雲南省 无量山にて野生のお茶の探索

[2011.06.12] Posted By

WT08.jpg

雲南省の无量山にて野生のお茶を探しに行きました。

GPSを頼りに山道を数時間歩きました。野生のお茶が自生していたのは標高2000-2300m位の地点でした。
お茶の木を一本見つけると、周りにも何十本と群生しておりました。
人の手がかけられたお茶との違いは、山の中に生えているために、光を求め、上に向かって一直線に伸びている点です。
この為、お茶の芽も、まるで山菜のような生え方をしておりました。
正直、野生のお茶は非常に珍しく、実際に生えている状態を目にしたことのある人はもちろん、飲んだ事のある人も極めて希だと思います。
一般にプーアル茶を販売しているお店の多くが、「野生茶」という触れ込みで、プーアル茶を販売しております。
これらの「野生茶」と言う名称で販売されているお茶の多くは、野生茶ではなく、樹齢百年以上のお茶の木を指していることが多いようです。

野生のお茶=茶葉が大きいわけではありません。野生のお茶と言っても、複雑交配により、様々な形質へと多様化し、実際には、葉の形状、葉のサイズ、葉の色等々は千差万別です。

この特徴的な形状は野生のお茶ならではです。
因みに、味ですが、茶葉を噛むと極めて深い喉越しが感じられ、喉に吸い込まれるかのような深い味わいがあります。
ただし、野生のお茶の場合、香りも味も千差万別であるため、木によっては強い苦みがあります。
この苦みは、お茶の苦みではなく、まるで百草丸のような、漢方薬系の苦みです。野生のお茶を仕入れるときは注意深く苦みの有無を確認する必要があります。

野生のお茶ですが、山奥に住む農民が山で採集し加工した茶葉を仕入れることが出来ましたので今年から販売を予定しております。

WT01.jpg
野生のお茶の典型的な茶葉の形状:外観は山菜に非常に近い
WT05.jpg
野生のお茶の場合、緑の茎部分が非常に長いのが特徴

WT02.jpg
WT03.jpg
野生のお茶の木:外観はサルスベリの木に似ております。上へ上へと伸びるため、人工的に作られたお茶と異なりヒョロリとしており背が高いのが特徴です。
WT04.jpg
樹齢1000年もあるかと思われるお茶の巨木
WT06.jpg
私のガイドさんと、その隣にあるのはお茶の木
WT07.jpg
野生の木:野生の木だからと言って、巨木があるわけではありません。樹齢の若い木から、老樹まで様々な木があります。
WT09.jpg
斜面には沢山のお茶の木が自生しており、ビデオ撮影もたっぷりしました。写真は木の根元に生えているお茶の葉を撮影している私です。
WT010.jpg
雰囲気を伝えたくてこの写真を選びました。左下で手を挙げているのが私です。(心霊写真ではありません。)私の隣にあるのはお茶の木です。
WT012.jpg
野生のお茶の木の写真を撮っている私のガイドさん

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP