プーアル生茶
プーアル生茶は熟成せずに飲むと渋い、プーアル生茶は数秒以上お湯に浸すと苦くなる等々の話をよく聞きます。しかし必ずしもそうではありません。

日本では夏や秋には殆どお茶の収穫が行われない

日本の場合、お茶は早い地方だと4月、遅い地方の場合6月から茶摘みが始まります。日本の場合、主には1番茶と2番茶のみ収穫し、それ以降はあまり収穫が行われません。真夏に摘まれたお茶は、真夏に摘んだフキ、タラの芽、その他の山菜をイメージして貰えると分かり易いと思いますが、これら山菜と同じく強い渋味や苦味を呈するため、日本の市場ではあまり受け入れられません。仮に存在したとしても番茶として非常に安価な値段で取引されます。

年に12回の茶摘み

プーアル茶の場合どうかというと、へき地にある少数民族の村、特に自然栽培を実践しているような村の場合、収穫は1番茶と2番茶程度、多くても年に数回摘んで終わりです。私はこのパターンの茶園を選びお茶を購入しております。ただし、法人経営している茶園、漢民族により運営されている茶園、有名産地の茶園ともなると、年間12回茶摘みが行われます。12回と言うことは、冬いがいはずっとお茶が摘まれていることになります。当然、春の1番茶・2番茶、秋の最後のお茶いがいは渋みや苦みが強くなり、作りたてのお茶はとても飲めたものではありません。春一番に作られるお茶は全体の生産量の12分の1以下と、非常に稀少で、市場に流通しているお茶の殆どは春以外の季節に摘まれたお茶により構成されます。この事から、無作為にプーアル生茶を購入すると、晩春・夏・秋摘みのお茶に遭遇する率が非常に高く、新鮮なプーアル生茶=苦い・渋いと言う話になります。
プーアル茶の茶摘み

全く渋くないプーアル熟茶

熟茶の場合、微生物により2ヶ月あまり発酵して作られることから、渋味の原因であると言われるカテキンガレート類などの有機化合物もトコトンまで分解されており、仮にお茶が夏摘み茶から作られていたとしても、渋みや苦みを呈しません。ただし、夏摘み茶から作られたお茶は、コクもボディも殆ど感じられず、香りものっぺりとしており、一度春摘みのお茶の味や香りを知ってしまったら以降到底楽しむことが出来ません。
プーアル熟茶

正しく熟成すると渋味の緩和速度は遅い

春以外の時期に摘まれた低品質のお茶を長期間熟成した場合、渋味は徐々に緩和されますが、理想的な方法で熟成した場合、仮に10年熟成したとしても、やはり気になるレベルの渋味が感じられます。ただ現実的には、多くのお茶販売店では外気に触れる状態でお茶を保存しております。その場合、お茶の成分が空気中の酸素や湿気により、激しく酸化されるために経年保存により渋味が劇的に緩和されると同時に、お茶は不快な劣化臭を放ちます。残念ながら、劣化臭と熟成香が区別できない人がアマチュアはもちろん、プロにも大勢いるのも現実です。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

桐木関産の自然栽培茶!煙の香りがしない正山小種 花香を発売
中国福建省武夷山市の桐木関産の正山小種 花香を発売しました。 このお茶は一般によく知られている煙の香りがするタイプの正山小種とは異なり、フルーツや花の香りがするお茶です。 https://hojotea.com/item …
雲南省の自然栽培茶から作られたプーアルジャスミン茶と茉莉銀針の新茶が入荷
これまで長期に渡って品切れが続いておりました、ジャスミン茶2種、プーアルジャスミン茶(普洱茉莉龍珠)とジャスミンシルバーニードル(茉莉銀針)を発売しました。 両銘柄とも、雲南省の標高2000-2100mの自然栽培茶園産の …

最新の記事 NEW ARTICLES

意外と知られていない、産地ごとに紅茶の茶葉の形状が異なる本当の理由
紅茶には様々な形状の茶葉有ることをご存じでしょうか? 例えば 1. ホールリーフのように摘んだままの形状 2. BOP(Broken Orange Peko)と呼ばれる葉を刻んだ形状 3. CTCと呼ばれる刻んだ葉を粒状 …
桐木関産の自然栽培茶!煙の香りがしない正山小種 花香を発売
中国福建省武夷山市の桐木関産の正山小種 花香を発売しました。 このお茶は一般によく知られている煙の香りがするタイプの正山小種とは異なり、フルーツや花の香りがするお茶です。 https://hojotea.com/item …
雲南省の自然栽培茶から作られたプーアルジャスミン茶と茉莉銀針の新茶が入荷
これまで長期に渡って品切れが続いておりました、ジャスミン茶2種、プーアルジャスミン茶(普洱茉莉龍珠)とジャスミンシルバーニードル(茉莉銀針)を発売しました。 両銘柄とも、雲南省の標高2000-2100mの自然栽培茶園産の …
アジアの香辛料ガランガルの香り!鳳凰単叢姜母香2021を発売
鳳凰単叢姜母香2021を発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm 非常に個性的な香りがする、鳳凰単叢烏龍茶でも非常に珍しい種類のお茶です。 鳳南山脈の東興村産 姜母香は鳳南山脈 …
本格的な道具が無くてもお茶を楽しめる簡単な方法
中国茶を入手したものの、淹れる道具が無い人、淹れ方が分からない人は意外に多いのではないでしょうか? 勿論、完璧な味香りを追求した場合、蓋碗や急須などの道具がベストなのは間違いありません。 ただ、常に完璧な淹れ方が必要なわ …
ミャンマー果敢自治区の少数民族から仕入れた緬甸白芽茶2013を発売!
現在は紛争地帯となっている、ミャンマー果敢の山村で少数民族によって作られた、プーアル生茶、緬甸白芽茶 2013を発売しました。緬甸は中国語でミャンマーと言う意味です。 雲南省と国境を接するミャンマー産の茶葉を使ったプーア …
限定の単株茶を含む鳳凰単叢烏龍茶を3種類発売
2021年産の鳳凰単叢烏龍茶を3種類発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm 今回発売したお茶は以下の通りです。 1. 鳳凰単叢 銀花香単株 2021 2. 鳳凰単叢老欉 貢香 …
自然栽培茶から作られた桐木妃子笑(正山小種の1つ)を発売
桐木妃子笑を発売しました。 https://hojotea.com/item/b02.htm このお茶はHOJOがお付き合いしている桐木関の農家兼生産者によって作られたお茶で、無農薬無肥料で栽培されたお茶から加工された、 …
少数民族農家の手作り茶、老楊峰古樹生茶2014の長期熟成餅茶を発売
老楊峰古樹生茶は少数民族の農家が自ら製茶したお茶です。非常に荒削りのお茶だったため、2014年から現在に至るまで保存することで熟成度を高めました。 仄かな香ばしさと、乾燥フルーツのような甘味が癖になるお茶です。 有名産地 …
樹齢300歳以上の自然栽培茶!大茶林古樹生茶2020を発売
大茶林古樹生茶は高級プーアル茶の代名詞である単株茶(一本の老木のみから作られたお茶)と同じレベルの後味(余韻・コク)が味わえるお茶です。 通常、コクの強さ=質を示す指標であり、強いコクのお茶は非常に高額で取引されます。に …

PAGETOP