最近、何かと話題になり、人気上昇中の白茶ですが、白茶には3つのまったく異なる顔があります。

白茶とは

白茶というお茶の種類についてですが、これは外観や色ではなく、作り方によって定義されます。

白茶は全く揉まず、ゆっくりと萎凋することで水分を減らし、最終的に、水分が20%以下くらいになった時点で温風、日光、または送風により乾燥して完成です。他のお茶のように炒る・蒸す等による熱処理がありません。

この作り方ゆえに、白茶には他のお茶にない特徴が2つあります。

1.酵素(酸化酵素)がそのまま残っている。
2.成分が熱酸化せずに残っている。

これら2つの特徴を良く理解することで、以下に説明する白茶の3つの顔が理解できます。

1.白茶をいれる過程で更に発酵しフルーティに

白茶にはポリフェノールオキシダーゼ(PPO)と呼ばれる酸化酵素が活性のある状態で含まれています。酵素とはタンパク質の一種で、酸化酵素はお茶の酸化を媒介します。
酵素が活性化するためには水分と適度な温度が必要です。また、酵素はタンパク質ゆえに60℃から70℃の熱湯で失活します。
この為、お茶をいれた瞬間に酵素は失活すると思われがちですが、白茶をお湯でいれると、茶葉内部の温度は即上昇するわけではありません。実際はじわりじわりと温度が上がるため、いれている間に酵素が急激に活性化し、発酵が進みます。
この為、お湯でいれた白茶はベージュっぽい褐色に変化し、ダージリン紅茶のような少しフルーツ系の香りを呈します。

沸騰水でいれた白茶の茶殻

私は白茶をいれる際は、沸騰水で急激に加熱することで出来るだけ早く酵素を止め、発酵が過度に進まないように制御することでよりフレッシュなフルーツ香を引き出すようにしております。
具体的には茶器を予熱した上で、熱湯を茶葉に注ぎいれ、10秒後に捨て、再度、熱湯を注ぎいれ5−10秒で捨て、3回目にしてようやくいれます。(約10秒)徹底的に温度を高めることで酵素を失活するのが目的です。
白茶を低めの温度でいれた場合、温度上昇が緩慢ゆえ、酸化発酵が急速に進むため、香りはかなり紅茶よりへと変化します。

2.水出しにすると鮮やかな緑と爽やかな香り

熱湯に対して、冷水でいれた場合、酵素は殆ど活性化しません。この為、白茶を水出しにすると、白茶の無垢な味を楽しめます。
お湯でいれると酵素発酵によって褐色に変化する白茶ですが、冷たい水で水出しにすると、茶葉は鮮やかな緑色を呈します。
水で淹れた白茶は、お湯でいれた白茶は全く異なる味香りになります。実際、水出しの白茶は、花や紫蘇の葉のような爽やかな香りがします。
私は5gの茶葉を2リットルの冷水にいれ、冷蔵庫で半日から一晩だします。いれ終わった茶葉は除去します。

水出しの茶殻は酵素が活性化しないため色が新鮮

3.熟成で蜜やブドウのような濃厚な香りに変貌

白茶はプーアル茶と同じく熟成させて楽しむお茶でもあります。白茶はお茶の中では最も歴史が古いお茶とも言われており、その昔は意図せず熟成した白茶が飲まれておりました。
白茶は微発酵で熱をかけずに作られるため、酸化度の低い微発酵ポリフェノールが豊富に含まれております。微発酵のポリフェノールは白ワインの成分と性質近く、熟成による伸びしろが大きいため、お茶を数年以上寝かすことで、新茶にはないような甘く濃厚な香りが形成されます。実際、白茶はプーアル茶よりも分かりやすく、顕著に熟成します。
無酸素で数年以上熟成した白茶はブドウやトロピカルフルーツ、蜜のような香りへと変化し、また、口当たりも滑らかになります。

私はより繊細で上品な熟成をしたいので、無酸素で保存します。ただし、世の中では有酸素での熟成が一般的です。つまり、空気に触れる状態で長年置いておくと言うやり方です。
有酸素の方が熟成速度は圧倒的に速いですが、雑味やヒネ臭も同時に形成し、やや黒茶系の性格に変化します。無酸素熟成は熟成速度は遅いものの、より新鮮で洗練されてた味香りへと変化します。無酸素熟成をしたい人は、HOJOの白茶を未開封のまま、有酸素熟成をしたい人は、1度開封した袋を再度閉じた後に数年以上保存されると良いでしょう。なお、熟成は温度が高い部屋ほど速く進みます。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

