雲南プーアル茶の仕入
プーアル茶をはじめとする各種お茶の仕入で雲南省を旅をする際、長距離移動の殆どはバスを利用します。特に山間部の村々を移動するためには、バス以外に移動手段がないのが現状です。雲南省の村々ではバスの運転手は非常に職業的なステイタスが高いのですが、彼らの暴君ぶりには何度雲南省を旅してもストレスがたまります。

山間部の村ではバスドライバーは超VIP

以前、お茶の仕入のため、最寄りの空港から10時間ほどバスで走った山間部の村を訪れました。外国人が来ることなど殆ど無い村なだけに、お茶会社の社長は色んな人に私を紹介してまわりました。一番最初に紹介されたのは、村の共産党の長でした。次に紹介されたのは、村の行政のトップでした。そして、3番目に紹介されたのは、バスの運転手でした。私は「なんで、バスの運転手?」と思ったのですが、その村ではバスの運転手は飛行機のパイロット以上に重要人物なのでした。

雲南プーアル茶の仕入

以下、私が経験した雲南バスドライバーの暴君ぶりの一部を紹介します。

12時間のバスの旅でトイレ休憩は1度だけ

本来バス会社では休憩すべきポイントが決められております。しかし、雲南省のバスドライバーにとってそんなことは関係ありません。ドライバーはそれぞれに、自分のお気に入りのドライブインと結託しております。例え、渋滞に巻き込まれ、何時間にも及ぶバス移動となったとしても、基本トイレ休憩はありません。(勿論、どうしようもなくなった人は、その辺で用を足させてくれますが)休憩はドライバーのお気に入りのドライブインと決まっております。ドライブインに着くと、ドライバーは即VIPロームへと通されます。VIPルームでは何皿もの食事が出され、ドライバーは豪華な食事をとります。乗客向けにはセットメニューしかなく、山奥ののドライブインにもかかわらず、日本円で500円もする高額な食事しか選択肢がありません。乗客の多くは高額ゆえに食事を注文しておりませんでした。勿論、トイレも有料です。私達の食事は極めてシンプルなために、5分もすれば食べ終わってしまいました。しかし、ドライバーは接待を受けているためにいっこうに戻ってこず、私達はイライラしながら待つほかありませんでした。40分位してようやく戻って来たドライバーは、「さっさと乗らんと出発するぞ」的な内容の言葉を大声で発しました。私達乗客はまるで囚人のようにドライバーの言うとおりに行動するほかありません。

雲南プーアル茶の仕入

ドライバーの戻りをひたすら待ち続ける乗客達

雲南プーアル茶の仕入

食事をあきらめタバコを吸う少数民族の男性

禁煙のバスは燻製室状態

基本、バスは禁煙というステッカーが貼られておりますが、絶え間なくタバコを吸っているのは他でもなくバスドライバーです。ヘビースモーカーのバスドライバーにあたると、5時間ほどの移動時間中延々とタバコを吸っているため、目的地に着く頃には燻製のように臭くなっております。

雲南プーアル茶の仕入

まるでヤクザの親分のようなドライバー

信用ならない運転技術

運転についても無理な追い越し、急ブレーキなど、峠の走り屋かと思うような運転ぶりが目に付きます。それでも事故を起こさなければいいのですが、雲南省ではバスが谷底に墜落するのは日常茶飯事の出来事であり、ドライバーの運転技術は全く信用できません。

雲南プーアル茶の仕入

自分用のマンゴを買うためにバスを30分停車

ドライバーの私用のためにバスが停車することも日常茶飯事です。昨年、7月に雲南省に行った際は、出発して30分くらい走ったところ、突然、バスが停車しました。何かと思えば、そこはマンゴ屋で、バスドライバーは乗客を放置したまま、30分以上マンゴを試食しては、どれを買おうか物色しておりました。私は猛烈にイライラしていたのですが、恐ろしいことに周り乗っていた少数民族の乗客達は、ほのぼのとマンゴの値段や質について話し合っているだけで、誰一人イライラしておりませんでした。彼らにとって、バスドライバーが途中で私用を足すのは当たり前のようです。

雲南プーアル茶の仕入

自分用のマンゴを買うためにバスを数十分停車

この他にも、雲南省のバスドライバーの悪行ぶりをあげればきりがありません。ただ、雲南省ではこれが普通であり、最初の3日くらいは私もストレスがたまりまくりですが、恐ろしいことに1週間もすると慣れてしまいます。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

