ファーストフラッシュ

 

ダージリンに春がやってきました。ダージリンファーストフラッシュのシーズン到来です。今年(2013年)は天気の日が続いたため、例年よりもお茶の質が優れております。ただ、収穫量が少ないため、例年よりも1から1.5割ほど値段が高いように思います。
ダージリンファーストフラッシュの茶葉

DJ番号とダージリンファーストフラッシュの品質の関係

 

DJ番号は収穫の順番を示す

現時点ではシーズンが始まって間もないこともあり、毎日のように届くサンプルはDJ番号がDJ010番内の非常に若いお茶ばかりです。DJ番号とは、そのシーズンの一番最初に作られたロットから、DJ001から順に番号が振られます。通常、1ロットが100kg位なので、DJ010番内というのはシーズンが始まってから1週間内くらいに作られ他お茶を指します。茶園の規模により、1日に1ロットしか作れないところ、2ロットまで作れるところとあるため、1日に生産可能なロットは1-2と判断するのが妥当です。

 

ダージリンファーストフラッシュ仕入れ

茶園によりDJ番号が早いほど良かったり、その逆もあり

私が懇意にしている茶園の中で言うと、ゴパルダラに関してはDJ番号がDJ010-DJ030と、やや後の方が良いお茶が出てきます。その一方、リシハットとシンブリ、ノースタクバーなどはDJ番号が若いバッチに優れた商品が多く、良いロットが買えるかどうかは時間との勝負です。ただし、DJ番号が若いほど質が良いと言うことではありません。やはり、複数のお茶を試飲し、その中から優れたロットを同定する必要があります。リシハットのような有名茶園になると、多くのお茶会社が買い付けをしますが、ロット番号によって、茶葉が収穫される場所は全く異なり、品質は同じではありません。

 

ダージリンファーストフラッシュの買い付けは時間との戦い

私の場合、有名茶園については、茶園のオーナー会社と直接取引しております。事前に、その年に必要なサンプルの条件を伝えてあり、私が希望する条件のお茶が生産されると、即サンプルがDHLで送られてきます。インドからだと3日目には、私が現在いるマレーシアの事務所へ到着します。到着予定日は時間との勝負です。事務所スタッフから到着したとの連絡があれば、例えどこにいようと、即事務所へ戻りテイスティングをします。テイスティングをしたらその場で買う買わないを決定し、即、インドへ電話をします。翌日まで考えていたら、人気のあるロットは確実に売り切れます。これ程にスピーディに進めても、「既に売り切れ」と言うことは日常茶飯事です。この季節はインド人が身近な友達かと思うほど、お互い1日に5回も6回も電話をしあいます。それほどに密に連絡を取りあわないと、欲しいロットが流れてしまうのです。実はシンブリのあるロットがボディとコクのバランスが取れた素晴らしいお茶だったのですが、電話した時点で既に売り切れておりました。ただただ、悔しいです。
ダージリンファーストフラッシュの飲み比べ

 

今年は既に2つの茶園から購入を決定

 

リシーハットDJ003エニグマを確保

今年は嬉しいニュースもあります。リシハットエステート(リシーハット)の中で私が最も素晴らしいと思ったロットを買いつけることができました。収穫直後のお茶で、DJ003、コードネームがENIGMA(エニグマ)と言うお茶です。
やや高めですが、コクがとても強く、しかも、ミディアムボディでフンワリした感じと花のような優しい香りが気に入りました。このお茶は日本とマレーシアで発売予定です。
リシハット茶園DJ003

 

非常にコクが強いノースタクバーEx2を確保

もう一つ、ノースタクバーのロットも買いました。ボディは弱めですが、花の香りがし、非常に深いコクに一目惚れしました。非常に限られた量しか買えなかったので、販売は日本のみです。EX2と言うロットで、これはおそらくDJ002に相当するロットです。EX1はEX2よりも前に生産されたロットですが、今ひとつでした。
ダージリンファーストフラッシュ2013の仕入れ
 

熟成により化けるファーストフラッシュ

ノースタクバーやリシハットのような、香りがフローラルなお茶は数年間熟成させると更に面白い香りになります。今年のお茶を選ぶ際に、マレーシアで熟成していた昨年のリシハットをテイスティングしましたが、フローラルな香りに加え、新鮮なフルーツのような香りもプラスされており、香りの良さにびっくりしました。日本で熟成中のお茶はマレーシアよりも熟成に時間がかかるため、あと1-2年もするとフルーツ高が出てくると思っております。

