2019年産の緑茶と黄茶合計4種を発売

[2019.05.19] Written By

2019年産の中国緑茶と黄茶が合計4種類入荷しました。早速販売を開始しましたので、興味のある方は是非ご覧ください。

獅峰龍井茶

https://hojotea.com/item/g06.htm

中国緑茶の中でも特に有名な龍井茶ですが、その中でも龍井村で作られる獅峰龍井茶は品質が特に高いことが知られております。
その理由ですが、他地域よりも標高が高い点に加え、龍井村には実生のお茶の木の老木が多く残っております。
実生とは種から撒いて育てられたお茶の木をさします。現在、多くの龍井茶は龍井43号という品種から作られます。品種物のお茶は、その形質を保存するため、挿し木により作られます。
種から撒かれたお茶は根がゴボウのように真っ直ぐ地中深く伸びるの対し、龍井43号のように挿し木で作られるお茶は、根が浅く脇に伸びます。
この為、品種物は肥料を吸いやすく、逆に実生のお茶はミネラルを吸いやすい特徴があります。ミネラルの濃淡は味の厚みに影響し、お茶の品質に密接に関係します。龍井茶の場合、成長が早くシーズンの最初に収穫されるのは龍井43号のお茶ゆえ、品質の割に高い値段が付きますが、味がしっかりとしているのは実生茶の方です。


獅峰龍井茶ですが、今年生産業者を見直すことで、品質を劇的に向上しました。更に嬉しいことに、仕入れ価格を抑える事が出来ました。この為、今年発売のお茶は昨年よりも遙かに安い値段設定となっております。今年の獅峰龍井茶は味に厚みがあり、後味がしっかりとした、非常に素晴らしい品質ですので是非お試しください。

西湖龍井茶

https://hojotea.com/item/g06.htm

西湖周辺の村で収穫された、同じく実生のお茶から作られた龍井茶ですが、獅峰龍井茶と比べると、知名度の低さから値段が抑えられております。
余韻の長さは獅峰龍井茶と比較すると、僅かに軽めですが、その分値段が安価です。後味、香りの余韻がしっかりとあるお茶です。より気軽に沢山飲みたいという方にお勧めします。

蒙頂甘露

https://hojotea.com/item/g27.htm

四川省を代表する銘茶です。
昨年発売したところ、非常に人気が高く、数週間で完売となってしまったお茶です。このお茶は最も歴史の長い緑茶といわれております。その割に、日本での知名度は高くありません。私達は原料にこだわり、無肥料栽培の蒙頂甘露を仕入れております。味に深い奥行きがあり、香りには長い余韻が感じられ、何煎もいれる事が出来るお茶です。お勧めです。

君山銀針 黄茶

https://hojotea.com/item/y01.htm

2015年以降、長年仕入れてなかった君山銀針を仕入れました。
君山銀針は湖南省の洞庭湖の中にある君山島という島で作られるお茶です。黄茶という非常に珍しい種類のお茶です。


君山島の君山銀針茶園

君山島の茶園は1社が独占しており、他社から購入する事が出来ません。島外でも君山銀針風のお茶は作られておりますが、島の土はカルシウムを豊富に含むこと、更に、島内のお茶の木は実生で樹齢が高いことから、島外のお茶とは味の点で品質に大きな開きがあります。君山島産の君山銀針は味に円みがあり、ふくよかな味を呈します。黄茶特有の悶黄という工程ゆえ、とれたてのタケノコのような甘い香りがするのが特徴です。これまでHOJOでは創業時より一貫して君山島産の君山銀針を仕入れてきました。但し、1社独占による弊害から、近年では、値段が高騰し、その割に実際に島へいってみると、茶園の多くのお茶が放置された状態で、マネージメントに問題がある状態でした。このような状況から暫く仕入れを見送っていたのですが、昨年、君山銀針の茶園と工場が他の会社に売り渡されました。この為、これまでの管理体制が刷新され、非常に良いお茶が生産されるようになりました。更に、嬉しいことに仕入れ価格も下がりました。今年は久しぶりに君山銀針を仕入れました。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売
ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …
雲南省樹齢100歳以上の無農薬無肥料の白茶-白牡丹2021を販売
雲南省の自然栽培の老木から作られた白牡丹を発売しました。 雲南省の自然栽培茶 HOJOでは2007年から2014年頃まで福建省の白牡丹を取り扱っておりました。 ただ、福建省の白茶は、どの茶園も基本慣行栽培であり、肥料が多 …

