雲南省の少数民族が作ったプーアル生茶

[2012.05.14] Posted By

前回のブログでも述べましたが、折角の良い原料を使用しても、加工を丁寧に行わない場合、お茶の価値は下がります。
皮肉にも、良い原料がある産地ほど、外部からの情報・要望が生産者に届いておらず、それゆえに加工も何百年前と同じ原始的なやり方で行われております。
例えば、有名産地になると、2つの流れに影響を受けます。
① 漢民族、特に広東省などのお茶業者が、現地に原料の1次加工工場を設置し、管理の行き届いた設備で生産が行われる。
② 頻繁にバイヤーが来るために、お茶に問題があると、その声が生産者にも届く。生産者はより売れるように、設備を改善し続けている。
以上の現象から、有名な産地ほどお茶は比較的丁寧に加工されております。
但し、有名産地は、農家が変に賢くなっており、肥料、農薬、選定、過剰な茶摘みが行われており、品質が「え?」と言うくらい低いのが特徴です。にもかかわらず、値段だけが異常に高く、いくら丁寧に製茶がされても私が購入する理由は全くありません。
このような問題を避けるために、私は山奥の無名な産地を訪れるようにしているのですが、無名な産地には良い原料がある物の、加工に関しては問題だらけです。
香りに関する問題は、① 殺生工程による問題 ② 環境の問題 ③ ハンドリングの問題の3つに大別されます。
まず、殺生ですが、薪窯の場合、どんなに名人がやったとしても温度管理はほぼ不可能です。
火が強すぎたり弱すぎたりするわけですが、多くの場合、釜炒りが強すぎて大豆のような香りが生じます。
私はこれを大豆臭と勝手に呼んででおりますが、この香りは釜炒りの温度管理不良による物です。
また、殺青パンを換気の良くない軒下などに設置している農家が多く、その場合、煙が充満することから茶葉には煙臭さがつきます。
別の問題としては、生産したお茶を農家では一時的に倉庫や家の中で保管しますが、炊事などで生じた煙が充満しやすい立地にあるために、保管しているストックが煙り臭くなることがあります。
ハンドリングにおける問題ですが、これはお茶摘みの後に、原料生茶葉をどう取り扱ったかが影響します。
乱暴に扱った場合、プーアル茶は赤や茶色に変色します。変色していると言うことは、加熱処理(殺青)前に傷がついたことを示唆しております。
あまり赤い部分が多いお茶は、見た目も悪いし、香りも爽やかさに欠けます。
ただ、上記の問題があるから、「じゃあ買いません」と言うわけではありません。
上記の様な香りに多少の問題があるお茶でも、「原料の質があまりにも高く」、「値段があまりにも安かった場合」、私は買います。
勿論、程度にもよります。あまりに煙り臭かったり、茶葉が焦げている場合は、買いません。
微妙な煙臭や、微妙な大豆臭は、その後熟成させることでお茶自体がフルーティに変化するために目立たなくなります。
微妙な大豆臭があるが為に、献上茶クラスの喉越しのお茶が、信じられないほどに安い値段で売られていることもあり、そう言ったお茶はある意味「掘り出し物です」。
実際に販売する際には、お茶の香りを詳細に記述した上で販売しますので、それぞれ私がどのような意図で購入しているか理解して貰えるかと思います。
上記の様な少数民族茶は、値段が手頃なので、プーアル茶熟成派には要検討して頂きたいお茶です。
IMG_1629.jpg
最近はドラム式の殺青装置もよく見かけます。地元では、機械式と言って見下されたりしますが、実際には自動制御であるため、お茶がかなり良い品質に仕上がります。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

最新の記事 NEW ARTICLES

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …

PAGETOP