しますが、質は低下します。日本はスーパーに行けば年間を通じていろんな野菜が手ごろな価格で手に入りますが、それが本当に便利なのかどうか、美味しい食材を食べていると深く考えさせられます。

雲南省でプーアル茶の仕入

雲南省の地方レストランにはメニューがない

雲南省の地方のレストラン(食堂)にはメニューはありません。基本、食堂に入ったらキッチンへ行き、そこに置いてある様々な食材を見ながら注文をします。注文の仕方は簡単で、食べたい食材を1つ選びます。すると、店のシェフがそれをどう料理するか色々提案してくれます。例えば、キノコを選んだ場合、豚肉と炒める、野菜とスープにする等々色々提案してくれます。選ぶ側としては、食べたい食材を選べば良いだけなので、とても簡単で、実に楽しい瞬間でもあります。

雲南省でプーアル茶の仕入

山胡椒と呼ばれる香辛料:胡椒とは異なり、胡椒と山椒の中間のような香りがします。今の季節、とても好まれる食材です。

雲南省でプーアル茶の仕入

タラの芽風の山菜もありました。

山菜を野菜として食べる食文化

この季節、食堂のキッチンに並んでいる大半の野菜は山菜です。雲南省で感心するのは、野に生えているありとあらゆる食べられる山菜を採ってきては野菜として食べている点です。今の季節レストランの台所に並んでいる野菜の過半数は山菜です。それも、日本の山菜のように珍味として、食べるのではなく、完全に季節の野菜として食べます。彼らとすれば、山野に食材が豊富な今の季節、わざわざ野菜を作る必要がないという考え方です。山に食べられる山菜がある今の季節は、無理に野菜を作らず、自然に頼り、山菜がない季節のみ、必要な野菜を栽培するというのがこの地方の人々の生活様式です。日本も一歩野山に踏み入れば、食べられる野菜は豊富にあります。ただ、日本の場合、山菜はあくまで山菜であり、野菜の代わりに食べることはあまりないように思います。

雲南省でプーアル茶の仕入

雲南省でプーアル茶の仕入

山胡椒を使った辣子鶏:私の大好きなメニューです。

雲南省でプーアル茶の仕入

雲南省では個人レベルではなく、地域全体で自然の食材に頼った行き方が普及しております。日本も自然がとても豊富な国なだけに、見習う点が多いと思いました。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

桐木関産の自然栽培茶!煙の香りがしない正山小種 花香を発売
中国福建省武夷山市の桐木関産の正山小種 花香を発売しました。 このお茶は一般によく知られている煙の香りがするタイプの正山小種とは異なり、フルーツや花の香りがするお茶です。 https://hojotea.com/item …
雲南省の自然栽培茶から作られたプーアルジャスミン茶と茉莉銀針の新茶が入荷
これまで長期に渡って品切れが続いておりました、ジャスミン茶2種、プーアルジャスミン茶(普洱茉莉龍珠)とジャスミンシルバーニードル(茉莉銀針)を発売しました。 両銘柄とも、雲南省の標高2000-2100mの自然栽培茶園産の …

最新の記事 NEW ARTICLES

意外と知られていない、産地ごとに紅茶の茶葉の形状が異なる本当の理由
紅茶には様々な形状の茶葉有ることをご存じでしょうか? 例えば 1. ホールリーフのように摘んだままの形状 2. BOP(Broken Orange Peko)と呼ばれる葉を刻んだ形状 3. CTCと呼ばれる刻んだ葉を粒状 …
桐木関産の自然栽培茶!煙の香りがしない正山小種 花香を発売
中国福建省武夷山市の桐木関産の正山小種 花香を発売しました。 このお茶は一般によく知られている煙の香りがするタイプの正山小種とは異なり、フルーツや花の香りがするお茶です。 https://hojotea.com/item …
雲南省の自然栽培茶から作られたプーアルジャスミン茶と茉莉銀針の新茶が入荷
これまで長期に渡って品切れが続いておりました、ジャスミン茶2種、プーアルジャスミン茶(普洱茉莉龍珠)とジャスミンシルバーニードル(茉莉銀針)を発売しました。 両銘柄とも、雲南省の標高2000-2100mの自然栽培茶園産の …
アジアの香辛料ガランガルの香り!鳳凰単叢姜母香2021を発売
鳳凰単叢姜母香2021を発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm 非常に個性的な香りがする、鳳凰単叢烏龍茶でも非常に珍しい種類のお茶です。 鳳南山脈の東興村産 姜母香は鳳南山脈 …
本格的な道具が無くてもお茶を楽しめる簡単な方法
中国茶を入手したものの、淹れる道具が無い人、淹れ方が分からない人は意外に多いのではないでしょうか? 勿論、完璧な味香りを追求した場合、蓋碗や急須などの道具がベストなのは間違いありません。 ただ、常に完璧な淹れ方が必要なわ …
ミャンマー果敢自治区の少数民族から仕入れた緬甸白芽茶2013を発売!
現在は紛争地帯となっている、ミャンマー果敢の山村で少数民族によって作られた、プーアル生茶、緬甸白芽茶 2013を発売しました。緬甸は中国語でミャンマーと言う意味です。 雲南省と国境を接するミャンマー産の茶葉を使ったプーア …
限定の単株茶を含む鳳凰単叢烏龍茶を3種類発売
2021年産の鳳凰単叢烏龍茶を3種類発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm 今回発売したお茶は以下の通りです。 1. 鳳凰単叢 銀花香単株 2021 2. 鳳凰単叢老欉 貢香 …
自然栽培茶から作られた桐木妃子笑(正山小種の1つ)を発売
桐木妃子笑を発売しました。 https://hojotea.com/item/b02.htm このお茶はHOJOがお付き合いしている桐木関の農家兼生産者によって作られたお茶で、無農薬無肥料で栽培されたお茶から加工された、 …
少数民族農家の手作り茶、老楊峰古樹生茶2014の長期熟成餅茶を発売
老楊峰古樹生茶は少数民族の農家が自ら製茶したお茶です。非常に荒削りのお茶だったため、2014年から現在に至るまで保存することで熟成度を高めました。 仄かな香ばしさと、乾燥フルーツのような甘味が癖になるお茶です。 有名産地 …
樹齢300歳以上の自然栽培茶!大茶林古樹生茶2020を発売
大茶林古樹生茶は高級プーアル茶の代名詞である単株茶(一本の老木のみから作られたお茶)と同じレベルの後味(余韻・コク)が味わえるお茶です。 通常、コクの強さ=質を示す指標であり、強いコクのお茶は非常に高額で取引されます。に …

PAGETOP