茶頭プーアル熟茶 2015年産を発売

[2017.02.18] Posted By

2015年に生産された茶頭熟茶を2016年に雲南省を訪問した際に仕入れました。本商品は臨滄の西部、ミャンマーの国境から50km程離れた地域でにある少数民族の村で作られた自然栽培茶を原料に作られました。

緊圧しても茶頭の粒々感が見えます。

茶頭は微生物によって自然に作られたかたまり

茶頭とは、発酵の過程で、お茶の葉が互いにかたまり、「ダマ」になった状態のお茶の呼称です。
発酵の過程で、放線菌を中心とする微生物が生産する多糖類(ポリサッカライド)などにより、茶葉がかたまりを形成します。その後、ダマ内部の酸素が消費されるため、内部は無酸素状態となり、発酵に要する2ヶ月の間、50℃以上の温度に維持され、お茶の「熟成」をするために非常に理想的な環境となります。

発酵中に生じる「ダマ」が茶頭と呼ばれます。

右が小茶頭、手前が大茶頭

小茶頭

熟成で更に化ける茶頭

茶頭が特にその特徴を発揮するのは数年の熟成期間を経た後です。茶頭は数年以上熟成することで、独特の乾燥フルーツのような甘い香りを形成します。一般的なプーアル熟茶も熟成により乾燥棗を連想するような香りを形成しますが、茶頭の場合、香りに透明感があり、レイズンのような独特の香りを伴います。

小茶頭を仕入

茶頭は芽の部分のみから構成される宮廷グレードほどではありませんが、プーアル熟茶の中では非常に高価な原料であり、入手しにくいお茶です。
茶頭には大茶頭と小茶頭の2種類があります。どちらも茶頭なのですが、形状で大と小に分類されます。2012年産として現在販売している商品は大茶頭を用いておりますが、2016年に仕入れた2015年産については出来(香り)がよかったという理由から小茶頭を選びました。小茶頭はそれぞれのかたまりのサイズが1cm前後くらいの大きさになります。

春茶が非常に希なプーアル熟茶の実情

プーアル熟茶は1970年代に開発されたお茶であり、700-800年の歴史を持つ生茶と比べると歴史が浅いお茶です。ただし、ダイエットブームなどの煽りから、日本をはじめとする、海外では生茶よりも熟茶の方が多く普及しております。熟茶は微生物発酵をしっかり行うことで、渋味の原因となるエピガロカテキンガレートなどが分解され、渋味を呈しにくいことから、春茶が単独で売られることは希で、市場に流通しているお茶の多くは、春茶、夏茶、秋茶を全部ブレンドすることで品質と値段のバランスがとられております。ただ、春茶から作られたプーアル熟茶を飲んでしまうと、突出した軟らかさ、滑らかな口当たり、余韻の深さから、夏茶や秋茶には戻ることが出来ません。私は直接生産者を訪問することで、春茶のみを仕入れるようにしております。

土やカビの臭いは発酵に失敗した腐敗臭

プーアル熟茶というと、カビ臭いとか、古い家具の臭い、土のような臭いというイメージを持たれている人がおります。これらの臭いは、カンファー臭(香?)と呼ばれ、発酵に失敗したプーアル熟茶に特徴的に見られる臭い、つまり、腐敗臭です。プーアル熟茶の発酵には放線菌を初めとする好気性菌、酸素を必要としない嫌気性菌が交互にたずさわり、最終的にはカビと酵母などの真菌類が関与します。ところが、原料を堆積する際に、水を与えすぎてしまうと、堆積した茶葉の内部が無酸素状態となるため、好気性菌が増殖できず、嫌気性菌のみが増殖します。嫌気性菌が増殖すると様々な不快臭を発生します。前述した、土のようなカンファー臭は嫌気性菌が原因です。私はこの臭いがするプーアル熟茶は、決して仕入れることはありません。ただ、世の中に流通しているプーアル茶の多くがカンファー臭のするため、プーアル熟茶に誤ったイメージを持たれる人が多いと思われます。適切な発酵で作られたプーアル熟茶は乾燥棗のような甘い乾燥フルーツの香りがします。今回発売の茶頭2015についても甘い乾燥フルーツ香を楽しんで頂けます。

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

火草山産の茶頭磚(プーアル熟茶)2017の販売開始
2017年産の火草山古樹熟茶の発酵過程で回収した茶頭磚250g(ブロック)プーアル熟茶の販売を開始しました。商 …
佐渡島の渡辺陶三氏の手作り無名異焼急須4種入荷販売
佐渡島の渡辺陶三氏作の無名異焼が数種類入荷・発売しました。具体的には以下の商品が入荷しました。 今回入荷分より …

最新の記事 NEW ARTICLES

美味しいジャスミン茶に使われる高品質なジャスミンの花とは?
ジャスミン茶は緑茶とジャスミンの花を混ぜ、ジャスミンの香りを緑茶に吸わせることで作られます。ジャスミン茶の味を …
ジャスミン茶はどうやって作られる?
ジャスミン茶の仕入で広西壮族自治区に行きました。何回かに分けて、ジャスミン茶の作り方、どのような要素が品質に影 …
火草山産の茶頭磚(プーアル熟茶)2017の販売開始
2017年産の火草山古樹熟茶の発酵過程で回収した茶頭磚250g(ブロック)プーアル熟茶の販売を開始しました。商 …
外出先で簡単に美味しいお茶をいれる方法
お茶が好きな人にとって、外出時に美味しいお茶が飲めないのはとても悲しいことです。お茶が大好きな私としても旅行中 …
佐渡島の渡辺陶三氏の手作り無名異焼急須4種入荷販売
佐渡島の渡辺陶三氏作の無名異焼が数種類入荷・発売しました。具体的には以下の商品が入荷しました。 今回入荷分より …
お勧めの自然栽培茶!岩鳴山古樹白茶2018の販売を開始
岩鳴山古樹白茶2018の販売を開始しました。岩鳴山産の白茶はHOJOの白茶の中でも非常に人気があり、リーピート …
無農薬無肥料の自然栽培プーアル茶!劉家古樹生茶2018を販売開始
人気のプーアル茶、劉家古樹生茶 2018を発売しました。今年は生産工程に工夫を行い、非常に個性的で飲みごたえの …
誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …

PAGETOP