雲南省の自然栽培茶から作られた緑茶

[2014.10.08] Written By

中国茶というと烏龍茶やプーアル茶を想像される人が多いかと思いますが、中国で生産されるお茶の約70%(113 万 8,000トン)は緑茶です。つまり、中国茶 = 緑茶と言っても過言ではないくらいに中国には緑茶が溢れております。

事実、中国を旅したことのある人はよくご存じと思いますが、中国ではタクシードライバーも、街中のレストランでも、至るところで緑茶が飲まれております。

雲南省産の緑茶

緑茶の生産地は広く複数の省に分散しており、一般的には浙江省、江蘇省、安徽省、湖南省、湖北省、四川省、広西壮族自治区、福建省などがよく知られております。
上記の省に加え、実は雲南省でも緑茶が栽培されております。雲南省におけるお茶の栽培の内訳(2013年)としては、プーアル茶が48.8%、緑茶27.2%、紅茶が23.4%となっております。

雲南省の緑茶

雲南省のプランテーション方式の茶園

雲南省における緑茶の生産量は中国全体の1%ですので、数字としては大きくありませんが、近代式のプランテーションで作られていることから今後より生産量が伸びると予想されます。その雲南省の緑茶生産の中心は、普洱県であり、主に現代農業方式で管理された茶園産のお茶が中心となっております。普洱県で生産される緑茶の特徴は以下の3点に集約されます。

  1. 現代農業方式の茶園産
  2. 蒸青緑茶(蒸気で殺青)が多い点
  3. 釜炒り緑茶の多くは、ジャスミン茶のベース緑茶として利用されている点

基本的に普洱県の緑茶は他の省での緑茶の値段が高騰したことで、より安価な緑茶の生産基地として発達しております。雲南省と言えばプーアル茶が非常に有名であり、上記の統計でも雲南省におけるプーアル茶の生産量は約過半数を占めております。ただ、雲南省の地方都市や昆明のレストランに入ると、出されるお茶の殆どが緑茶であることに驚かされます。
余談ですが、雲南省の街中で飲む緑茶は本当に美味しくありません。雲南省ではアルミのヤカンに緑茶を入れる文化があり、雲南省のレストランなどで出される緑茶は質が低いのに加え、アルミの影響で渋さとフラットさが強調され、非常に後味の悪いお茶に感じられます。

緑茶生産には設備と技術が必要なため、山奥での緑茶生産は少ない

一般的に緑茶の生産には技術者の熟練度と緑茶用の生産設備、特に乾燥設備の充実が求められます。このため、雲南省の山奥でプーアル茶を作っている農家では緑茶を作ろうと考えないし、仮に作ろうと思ったとしても乾燥設備がないために、生産は現実的ではありません。自然栽培のような良質の原料茶葉はプーアル生茶に加工してこそ高値で売れるため、農民は緑茶への加工を望まず、山奥で作られ、手で摘まれるような自然栽培茶から加工された緑茶には過去に出会ったことがありませんでした。

自然栽培茶から作られた緑茶

私は今年の春、臨滄における、雲南省とミャンマーとの国境地帯周辺で多くの時間をかけ生産者の探索を行いました。この地域には今も自然栽培茶が残っており、それを上手に加工できる小規模な工場を探すことが今年の最重要課題でした。実は少数民族の村がある山の周りを徒歩で10km近く歩き回りつつプーアル生茶の小規模生産工場の探索を行っていたところ、偶然緑茶の加工を行っている工場を見つけました。この工場の周りは完全に少数民族の集落に囲まれており、工場では自然栽培茶から作られた緑茶とプーアル生茶の生産を売りにしておりました。

お茶は蒸気で蒸したタイプと、釜炒りのタイプの2種類があり、どちらとも決めかねたため両方仕入れました。蒸気で蒸したお茶と言うと、日本茶を連想するかと思いますが、雲南省における蒸青茶は日本茶と全く異なる性格をしております。香りは日本茶のそれとは大きくかけ離れており、表現すると甘栗と桃と梅の中間のような香りです。ナッツのようにも、フルーツのようにも感じられる香りですが、何よりも、喉越し(コク)が恐ろしく深く、香りと甘みの余韻がいつまでも続く点が最大の特徴だと思います。雲南省には緑茶があるものの、質が低いため、完全な自然栽培茶から作られた緑茶を前から探し続けておりました。今回仕入れたお茶は、雲南省の緑茶らしい個性を有し、同時に深いコクが楽しめるため、私自身とても満足しております。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …

最新の記事 NEW ARTICLES

2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …
標高2100mのシングルガーデン産プーアル生茶、 火地古樹生茶2021を発売
火地古樹生茶2021を発売しました。 このお茶は、小さな単一茶園(シングルガーデン)のお茶のみから加工されたプーアル生茶です。 https://hojotea.com/item/d147.htm シングルガーデン産のお茶 …
ペットボトル入りのお茶の味に大きく影響するビタミンCの存在
近年、多くの人々にとって、お茶を飲むということはペットボトル入りのお茶を飲むことが普通な今日この頃ですが、本コラムでは、ペットボトル入りお茶の特徴的な味に焦点を当ててみたいと思います。 酸化防止目的のビタミンCの添加 コ …
鳳凰単叢蜜蘭香2023と老欉姜花香2022を発売
鳳凰単叢烏龍茶を2種類発売しました。今回販売したのは、蜜蘭香濃香2023 No.1と老欉姜花香2022です。 https://hojotea.com/item/houou.htm 質の良い鳳凰単叢の特徴 良質な鳳凰単叢は …
ちょっと変わった白茶の楽しみ方!驚きの応用アイデアをご紹介
水出しで抽出した白茶と、お湯で淹れた白茶はまったく異なる香りになることをご存じでしょうか?本コラムでは、水出しを更に応用した白茶の楽しみ方を紹介したいと思います。 殺青工程の無い白茶には酵素が残存 白茶の特徴は、製茶工程 …

PAGETOP