 
来週の頭には、シンブリの特殊なロットも到着予定です。また、来週から再来週にかけては、ゴパルダラなども到着予定です。今年は最終的に3-4種類のファーストフラッシュを仕入れることになりそうです。これらのお茶の発売はあと数週間先になります。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

佐渡島、渡辺陶三氏作の各種急須が入荷
渡辺陶三氏の各種急須が入荷しました。 今回入荷したモデルは、秋津無名異 酸化焼成、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成、無名異上赤です。 野坂と秋津無名の土は後味を高めると同時にふくよかさを高める為、お茶の香りが華やかに感 …
鳳凰単叢老欉草帽茶単株2020を発売
鳳凰単叢老欉草帽茶単株2020を発売しました。 2020年産の鳳凰単叢単株シリーズ3種類の最後の銘柄になります。 単株とは特定の1本の木から作られたお茶で、英語ではSingle Tree Teaと呼ばれます。 麦わら帽子 …

最新の記事 NEW ARTICLES

2021年のお茶の状況:生育状況、品質、値段など
2021年のお茶の状況をお知らせします。 今年はインド、ネパール、中国、台湾において、2月から今に至るまで非常に乾燥した状態が続いており、お茶の成長が極端に遅れております。 私が各産地の状況を確認したところ、今年の収穫量 …
佐渡島、渡辺陶三氏作の各種急須が入荷
渡辺陶三氏の各種急須が入荷しました。 今回入荷したモデルは、秋津無名異 酸化焼成、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成、無名異上赤です。 野坂と秋津無名の土は後味を高めると同時にふくよかさを高める為、お茶の香りが華やかに感 …
殆どの人が知らない!カビ臭いプーアル熟茶が生じる「驚きの理由」
「プーアル熟茶はカビや土のような臭いがするから苦手」という意見をよく聞きます。 確かに、質の低いプーアル熟茶やダイエット目的で売られているようなプーアル茶には独特のかびのような匂いがあります。 私もブルーチーズのような青 …
元スパイス屋のお茶屋さんが教えるチャイのレシピ!手軽にできる本格的なチャイの作り方
チャイはカジュアルなお茶というイメージがあるかもしれません。 しかし、質の高いお茶で作ると、チャイの質が全く異なります。作り方が同じでもコクのある、濃厚で美味しいチャイが作れます。 私はお茶の会社を始める前は香辛料メーカ …
鳳凰単叢老欉草帽茶単株2020を発売
鳳凰単叢老欉草帽茶単株2020を発売しました。 2020年産の鳳凰単叢単株シリーズ3種類の最後の銘柄になります。 単株とは特定の1本の木から作られたお茶で、英語ではSingle Tree Teaと呼ばれます。 麦わら帽子 …
鳳凰単叢老欉蜜蘭香と老欉姜花香2020を発売
2020年産の鳳凰単叢烏龍茶を新たに2種発売しました。 今回発売したお茶は、鳳凰単叢老欉蜜蘭香2020と鳳凰単叢老欉姜花香2020です。 https://hojotea.com/item/houou.htm 水分値によっ …
鳳凰単叢老欉八仙と陂頭夜来香の2種を発売
2種類の鳳凰単叢の老欉を発売しました。 高額なお茶ではありますが、どちらも香りがとても素晴らしく、私が理想と思う鳳凰単叢清香の味香りに仕上がっております。 https://hojotea.com/item/houou.h …
新モデル入荷:三希の牙白シリーズの茶海と茶杯
お客様から好評を戴いております三希の牙白シリーズに新たな商品を発売しました。 https://hojotea.com/item/taiwan_teaware.htm 磁器はお茶の味に影響を与えないという先入観 多くの人が …
鳳凰単叢老欉柚葉単株2020を発売
鳳凰単叢老欉単株柚葉 2020年産を発売しました。柚葉という名称ですが、この品種のお茶の葉が柚の葉に似ていることから付けられた名称と言われております。鳳凰単叢の中でも非常に珍しい品種になります。 https://hojo …
前川淳蔵作の伊賀天然朱泥と古琵琶湖土の宝瓶各種が入荷
前川淳蔵氏作の古琵琶湖土、伊賀天然朱泥の宝瓶が入荷しました。 味に重点を置いて選んだ土 HOJOでは味点で優れた土を独自の方法で探索・買いつけをし、それを常滑の陶芸家、前川淳三氏に依頼して茶器を製作して貰っております。 …

PAGETOP