• ホーム >
  • メールマガジンバックナンバー

メールマガジン第70号 : 2016年01月16日発行

1つの急須を複数のお茶に使いまわすのは良くないと聞いたことがありませんか?
実際はどうなのか改めて説明したいと思います。

基本的に1つの急須を複数のお茶に対して使用は可能

陶器の場合、1100℃から1200℃付近で焼成が行われることが一般的であり、土の成分であるミネラルの多くは融点に達しておりません。この為、磁器やガラスと異なり多少の吸水性を示します。なお、吸水性の多少は素材によって大きく変わり、急須によっては、お茶が外側にじんわりと染み出してくる場合もあります。このような茶器の場合、紅茶をいれれば紅茶の香りが、プーアル茶をいれればプーアル茶の香りが陶器の素材に染みこみます。この為、1つの急須を多種類のお茶に使いまわすことはあまりお薦めしません。私が現在開発中(やや開発が遅れておりすみません。)の伊賀天然朱泥の土も同じく吸水性が高いため、紅茶をいれると、急須の表面にも紅茶の成分がじんわりと染み出します。また、お茶をいれ終わった後に急須に熱水を注ぐと、湯にほんのりと紅茶の色が染み出し、紅茶の香りがします。基本的にこのような急須は複数のお茶に対して使用すべきではありません。ただし、そうかと言って、複数のお茶に対して使用できないわけでもありません。お茶をいれ終わった後、急須の外側からも熱水をかけ急須内外に付着したお茶の成分をしっかりと洗い流せば、複数のお茶に対して使用しても問題ありません。

以下のタイプの陶器は吸湿性が高く、お茶を吸いやすい傾向にあります。

耐火性が高い砂質の土で作られた急須

信楽土によく見られるように、急須に使われる土の目がやや粗い場合、吸水性が生じがちです。篩などで粗い粒子を除去し、更に、ドレン機を用いて土に含まれる空気を除去すれば、吸水性は下がります。ただし、吸水性を下げるための施策をすればするほど、土肌の荒々しさは失われ、急須は滑らかな外観となるため、どの辺で妥協するかが悩みどころです。

焼成温度が低い急須

焼成温度が低い急須は土の目が細かくても吸水性があります。近年では中国宜興製の急須で必要以上に低い温度で焼成されている急須を目にします。低い温度で焼成された急須は、叩いたときに金属音がせず、木を叩いたときのようなボソボソとした音がします。低い温度で焼成するほど、焼成中の割れによる破損が少なくなり、歩留まりが上がるため、生産社が意図的に焼成温度を落としているようです。低い温度で焼かれた急須は、吸水性はさておき、墨汁のような土の臭いがします。また、温度が低いため、お茶をいれたときに、土の成分が溶出しやすく、健康面でも好ましくありません。「急須を使い始める前に、お茶を漬け込む」という文化も、焼成温度が低く、臭いが強い急須の存在がゆえにあるように思います。

急須の素材によってはお茶との相性が悪い場合も

急須の土とお茶に含まれるミネラルの相性が良くない場合があるため注意が必要です。例えば、萬古焼の土(紫泥急須)と私が販売している信楽粗土は鳳凰単叢烏龍は相性が悪く、これらのお茶と組み合わせると渋味を呈し、同時にコク(余韻)がカットされ味が平坦になります。武夷岩茶や安渓産の鉄観音でも同様の傾向が見られます。逆に、HOJOのラインアップの中で、佐渡島産の各種急須、古琵琶湖土、今度発売予定の伊賀天然朱泥の急須などは全ての種類のお茶との相性が良く、組み合わせを悩む必要がありません。このように、急須によっては特定のお茶と組み合わせると、むしろ、味の余韻(奥行き)を無くす場合があるため、事前に相性を確認する必要があります。

佐渡島産の秋津無名異土還元焼成と野坂粗土還元焼成の急須を発売しました。

http://hojotea.com/item/tozo_nosaka_reduction.htm
http://www.hojotea.com/item/tozo_akitsu_reduction.htm
渡辺陶三氏作の急須を2種類発売しました。何れも長く品切れ/品薄となっていたモデルです。
秋津無名異は現在、佐渡空港がある場所から収集された土です。秋津無名異の土は焼き方に関係無くお茶を非常にふくよかにし、香りの広がりを増します。
無意識にお茶を飲んでもお茶の味がとても豊で華やかに感じられます。
還元焼成の土は、酸化焼成の土よりもコク/余韻がが強く、幅広い種類のお茶に使用いただけます。


いっぽう、野坂還元の土は、ボディを押さえ、コクを引き延ばします。余韻が強く、透明感のある味わいが好みの人にお勧めです。
香りが強いお茶、例えば、鳳凰単叢烏龍や強めに火が入っているお茶にこの土を使うと、香りはやや穏やかになるものの、余韻が非常に強まり、香りの戻りが強く感じられます。
私は個人的に香りが強めのお茶に野坂還元を用いるのが好みです。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2017年産のプーアル茶・白茶の新茶発売
2017年に仕入れたプーアル生茶及び白茶の一部を数種類発売しました。残りについても順次発売していきます。 大雪 …
1本のお茶の木のみから収穫した単株プーアル生茶の予約販売
特定の一本のお茶の木のみから作られお茶を単株茶と呼びます。今年の雲南省での仕入では毎日いろんな山を歩き回り、半 …

最新の記事 NEW ARTICLES

2017年産のプーアル茶・白茶の新茶発売
2017年に仕入れたプーアル生茶及び白茶の一部を数種類発売しました。残りについても順次発売していきます。 大雪 …
1本のお茶の木のみから収穫した単株プーアル生茶の予約販売
特定の一本のお茶の木のみから作られお茶を単株茶と呼びます。今年の雲南省での仕入では毎日いろんな山を歩き回り、半 …
伊賀天然朱泥と佐渡の無名異上赤急須が入荷!
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の急須と、佐渡島の渡辺陶三氏作の無名異上赤急須が入荷しました。 村田益規作の伊賀天然 …
森の中の茶園と日当たりの良い茶園はどちらが理想?
お茶の品質に影響する重要な要素の1つに「日当たり」があります。一般的に日本や台湾では日当たりの良い茶園が好まれ …
中国現地でも入手が困難な高山紫紅茶を発売
高山紫紅茶を発売しました。このお茶は紫茶という野生種系のお茶から作られた非常に珍しい紅茶です。 雲南省でも珍し …
馬鞍山古樹熟茶2016を発売
馬鞍山古樹熟茶を発売しました。このお茶は2016年産の生茶を原料に発酵された毛茶(粗茶)を2017年に仕入れ、 …
プロでも分かり難い鉄観音の値段の謎
お茶のプロでも分かり難い安渓鉄観音の値段を決める要素について、私の仕入経験に基づき説明したいと思います。 鉄観 …
ミルクティーにもお勧め!雲南古樹紅茶入荷
暫く商品が切れておりました雲南古樹紅茶が入荷しました。農薬はもちろん、肥料も一切使用せずに作られた自然栽培茶で …
水出し茶やミルクティに相性抜群!黒鉄観音発売
安渓産の黒鉄観音を発売しました。 鉄観音を特殊な方法で炭焙して作り上げたお茶 このお茶は安渓の鉄観音種から作ら …
日本の農薬基準を満たす安渓鉄観音の仕入
中国の安渓を訪問しお茶の仕入を行いました。今回は鉄観音の仕上げ方法の打ち合わせと茶園、工場の訪問が主な目的でし …

PAGETOP