「プーアル熟茶はカビや土のような臭いがするから苦手」という意見をよく聞きます。
確かに、質の低いプーアル熟茶やダイエット目的で売られているようなプーアル茶には独特のかびのような匂いがあります。
私もブルーチーズのような青黴風の匂いがするお茶は過去に何百と体験してますが、基本苦手です。

しかし、実はこの匂い、カビは一切関係してないことをご存じでしょうか?

プーアル熟茶の原料は生のお茶では無くプーアル生茶

熟茶の発酵は生の茶葉では無く、プーアル生茶を原料として用います。
プーアル生茶は床に数十センチの厚さで堆積され、水分を加えた上で発酵が行われます。
発酵は茶葉自体や環境中に存在する微生物により行われます。発酵の初期、アミノ酸や澱粉質などの分解しやすい成分はカビや細菌によって分解され、その後、放線菌と嫌気性の細菌が交互に関わることで更なる発酵行われます。
放線菌や嫌気性の微生物が食べ尽くした後、残った繊維質などは、担子菌というキノコの一種の微生物により分解され、一連の発酵が止まります。

熟茶の発酵についてはまた別のコラムで詳しく説明したいと思います。

東南アジアで人気が高いカビ臭い熟茶

中国系のお茶愛好家の間は、乾燥フルーツのような甘い香りの熟茶は「棗香」と呼ばれるのに対し、いわゆるカビ臭い匂いのするプーアル熟茶は「樟香」と呼ばれます。
HOJOでは甘い香りがする棗香のプーアル熟茶を中心に取り扱っておりますが、東南アジアなどでは樟香のファンが多くおり、いわゆるカビ臭いお茶が非常に受けます。
この理由は、1900年代、東南アジアで入手可能だったプーアル茶の多くがカビ臭いお茶だったことに起因します。子供の頃から樟香のする熟茶になれているという時代背景が関係します。

かび臭さの原因は煙臭い原料

かび臭さの原因ですが、実はこれ、カビの匂いではなく煙の香りです。

え?そんなわけ無いでしょう?と思われるかも知れませんが、煙臭い原料を発酵すると、不思議なことにカビそっくりの匂いへと変化します。

意識すると気がつくと思いますが、カビ臭いプーアル熟茶は、煙で燻された原料を用いているため、強い渋味を呈します。

煙臭い原料が熟茶の生産に用いられる理由

プーアル熟茶はプーアル生茶を原料に微生物発酵で作られるお茶です。このため、生茶を作るよりも遙かに手間暇がかかります。
にもかかわらず、市場では「熟茶は安いお茶」と言うイメージが出来上がっているため、熟茶の生産者は必死に安い原料を探し求めます。
この為、多くのプーアル熟茶、特に有名工場で作られるようなお茶は、その多くが、大規模茶園産のお茶から作られる事が多く、ゆえに、大きな工場製の熟茶は余り質が良くありません。

雨降りに摘まれたお茶

もう一つ、プーアル熟茶の加工業者が比較的質の良い原料を安く仕入れる方法があります。それは、雨が続いた日に収穫された原料を仕入れる事です。
雨が降ると、お茶は急激に成長するため、質が落ちる上に、濡れた茶葉は製茶工程に影響を与え、また、お茶を乾燥することも出来ません。
この理由から雨が続くと、有名産地や老木のお茶であっても、買い手がつかず、文字通り二束三文の値段となります。
かといって、農家では摘まずに放置しておくとお茶はどんどん成長してしまい、収穫ゼロ(収入ゼロ)になるため、農家では雨降りでもお茶を収穫し、自らの手で加工します。(農家は通常、原料茶葉を加工業者に販売して生計を立てており、自ら製茶すること例外的です。)

当然雨降りだと天日乾燥が出来ないため、農家では火を焚いてお茶を乾燥させます。この結果、出来上がったプーアル生茶は、まるでラプサンスーチョン(正山小種)のように煙り臭いお茶になります。

このような原料は買価がとても安いため、熟茶の生産者はこれらの原料を好んで仕入れるわけです。
自然栽培の老木から摘まれたお茶は、雨降りで品質が落ちたとしても、大規模生産の茶園と比べたら遙かに品質が高いため、それらの事実を知っている生産者、特に小さな加工業者は雨降りに加工された生茶を特に好んで入手しようとします。

東南アジアを中心とする一部の市場では、この独特の香りを樟香と称してしてむしろ好むため、上手いこと需要と供給が合致しているのです。
驚くべき事に、近年では樟香のプーアル熟茶の需要が増加しております。これに対応するため、一部の生産者は煙臭くない原料も、燻製室で燻して、意図的に煙の匂いを付けております。

