雲南プーアル茶の仕入
プーアル茶をはじめとする各種お茶の仕入で雲南省を旅をする際、長距離移動の殆どはバスを利用します。特に山間部の村々を移動するためには、バス以外に移動手段がないのが現状です。雲南省の村々ではバスの運転手は非常に職業的なステイタスが高いのですが、彼らの暴君ぶりには何度雲南省を旅してもストレスがたまります。

山間部の村ではバスドライバーは超VIP

以前、お茶の仕入のため、最寄りの空港から10時間ほどバスで走った山間部の村を訪れました。外国人が来ることなど殆ど無い村なだけに、お茶会社の社長は色んな人に私を紹介してまわりました。一番最初に紹介されたのは、村の共産党の長でした。次に紹介されたのは、村の行政のトップでした。そして、3番目に紹介されたのは、バスの運転手でした。私は「なんで、バスの運転手?」と思ったのですが、その村ではバスの運転手は飛行機のパイロット以上に重要人物なのでした。

雲南プーアル茶の仕入

以下、私が経験した雲南バスドライバーの暴君ぶりの一部を紹介します。

12時間のバスの旅でトイレ休憩は1度だけ

本来バス会社では休憩すべきポイントが決められております。しかし、雲南省のバスドライバーにとってそんなことは関係ありません。ドライバーはそれぞれに、自分のお気に入りのドライブインと結託しております。例え、渋滞に巻き込まれ、何時間にも及ぶバス移動となったとしても、基本トイレ休憩はありません。(勿論、どうしようもなくなった人は、その辺で用を足させてくれますが)休憩はドライバーのお気に入りのドライブインと決まっております。ドライブインに着くと、ドライバーは即VIPロームへと通されます。VIPルームでは何皿もの食事が出され、ドライバーは豪華な食事をとります。乗客向けにはセットメニューしかなく、山奥ののドライブインにもかかわらず、日本円で500円もする高額な食事しか選択肢がありません。乗客の多くは高額ゆえに食事を注文しておりませんでした。勿論、トイレも有料です。私達の食事は極めてシンプルなために、5分もすれば食べ終わってしまいました。しかし、ドライバーは接待を受けているためにいっこうに戻ってこず、私達はイライラしながら待つほかありませんでした。40分位してようやく戻って来たドライバーは、「さっさと乗らんと出発するぞ」的な内容の言葉を大声で発しました。私達乗客はまるで囚人のようにドライバーの言うとおりに行動するほかありません。

雲南プーアル茶の仕入

ドライバーの戻りをひたすら待ち続ける乗客達

雲南プーアル茶の仕入

食事をあきらめタバコを吸う少数民族の男性

禁煙のバスは燻製室状態

基本、バスは禁煙というステッカーが貼られておりますが、絶え間なくタバコを吸っているのは他でもなくバスドライバーです。ヘビースモーカーのバスドライバーにあたると、5時間ほどの移動時間中延々とタバコを吸っているため、目的地に着く頃には燻製のように臭くなっております。

雲南プーアル茶の仕入

まるでヤクザの親分のようなドライバー

信用ならない運転技術

運転についても無理な追い越し、急ブレーキなど、峠の走り屋かと思うような運転ぶりが目に付きます。それでも事故を起こさなければいいのですが、雲南省ではバスが谷底に墜落するのは日常茶飯事の出来事であり、ドライバーの運転技術は全く信用できません。

雲南プーアル茶の仕入

自分用のマンゴを買うためにバスを30分停車

ドライバーの私用のためにバスが停車することも日常茶飯事です。昨年、7月に雲南省に行った際は、出発して30分くらい走ったところ、突然、バスが停車しました。何かと思えば、そこはマンゴ屋で、バスドライバーは乗客を放置したまま、30分以上マンゴを試食しては、どれを買おうか物色しておりました。私は猛烈にイライラしていたのですが、恐ろしいことに周り乗っていた少数民族の乗客達は、ほのぼのとマンゴの値段や質について話し合っているだけで、誰一人イライラしておりませんでした。彼らにとって、バスドライバーが途中で私用を足すのは当たり前のようです。

雲南プーアル茶の仕入

自分用のマンゴを買うためにバスを数十分停車

この他にも、雲南省のバスドライバーの悪行ぶりをあげればきりがありません。ただ、雲南省ではこれが普通であり、最初の3日くらいは私もストレスがたまりまくりですが、恐ろしいことに1週間もすると慣れてしまいます。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

マレーシアで8年熟成の白鶯山古樹白茶2017を発売:トロピカルフルーツの香り
白鶯山古樹白茶2017を再度発売しました。同じ名称の商品をこれまでも販売しておりましたが、以前販売していたロットの商品は日本で熟成したお茶でした。今回発売する商品は8年間マレーシアで熟成をしたお茶になります。マレーシアの …
雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …

最新の記事 NEW ARTICLES

マレーシアで8年熟成の白鶯山古樹白茶2017を発売:トロピカルフルーツの香り
白鶯山古樹白茶2017を再度発売しました。同じ名称の商品をこれまでも販売しておりましたが、以前販売していたロットの商品は日本で熟成したお茶でした。今回発売する商品は8年間マレーシアで熟成をしたお茶になります。マレーシアの …
雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
HOJO独自の新製法で実現した香り高い紅茶:雲南での挑戦
雲南省に1.5ヶ月滞在した期間中、良質な白茶やプーアル茶の生産はもちろん重要な課題でしたが、今回の大きな目標は、小ロット生産にも対応した新しい紅茶の生産方法を開発することでした。 一般的に雲南紅茶といえば、当店のラインア …
2024年の雲南省お茶シーズン:予想外の気温と収穫の混乱
長い雲南省の仕入れを終え、現在マレーシアのクアラルンプールに滞在しております。輸入したお茶の評価や海外用のお茶の発送など細かな手配が必要なため、クアラルンプールの会社に来月まで滞在予定です。 今年はシーズンの最初である3 …
2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …

PAGETOP