雲南省臨滄市永徳県産、稀少な野生茶の白茶と生茶を発売
雲南省臨滄市永徳県の標高2200mに自生する野生のお茶を原料に、プーアル茶と白茶を作り上げました。 このお茶は、人が栽培した茶園産では無く、自然に自生する天然の野生のお茶から作られた非常に稀少なお茶です。 2019年に新 …
贅沢なマスカテルフレーバー!蜜香紅茶(無農薬)を発売
蜜香紅茶を発売しました。このお茶はHOJOのラインアップに入っているにもかかわらず、何年も品切れが続いており、多くの人からお問い合わせを頂いておりました。 今回紹介する蜜香紅茶は無農薬の茶園から仕入れました。 https …

最新の記事 NEW ARTICLES

雲南省臨滄市永徳県産、稀少な野生茶の白茶と生茶を発売
雲南省臨滄市永徳県の標高2200mに自生する野生のお茶を原料に、プーアル茶と白茶を作り上げました。 このお茶は、人が栽培した茶園産では無く、自然に自生する天然の野生のお茶から作られた非常に稀少なお茶です。 2019年に新 …
贅沢なマスカテルフレーバー!蜜香紅茶(無農薬)を発売
蜜香紅茶を発売しました。このお茶はHOJOのラインアップに入っているにもかかわらず、何年も品切れが続いており、多くの人からお問い合わせを頂いておりました。 今回紹介する蜜香紅茶は無農薬の茶園から仕入れました。 https …
お茶を美味しくするHOJOのオリジナル急須&茶壺4種が入荷
新たに以下の茶器が入荷しました。 https://hojotea.com/categ/teaware.htm 渡辺陶三作 秋津無名異酸化焼成 渡辺陶三作 秋津無名異還元焼成 渡辺陶三作 野坂粗土還元焼成 舘正規作 信楽粗 …
ステンレスで沸かしたお湯とお茶との意外な相性?!
お茶を飲む際にどのような材質の湯沸かしでお湯を沸かすべきか、悩まれると思います。 中国・台湾におけるお茶のプロはステンレスでお湯を沸かすことが多いのが実情です。 実際、ステンレスが味の点でベストなのか、検証してみました。 …
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏の無名異焼急須・茶壺・宝瓶など4種を発売
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏作の茶器(急須、茶壺、宝瓶)を発売しました。 今回発売した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成の4種類です。 急須に含まれるミネラルと味との密接な関 …
武家寨古樹生茶 2021 散茶と鳳凰単叢老叢鴨糞香2020を発売
武家寨古樹生茶 2021の毛茶(散茶)と鳳凰単叢老欉鴨糞香2020を発売しました。 武家寨古樹生茶 散茶 2021 武家寨は雲南省臨滄市永徳県にある山村です。 茶園は標高約2000m〜2200mに位置しており、4-5月に …
ほのかに香る蜜香が特徴!標高2300m付近の自然栽培茶による高山白茶を発売
高山白茶を発売しました。このお茶は標高2100m〜2300mの高地で摘まれた1芽2葉のお茶から作られた白茶です。味がやわらかく、草木、紫蘇、蜜、桃を連想するような爽やかな香りが特徴のお茶です。 茶園が村から離れているため …
標高2000mにある樹齢数百歳の自然栽培茶、古樹白茶2021を発売
古樹白茶2021を発売しました。 力強い余韻と、花やハーブのような甘い香りがするお茶です。 原料の質は白茶の品質の要 一般的に白茶と言えば福建省産がよく知られております。ただ、福建省の白茶は、製茶技術こそ非常に素晴らしい …
プーアル茶の当たり年!2019年産の宮廷金毫を発売
宮廷金毫2019を発売しました。2019年は当たり年と言うことも有り、乾燥フルーツ香がしっかりと感じられ、質の良いお茶に仕上がっております。 https://hojotea.com/item/d41.htm 熟茶の質は生 …
佐渡島渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須・茶壺を発売
佐渡島の渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須と茶壺を発売しました。 https://hojotea.com/item/tozo_nosaka.htm ふくよかさと後味を強化する野坂粗土 野坂粗土の酸化焼成は、ふくよかさ( …

PAGETOP