プーアル茶の揉捻
お茶の製茶工程には白茶や一部の緑茶を除き揉捻という工程があります。揉捻とはお茶を揉む工程のことです。お茶の揉捻は手揉みや機械揉みなどやりかたは色々ありますが、揉捻の強弱がお茶にどのような影響を与えるか説明したいと思います。

プーアル茶の揉捻

お茶の揉み方の違いは最終的にどうお茶に影響するか

お茶の揉み方には色々ありますが、重要なのは強く揉むか、弱く揉むかの選択です。私の場合、特に雲南省のお茶を仕入れるときは、茶園の選定、摘み方の基準設定、揉み方、殺青の基準、乾燥方法など事細かに条件を設定しております。お茶の揉み方を決めるに辺り、お茶の揉み具合がお茶にどう影響するかを理解しておくことが重要です。強く揉めば、茶葉はより撚れて、引き締まって見え、また、見た目はより均一になります。逆に、揉みが甘いお茶は、茶葉の嵩密度が大きく、見た目もあまり均一ではありません。

プーアル生茶

左は強めに揉まれたプーアル生茶の毛茶、右は軽め

揉み具合は味香りが出る速度に影響

揉み具合が最も影響するのは、お茶をいれたときのお茶の味香りの抽出具合です。そもそもお茶を揉む目的は、お茶の葉の細胞に微細な傷を付け、成分が抽出されやすくすることです。
揉み具合が強いお茶は味が出る速度が速く、1煎目からしっかりとお茶が出ます。ただし、抽出速度が速いために、お茶が出きってしまう速度も速く、何煎もいれることが出来ません。
質の良いお茶になると、私としてはあまり強くお茶を揉みたいと思いません。例えばプーアル茶にしても、軽めに揉むことで、お茶の味香りは時間をかけてゆっくりと抽出されます。つまり、何煎にもわたってお茶をいれ続けても、味や香りに持続性があり、煎を重ねても安定した香りを楽しむことが出来ます。

プーアル生茶 馬鞍山古樹生茶

馬鞍山古樹生茶の毛茶(散茶):非常に高品質のお茶ゆえに、意図的に弱く揉むことで、香りが徐々に抽出されるように設計しました。

揉み具合を変えることで煎の重ねられる日本茶に

日本茶は「針のような見た目」に固執するがあまり、強く揉まれる傾向が見られます。針のように綺麗に整った煎茶は良しとされ、逆に揉み方が足らない茶葉はあまり良い評価を受けません。ただ、「見た目」と「実際の味わい」とは切り離して考えることも重要です。実際、色んなお客様とお付き合いしていると日本茶の味が出る速度が速すぎる点について、不満を持っている人も少なからずおります。日本茶は概して強く揉まれているために、味香りが早々に出てしまい、2煎目以降、非常に味の薄いお茶になりがちです。

日本茶についても、揉みを非常に弱くすることで、より多くの煎を重ねられ、味香りが持続するようにお茶を設計するのも面白いと思います。今度機会があれば是非実験してみたいと考えております。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

ダージリンのような香り!ミルクティーでも美味しい雲南紅茶2種を販売
古樹滇紅(こじゅてんこう)は極上の滇紅(雲南紅茶)を作ってみたいという目標のもと、原料の選定に関して全く妥協せ …
雲南紅茶好きにお勧め!高山紫紅茶2018販売
高山紫紅茶が2018年産のお茶に切り替わりました。高山紫紅茶はとても美味しい紅茶ゆえ、紅茶が好きな人には強くお …

最新の記事 NEW ARTICLES

ダージリンのような香り!ミルクティーでも美味しい雲南紅茶2種を販売
古樹滇紅(こじゅてんこう)は極上の滇紅(雲南紅茶)を作ってみたいという目標のもと、原料の選定に関して全く妥協せ …
雲南紅茶好きにお勧め!高山紫紅茶2018販売
高山紫紅茶が2018年産のお茶に切り替わりました。高山紫紅茶はとても美味しい紅茶ゆえ、紅茶が好きな人には強くお …
台湾三希製の茶漉し付マグカップ販売
台湾の三希製の磁器が何点か入荷しました。これまで品切れとなっておりました商品も入荷しましたので是非ご覧ください …
自然栽培のプーアル熟茶、火草山産の宮廷金毫2018販売開始
プーアル熟茶ファンに朗報です。HOJOの熟茶の中でも絶大な人気のある火草山から作られた宮廷金毫 2017を発売 …
自然栽培プーアル生茶、烏木龍古樹生茶2018を販売開始
烏木龍古樹生茶(ウームーロンこじゅなまちゃ) 2018を発売しました。このお茶は2018年産のプーアル茶の中で …
鳳凰単叢烏龍茶7種発売。知名度の低い名称のお茶がおすすめな理由
鳳凰単叢烏龍茶2017産を多数発売しました。鳳凰単叢烏龍茶は仕入れた直後よりも暫く熟成した方が香りも味も良くな …
中国茶の王様とも言える鳳凰単叢烏龍茶
烏龍茶というと台湾の烏龍茶を思い浮かべる人が多いかと思います。事実、HOJOの烏龍茶の中でも台湾の烏龍茶は非常 …
屋台食べ歩きと烏龍茶ファンの聖地、潮州
潮州の鳳凰鎮に仕入れに行ってきました。潮州と言えば鳳凰単叢烏龍茶の産地です。潮州へは必ず毎年行き、現地にて仕入 …
无量山古樹生茶2018(プーアル茶)販売開始
人気のプーアル生茶无量山古樹生茶2018の餅茶 200gを発売しました。今年は餅茶に加工した際に、乾燥方法を一 …
中国茶好き必見!高級ジャスミン茶の作り方
これまで数回に分けてジャスミン茶について特集してきましたが、今回はジャスミン茶がジャスミンの花の産地である広西 …

PAGETOP