ガラスティーポットを3種発売
ガラスの急須を3種類発売しました。 HOJOでは正規の輸入を行っており、正式に検疫を通して輸入をしております。 「ガラスは味の点でニュートラル」は間違い ガラスは味への影響がニュートラルと考えられがちですが、実際にはそう …
佐渡島、渡辺陶三氏の新シリーズ野坂粗土炭化還元を発売
佐渡島の渡辺陶三氏から、新しい商品:野坂粗土 炭化還元焼成の急須、茶壺、宝瓶を発売しました。 https://hojotea.com/item/tozo_nosaka_carbonized.htm 野坂粗土炭化還元とは …

最新の記事 NEW ARTICLES

ガラスティーポットを3種発売
ガラスの急須を3種類発売しました。 HOJOでは正規の輸入を行っており、正式に検疫を通して輸入をしております。 「ガラスは味の点でニュートラル」は間違い ガラスは味への影響がニュートラルと考えられがちですが、実際にはそう …
佐渡島、渡辺陶三氏の新シリーズ野坂粗土炭化還元を発売
佐渡島の渡辺陶三氏から、新しい商品:野坂粗土 炭化還元焼成の急須、茶壺、宝瓶を発売しました。 https://hojotea.com/item/tozo_nosaka_carbonized.htm 野坂粗土炭化還元とは …
月ヶ瀬在来煎茶の新茶など3種類のお茶を発売
新茶2種を含む、3種類のお茶を発売しました。 – 月ヶ瀬在来煎茶 2022 – 月ヶ瀬萎凋煎茶 2022 – 茯磚茶 2021 月ヶ瀬在来煎茶 https://hojotea.com/ …
渡辺陶三氏作の急須・茶壺・宝瓶各種が多数入荷
渡辺陶三氏の急須・茶壺・宝瓶が多数入荷しました。 https://hojotea.com/categ/teaware.htm 今回入荷したのは、以下の種類です。 – 秋津無名異酸化焼成 – 秋津無 …
鳳凰単叢単株茶2種を含む、6種類のお茶を発売
6種類のお茶を新しく発売しました。 東山生茶 2015年 マレーシア熟成 无量山古樹熟茶 散茶 2020年 宮廷金毫 散茶 2020年 茶頭磚 普洱熟茶 2017年 マレーシア熟成 鳳凰単叢老欉杏仁香 単株 2021年 …
2022年の中国茶の生育状況、品質、価格に関する現地情報
2022年における、中国のお茶の生育状況、価格相場について現在分かっている状況をシェアしたいと思います。 2022年のお茶の生育状況について 今年はお茶の収穫シーズン前の2月-3月に十分な雨量があったため、お茶の生育が良 …
高山紫茶2021 餅茶(プーアル生茶)を3種類発売
  高山紫茶 2021を発売しました。このお茶は紫茶と呼ばれるお茶から作られた、プーアル生茶です。 紫絹茶とは異なる臨滄の紫茶 紫茶は中国雲南省臨滄の南西部の標高2000m付近の茶山にてごく少数栽培されている非 …
野生茶や鳳凰単叢など8種類のお茶を発売
プーアル生茶、白茶餅茶、鳳凰単叢烏龍茶など、合計8種類のお茶を発売しました。 大雪山野生生茶 2021 餅茶 357g https://hojotea.com/item/d27.htm 散茶バージョンは昨年の春に販売しま …
マレーシアで熟成した生茶2種、熟茶1種を含む4種のプーアル茶を発売
プーアル生茶2種、熟茶2種の4種類のプーアル茶を発売しました。 烏木龍古樹生茶2019 https://hojotea.com/item/d78.htm 烏木龍古樹生茶は低い温度で殺青を行っており、私が現地で生産管理をし …
マレーシアの倉庫で熟成した3種類のプーアル生茶を発売
3種類のプーアル生茶を発売しました。 何れも、マレーシアの倉庫で暫く熟成した後に、日本へ転送したお茶です。 熱帯地方の高い温度下で熟成したことで、新茶では決して味わうことの出来ない、甘い香りが形成されております。 劉家古 …

PAGETOP