最新の記事 NEW ARTICLES

標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売
ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …
雨の日はお茶が美味しく淹れられない驚きの理由
ようやく梅雨が明けつつあり、気分も晴れやかですね! 実は雨が続くと水の味が変化し、お茶が美味しくいれられません。 その理由をご存知でしょうか? 日々変化する水の味 今まで美味しく飲めてたお茶が、急に渋くなったり、甘味が弱 …
雲南省樹齢100歳以上の無農薬無肥料の白茶-白牡丹2021を販売
雲南省の自然栽培の老木から作られた白牡丹を発売しました。 雲南省の自然栽培茶 HOJOでは2007年から2014年頃まで福建省の白牡丹を取り扱っておりました。 ただ、福建省の白茶は、どの茶園も基本慣行栽培であり、肥料が多 …
大雪山野生白茶、鳳凰単叢竹葉と馬鞍山功夫普洱茶の発売
3種類の新商品、大雪山野生白茶2021、鳳凰単叢竹葉2020と馬鞍山功夫普洱茶2018を発売しました。 大雪山野生白茶 2021 https://hojotea.com/item/w11.htm 大雪山野生白茶 2021 …
中国茶仕入れのプロによる雲南紅茶(滇紅)の【徹底解説】
雲南紅茶(滇紅)は正山小種(ラプサンスーチョン)や祁門紅茶とならび、中国を代表する紅茶です。 本コラムでは雲南紅茶とはどういうお茶なのか、少し詳しく説明したいと思います。 世界で最初に開発された紅茶は、福建省武夷山の正山 …
佐渡島、渡辺陶三作の無名異焼還元焼成と無名異上赤の急須と茶壺が入荷
新潟県佐渡島の渡辺陶三氏作、秋津無名異還元焼成と無名異常赤の急須を発売しました。 秋津無名異還元焼成 https://hojotea.com/item/tozo_akitsu_reduction.htm 渡辺陶三氏の還元 …
太平猴魁、月ヶ瀬在来煎茶、ネパールの紅茶を発売
幾つか新商品を発売しましたのでお知らせします。 今回発売したのは以下の商品です。 月ヶ瀬在来煎茶 2021 太平猴魁 2021 太平猴魁 2020 旧ロット特価販売 太平猴魁特貢 2021 太平猴魁特貢 2020 旧ロッ …
福建省安渓産の烏龍茶、黄金桂を発売
中国福建省安渓産の黄金桂を発売しました。 黄金桂は花のような非常に個性的な香りがするお茶と言うこともあって、安渓において、鉄観音と並び非常に人気の高いお茶です。 中国烏龍茶の三大生産地の1つ安渓 福建省安渓といえば、台湾 …
2021年の中国緑茶(龍井茶・蒙頂甘露)とその他数点のお茶を発売
2021年産の新茶と、その他お茶を数種、発売しましたのでお知らせいたします。 獅峰龍井茶 2021 有名な産地と言うことも有り非常に高額なお茶ですが、とても素晴らしい仕上がりになっております。 本商品は実生のお茶「群体種 …
2021年のお茶の状況:生育状況、品質、値段など
2021年のお茶の状況をお知らせします。 今年はインド、ネパール、中国、台湾において、2月から今に至るまで非常に乾燥した状態が続いており、お茶の成長が極端に遅れております。 私が各産地の状況を確認したところ、今年の収穫量 …

PAGETOP