Taiwan02_resize.jpg

烏龍茶作りは夜を徹して行われます。朝収穫したお茶は順々に加工されていくのですが、発酵工程が非常に長いことから、翌朝になってもまだ作業が続けられます。遅くまで工場見学をしていたため、帰りが遅くなりました。明日も早いため、要点のみ紹介したいと思います。

1.朝早く起きて、お茶会社に行きました。海外ビジネスに力を入れている会社ゆえ、凄く大きな企業と思いきや、実は家族スケールの物凄く小さな会社でした。私はファミリービジネスは好きです。決断の早さ、人間関係の濃さに関し、ファミリービジネスの右に出る物はありません。

2.製茶工場を訪れ日光萎凋(お茶の葉をしおれさせ、水分を蒸発すると同時に発酵を開始する工程)を見学しました。烏龍茶作りの最初の工程です。

Taiwan0001.jpg
日光萎凋の為に地面に広げられた茶葉

3.阿里山に茶園と工場を見学に行きました。今は凍頂烏龍茶と高山茶の時期が始まろうとしており、茶園が活気づいておりました。阿里山は非常に急な斜面の山で、低~中所には膨大なビンロウジ園が広がっておりました。更に上に向かうと、茶園が広がっておりました。午後は常時霧に包まれているらしく、どこもかしこも霧だらけでした。この霧深い山が良いお茶の秘密なのです。
因みに、阿里山は台湾で唯一檜がとれる山です。台湾には沢山の山があるのですが、檜があるのは阿里山だけだそうです。実は、その昔日本軍が台湾に駐屯していた際、阿里山の檜を日本に輸出していたそうです。その際に、SLの導入をはじめとする、様々なインフラが整備され、同時に茶畑の開発が行われたのです。

Taiwan1.jpg
山へ登る道沿いは大量のビンロウジ園でした。
Taiwan00_resize.jpg
山の斜面一面に広がるビンロウジ
Taiwan7.jpg
阿里山の山々

4.昼食は業者の友人宅でご馳走になりました。台湾の家庭料理をご馳走して頂き、大変満足でした。

5.午後から、烏龍茶(高山茶・凍頂烏龍茶)の製茶工場を見学しました。ザルで茶葉を手早く攪拌するしぐさがとても印象的でした。高級茶は、こうした手作業の連続により作られます。茶葉は攪拌により徐々に傷が付き、そこからゆっくりと発酵が進んでいくのです。作業は全て職人による手作業。正に芸術でした。

Taiwan0003.jpg
茶葉にを落とすことで傷を付け、発酵を開始します。
Taiwan4.jpg
発酵中の茶葉
Taiwan6.jpg
袋に入れ、きつく絞った後、圧力をかけて揉むことで茶葉は烏龍茶特有の丸い形になります。

6.茶園の見学をしました。既に夕方近かったこともあり、茶畑は殆どが霧に覆われておりました。更に、雨まで降ってきて、大変困難な写真撮影となりました。

Taiwan03_resize.jpg
Taiwan9.jpg
 

7.夕食は何故か、「名物」の山羊鍋でした。3時間前までは生きていたと言う山羊をぶつ切りにして鍋にぶち込んだ豪快な料理でした。豚足ならぬ、山羊足まで入っておりました。大量の肉に加え、足も1足だけ渋々食べたところ、「足は2来ないと歩けないんだよ」と言われ、更にもう一足食べる羽目になりました。(詳細は後日)

8.夜に再び南投縣に戻り、購入するお茶の話し合いをし、再び工場で夜行われる作業の見学をしました。

Taiwan04_resize.jpg
Taiwan05_resize.jpg
 
明日は別の場所に移動し、新しい業者と会う予定です。ブログがアップできるかどうかは、ネット環境次第です。続く・・

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2020年産の各種新商品を発売のお知らせ
最近、立て続けに数種類の新商品を発売しましたのでお知らせいたします。 鳳凰単叢烏龍茶 https://hojotea.com/item/houou.htm 2020年産の鳳凰単叢を3種類発売しました。今年はお茶のシーズン …
秋津無名異 酸化焼成の急須・茶壺・宝瓶が入荷
渡辺陶三氏作の秋津無名異 酸化焼成の急須、茶壺、宝瓶が入荷しました。 https://hojotea.com/item/tozo_akitsu.htm 天然土ゆえの個性的な外観 渡辺氏は自ら山の土を掘り、自前で全て精製し …

最新の記事 NEW ARTICLES

【お茶のレシピ】茶飯が楽しい!紅茶、プーアル茶、白茶、烏龍茶、緑茶で驚きの美味しさに!
お茶を水の代わりにいれてご飯を炊くと、お茶ご飯が出来ます。このお茶ご飯が想像以上に美味しいので紹介したいと思います。 茶飯と言っても、緑茶だけではなく、紅茶、白茶、烏龍茶、プーアル茶、ジャスミン茶などいろんな種類のお茶で …
プーアル茶の餅茶と散茶、どちらを選ぶべき?
プーアル茶というと、円形の餅茶や四角いブロック状の磚茶、或いは、キノコのような形状のトウチャなど、お餅のような硬い塊に加工されているイメージがあります。しかし、プーアル茶には散茶もあることをご存じでしょうか?雲南省の産地 …
2020年産の各種新商品を発売のお知らせ
最近、立て続けに数種類の新商品を発売しましたのでお知らせいたします。 鳳凰単叢烏龍茶 https://hojotea.com/item/houou.htm 2020年産の鳳凰単叢を3種類発売しました。今年はお茶のシーズン …
秋津無名異 酸化焼成の急須・茶壺・宝瓶が入荷
渡辺陶三氏作の秋津無名異 酸化焼成の急須、茶壺、宝瓶が入荷しました。 https://hojotea.com/item/tozo_akitsu.htm 天然土ゆえの個性的な外観 渡辺氏は自ら山の土を掘り、自前で全て精製し …
蘭の花のような香り!安渓産の鉄観音清香型を発売
鉄観音清香型を発売しました。このお茶は中国福建省にある、安渓の祥华福新村産の春茶から作られた蘭の花のような香りがする烏龍茶です。 鉄観音は品種名 鉄観音とは鉄観音という品種のお茶から作られた烏龍茶を指します。 鉄観音は品 …
プーアル生茶の散茶、武家寨2018を発売しました。
2018年産の武家寨 プーアル生茶を発売しました。このお茶は2018年に作ったのですが、より個性を際立たせるために2年間熟成をしました。熟成させたことで乾燥フルーツ系の甘い香りが強く感じられるようになりました。 標高20 …
朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露です。 玉露やぶきたは朝比奈玉露 玉露やぶきたは、静岡県藤枝市岡部町の朝比奈川流域の茶園で作られた朝比奈玉露で …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほどのお茶の木から摘まれた、無農薬無肥料の自然栽培茶を原料としております。 伸びやかな後味と濃く甘い香りが特徴の …
渡辺陶三氏作の秋津無名異還元焼成急須と野坂粗土宝瓶が入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の急須と宝瓶が入荷しました。 今回入荷したのは、秋津無名異還元焼成の急須と、野坂粗土の宝瓶です。どちらも生磨きのモデルです。 秋津無名異還元焼成 秋津無名異還元焼成でお茶をいれると、酸化焼成と炭化還元 …
独木春古樹生茶の散茶を限定量発売
独木春古樹生茶の散茶(春茶)を発売しました。このお茶ですが、2018年産、2019年産、2020年産をブレンドすることで非常に飲みやすい香りに仕上げております。 https://hojotea.com/item/d31. …

PAGETOP