雲南省の無農薬無肥料の自然栽培茶から作った白牡丹を発売

[2020.07.06] Posted By

白牡丹を発売しました。
雲南省の自然栽培茶から作った白牡丹は2018年に1度発売し、非常に人気のあるお茶でした。今回は2年ぶりの発売になります。
今年は原料の質、製茶の精度共に更に改善を行いました。非常に満足の行く品質に仕上がったと感じております。

水分管理が難しい白茶の生産

白茶の製造工程は、萎凋をしつつ、数日かけて穏やかに水分を減らし、最終的に乾燥して仕上げます。
製茶工程だけを見ると、単純なお茶に感じられますが、白茶の場合、酵素が活きた状態で残っている為、部分的にでも水分が残存すると、酵素が活性化し、茶葉が褐色化し、同時に蒸れ臭を呈します。
白茶の生産は、水分との戦いであり、理想的な白茶を作る為には、干し方は勿論、お茶の摘み方、茶葉の並べ方、空気の循環等、気をつけるべき点、経験がものをいう点は山ほど有ります。

白茶の製茶技術が高い福建省と原料の質が高い雲南省

私の経験上、中国の中で白茶の製茶技術が最も高いのは中国の福建省の福州と福鼎だと思います。
ただ、福建省の白茶は加工が上手な反面、肥料を豊富に与えた大規模茶園産ということもあり、全体に香りが軽く、味も薄く、茶葉原料の質があまり高くありません。
反面、雲南省は茶葉原料は非常に質が高いのですが、製茶技術が低く、雲南省で一般的に作られる白茶の殆どは、茶褐色をしており、蒸れ臭が感じられ、お世辞にも白茶と呼べないような品質がその殆どであるのが実情です。

2020年より新設備を導入

HOJOでは2015年より雲南省で白茶作りをしておりますが、作り方を細かく指導することで、出来るだけ色の良い、白茶を作ってきました。
その甲斐もあり、近年HOJOの店舗でも白茶の需要が増えてきました。
注文量が増えたことで、生産者が、2020年より白茶の生産設備を新設する必要性が生じました。2019年に2ヶ月現地に滞在した際、私の方で生産設備を設計し、細部を打ち合わせました。
昨年の秋茶で白茶の生産を行ってみたところ、味、香り、見た目共に、理想的な状態に仕上げる事が出来たため、2020年の春茶から本格稼働することにしました。
今年はコロナウイルスの関係で現地には行けませんでしたが、白茶の生産状況はビデオや写真で毎日確認することで、希望通りの品質が出来ました。

新しい設備で作った白牡丹はこれまでに増して、緑色が鮮やかで、また、甘い花のような香りが感じられます。

生茶原料もアップグレード

なお、生の原料茶葉の仕入れ先も変えました。
原料は臨滄の南西部標高2000-2100mの無農薬・無肥料の自然栽培茶園産、樹齢100歳以上の老茶樹の1芽2葉の茶葉を用いました。以前よりも素材の質が改善されており、後味の濃さと味の透明感にそれがあらわれております。

水出し茶との相性抜群

白牡丹はお湯でいれるのも美味しいですが、水出しが非常に美味しいお茶でもあります。5gを1.5リットルから2リットルの水に入れ、冷蔵庫で半日〜一晩おくだけで水出し茶が出来ます。水出しに使用する水は一旦沸騰した湯冷ましを使った方が味がより濃く、香りも増します。水出し茶を作ったあとの茶葉はお茶から取りだした方がお茶に雑味が出にくくなるためお勧めです。

買い物はこちらから

袋入り:   50g / 価格 1,600円(税抜き)

クリックして買い物カゴへ

3袋セット:   150g(50gを3袋) / 価格 4,500円(税抜き)

クリックして買い物カゴへ

お値打ちパック: 600g (50gを12袋) / 価格 15,300円(税抜き)

クリックして買い物カゴへ

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

原料と製茶方法を変え大雪山野生茶2020を発売
雲南省臨滄市の大雪山産の野生のプーアル生茶2020年産を発売しました。今年はお茶の原料も、生産者も、生産方法も …
臨滄の名産地、鳴鳳山産のプーアル生茶散茶2020を2種類発売
鳴鳳山古樹生茶の2020年の散茶を限定発売します。 在庫に限りがありますので、興味のある方はお早めにお買い物く …

最新の記事 NEW ARTICLES

原料と製茶方法を変え大雪山野生茶2020を発売
雲南省臨滄市の大雪山産の野生のプーアル生茶2020年産を発売しました。今年はお茶の原料も、生産者も、生産方法も …
臨滄の名産地、鳴鳳山産のプーアル生茶散茶2020を2種類発売
鳴鳳山古樹生茶の2020年の散茶を限定発売します。 在庫に限りがありますので、興味のある方はお早めにお買い物く …
白岩山高山茶の散茶2020年産を限定発売!
白岩山高山茶の散茶を発売しました。 2種類発売しますが、非常に限られた量のみの限定販売ですので、興味のある方は …
雲南省でも入手が難しい大茶頭2019を発売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しいプーアル …
雲南省の無農薬無肥料の自然栽培茶から作った白牡丹を発売
白牡丹を発売しました。 雲南省の自然栽培茶から作った白牡丹は2018年に1度発売し、非常に人気のあるお茶でした …
佐渡島、渡辺陶三氏作の秋津無名異の急須・茶壺・宝瓶が入荷
新潟県佐渡島より、渡辺陶三氏作の秋津無名異 酸化焼成と炭化還元の急須、茶壺、宝瓶が入荷しました。 今回はこれま …
24時間萎凋により香りがアップグレードした高山紫紅茶を発売
高山紫紅茶2020年産を発売しました。 今年の高山紫紅茶は、予想以上に上手く製茶が出来、個人的に大変満足出来る …
意外と知らない白茶の3つの顔
最近、何かと話題になり、人気上昇中の白茶ですが、白茶には3つのまったく異なる顔があります。 白茶とは 白茶とい …
樹齢数百歳のお茶の木から摘まれた花茶、古樹茶花を発売
無農薬無肥料の老木から収穫されたお茶の花茶を発売しました。 臨滄西部の標高2000-2200mの茶園にある樹齢 …
小さな子供が喜ぶお茶の種類は?
子供はジュースやソフトドリンクなど甘い飲み物を好むように思いがちですが、本当に美味しいお茶をあげると、意外なほ …

PAGETOP