HOJOでは甘い棗香のする熟茶を紹介してます。

HOJOでは乾燥フルーツのような香りがする熟茶を重要視しております。これまでカビ臭い熟茶で苦い経験をされたことが有る人は是非、HOJOのプーアル熟茶を試して戴きたいと思います。
一番コスパが高く、最初にお勧めするのは雲県熟茶2019年です。このお茶は後味が濃く、また、甘い乾燥フルーツ系の甘い香りがし、飲みごたえのあるお茶です。熟茶のカビ臭いイメージが払拭して戴くのにお勧めのお茶です。

雲県熟茶 2019

https://hojotea.com/item/d24.htm

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売
ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …
雲南省樹齢100歳以上の無農薬無肥料の白茶-白牡丹2021を販売
雲南省の自然栽培の老木から作られた白牡丹を発売しました。 雲南省の自然栽培茶 HOJOでは2007年から2014年頃まで福建省の白牡丹を取り扱っておりました。 ただ、福建省の白茶は、どの茶園も基本慣行栽培であり、肥料が多 …

最新の記事 NEW ARTICLES

標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売
ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …
雨の日はお茶が美味しく淹れられない驚きの理由
ようやく梅雨が明けつつあり、気分も晴れやかですね! 実は雨が続くと水の味が変化し、お茶が美味しくいれられません。 その理由をご存知でしょうか? 日々変化する水の味 今まで美味しく飲めてたお茶が、急に渋くなったり、甘味が弱 …
雲南省樹齢100歳以上の無農薬無肥料の白茶-白牡丹2021を販売
雲南省の自然栽培の老木から作られた白牡丹を発売しました。 雲南省の自然栽培茶 HOJOでは2007年から2014年頃まで福建省の白牡丹を取り扱っておりました。 ただ、福建省の白茶は、どの茶園も基本慣行栽培であり、肥料が多 …
大雪山野生白茶、鳳凰単叢竹葉と馬鞍山功夫普洱茶の発売
3種類の新商品、大雪山野生白茶2021、鳳凰単叢竹葉2020と馬鞍山功夫普洱茶2018を発売しました。 大雪山野生白茶 2021 https://hojotea.com/item/w11.htm 大雪山野生白茶 2021 …
中国茶仕入れのプロによる雲南紅茶(滇紅)の【徹底解説】
雲南紅茶(滇紅)は正山小種(ラプサンスーチョン)や祁門紅茶とならび、中国を代表する紅茶です。 本コラムでは雲南紅茶とはどういうお茶なのか、少し詳しく説明したいと思います。 世界で最初に開発された紅茶は、福建省武夷山の正山 …
佐渡島、渡辺陶三作の無名異焼還元焼成と無名異上赤の急須と茶壺が入荷
新潟県佐渡島の渡辺陶三氏作、秋津無名異還元焼成と無名異常赤の急須を発売しました。 秋津無名異還元焼成 https://hojotea.com/item/tozo_akitsu_reduction.htm 渡辺陶三氏の還元 …
太平猴魁、月ヶ瀬在来煎茶、ネパールの紅茶を発売
幾つか新商品を発売しましたのでお知らせします。 今回発売したのは以下の商品です。 月ヶ瀬在来煎茶 2021 太平猴魁 2021 太平猴魁 2020 旧ロット特価販売 太平猴魁特貢 2021 太平猴魁特貢 2020 旧ロッ …
福建省安渓産の烏龍茶、黄金桂を発売
中国福建省安渓産の黄金桂を発売しました。 黄金桂は花のような非常に個性的な香りがするお茶と言うこともあって、安渓において、鉄観音と並び非常に人気の高いお茶です。 中国烏龍茶の三大生産地の1つ安渓 福建省安渓といえば、台湾 …
2021年の中国緑茶(龍井茶・蒙頂甘露)とその他数点のお茶を発売
2021年産の新茶と、その他お茶を数種、発売しましたのでお知らせいたします。 獅峰龍井茶 2021 有名な産地と言うことも有り非常に高額なお茶ですが、とても素晴らしい仕上がりになっております。 本商品は実生のお茶「群体種 …
2021年のお茶の状況:生育状況、品質、値段など
2021年のお茶の状況をお知らせします。 今年はインド、ネパール、中国、台湾において、2月から今に至るまで非常に乾燥した状態が続いており、お茶の成長が極端に遅れております。 私が各産地の状況を確認したところ、今年の収穫量 …

PAGETOP