雲南省南西部のプーアル茶有名産地、昔帰

[2016.05.06] Posted By

IMG_5871

雲南省におけるプーアル茶の産地で一番有名なのは雲南省南部に位置する老班章ではないかと思います。実は南西部の臨滄にも「昔帰」という極めて有名な産地があります。昔帰のお茶は海外では意外と知られておりませんが、老班章に近い高額の値段で売られており、両産地は有名プーアル茶のキングとクイーンとも言うべき位置づけにあります。

有名プーアル茶産地に共通するふくよかな味わい

有名プーアル茶に共通するのは、非常に強いボディです。お茶を口にいれると、香り・味が口いっぱいに広がり、お茶が非常にふくよかで豊かに感じられます。ただし、私にとって、お茶の原料品質を評価する重要な指標は余韻の深さです。中国では老木から作られたプーアル茶がブームですが、お茶の木の樹齢が増すことで強くなるのも余韻です。ただし、世の中全ての人が余韻の深さを感じられるわけではなく、意外に多くの人が余韻の強弱を感じる事が出来ません。反面、ボディは余韻よりも分かりやすく、比較的多くの人が感じる事が出来ます。例えば、貝の味噌汁を飲んだときのふわっとした味わいがボディに相当します。この事から、ボディの強いお茶は、より多くの人に好まれる傾向があり、それが人気度に相関します。有名なお茶の多くが強いボディを有しているのはこのような理由からです。私はお茶を仕入れる際、一般に「余韻=質」、「ボディ=人気度」と定義しております。

メコン川流域位置する昔帰

昔帰は雲南省臨滄市臨翔区にあり、メコン川(中国では瀾滄江)流域に発達しているお茶の産地です。産地の真下をメコン川が流れており、メコン川の土手が茶園になっていると言っても過言ではありません。メコン川からもたらされる土壌はカルシウムをはじめとするアルカリ性のミネラルが豊富に含まれており、それがお茶のふくよかな味わいを生み出しております。

IMG_5917

軽く殺青を行うことで生じる烏龍茶風の香り

近年、道が整備され、昔帰へは観光客でも比較的容易に行けるようになりました。天気にもよりますが臨滄の市内から車で4-5時間で着くことが出来ます。この為、近年では観光客・ハイアマチュアによる訪問が増えました。観光客は味の評価法については詳しくないため、一般的に「良い香り」に良く反応します。この結果、昔帰のお茶は、殺青を非常に軽く行うことで、天日乾燥中に意図的に酵素発酵を促し、烏龍茶のような花の香りを高めたお茶が主流となりつつ有ります。ただし、この方法で作られたお茶は、経年熟成した際に香りの透明感に欠けます。

IMG_5854

下に見える川がメコン川

農業形態の変化

昔帰では過去10年にお茶の値段が急激に上昇したことから、農業形態に変化が起きつつあります。農家の収入は、生茶葉の販売に頼っており、キロ単価 x 収穫量が各農家の収入になります。近年では、より生産量を高めようとする農業努力が随所に見られ、茶園によっては肥料なども普及しつつあります。生産量は必ず品質と反比例することから、今後の品質動向が心配です。なお、HOJOでは昔帰のお茶は仕入れておりません。値段が異常に高いことが最大の理由ですが、加え、ボディの点では馬鞍山のお茶は同レベルのボディを有しており、余韻も非常に深い割に遙かに安価に仕入れられるため、敢えて、昔帰は仕入れておりません。

IMG_5906

 

 

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

ダージリンのような香り!ミルクティーでも美味しい雲南紅茶2種を販売
古樹滇紅(こじゅてんこう)は極上の滇紅(雲南紅茶)を作ってみたいという目標のもと、原料の選定に関して全く妥協せ …
雲南紅茶好きにお勧め!高山紫紅茶2018販売
高山紫紅茶が2018年産のお茶に切り替わりました。高山紫紅茶はとても美味しい紅茶ゆえ、紅茶が好きな人には強くお …

最新の記事 NEW ARTICLES

ダージリンのような香り!ミルクティーでも美味しい雲南紅茶2種を販売
古樹滇紅(こじゅてんこう)は極上の滇紅(雲南紅茶)を作ってみたいという目標のもと、原料の選定に関して全く妥協せ …
雲南紅茶好きにお勧め!高山紫紅茶2018販売
高山紫紅茶が2018年産のお茶に切り替わりました。高山紫紅茶はとても美味しい紅茶ゆえ、紅茶が好きな人には強くお …
台湾三希製の茶漉し付マグカップ販売
台湾の三希製の磁器が何点か入荷しました。これまで品切れとなっておりました商品も入荷しましたので是非ご覧ください …
自然栽培のプーアル熟茶、火草山産の宮廷金毫2018販売開始
プーアル熟茶ファンに朗報です。HOJOの熟茶の中でも絶大な人気のある火草山から作られた宮廷金毫 2017を発売 …
自然栽培プーアル生茶、烏木龍古樹生茶2018を販売開始
烏木龍古樹生茶(ウームーロンこじゅなまちゃ) 2018を発売しました。このお茶は2018年産のプーアル茶の中で …
鳳凰単叢烏龍茶7種発売。知名度の低い名称のお茶がおすすめな理由
鳳凰単叢烏龍茶2017産を多数発売しました。鳳凰単叢烏龍茶は仕入れた直後よりも暫く熟成した方が香りも味も良くな …
中国茶の王様とも言える鳳凰単叢烏龍茶
烏龍茶というと台湾の烏龍茶を思い浮かべる人が多いかと思います。事実、HOJOの烏龍茶の中でも台湾の烏龍茶は非常 …
屋台食べ歩きと烏龍茶ファンの聖地、潮州
潮州の鳳凰鎮に仕入れに行ってきました。潮州と言えば鳳凰単叢烏龍茶の産地です。潮州へは必ず毎年行き、現地にて仕入 …
无量山古樹生茶2018(プーアル茶)販売開始
人気のプーアル生茶无量山古樹生茶2018の餅茶 200gを発売しました。今年は餅茶に加工した際に、乾燥方法を一 …
中国茶好き必見!高級ジャスミン茶の作り方
これまで数回に分けてジャスミン茶について特集してきましたが、今回はジャスミン茶がジャスミンの花の産地である広西 …

PAGETOP