IMG_8554
HOJOの商品ラインアップの多くを占めるのが雲南省のお茶です。私が雲南省のお茶に力を入れている理由ですが、雲南省には探せばまだまだ完全自然栽培の茶園が残っており、原料となる茶葉の品質が突出して優れているためです。ただし、雲南省のお茶を扱う上での悩みは生産技術が非常に低い生産者が多く、折角良い原料を使用しても、最終的に製茶されたお茶が不満足な内容になることが珍しく無い点です。このような状況下、茶摘み〜製茶仮定でのバラツキを無くし、自分が理想とするお茶に仕上げるため、私は特殊な仕入方法を採用しております。

良い品質のお茶を求め特注でお茶を生産

数年前までは、私は山岳地にある様々な村を訪問しては歩き回り、生産者を見つけては、彼らが生産した新茶を見せて貰い、気に入ったお茶があれば仕入れるという方法をとっておりました。文字通り、生産者から直接仕入れていたわけですが、以下のような幾つかのジレンマがありました。

  1. 茶園(お茶の木)を自分で選べない
  2. お茶の摘み方の基準を設定できない
  3. 製茶を私達が希望する方法で出来ない

以上の問題を解決するため、2015年より出来合のお茶を仕入れるのではなく、信頼できる茶師にカスタムメイドにてお茶を仕上げて貰う方法に変更しました。

気に入った茶園から生茶を仕入れる

一般に少数民族の村では、少数民族が茶園を所有しており、彼らが摘んだお茶は地元のお茶工場へと持ち込まれ、そこで生茶の売買が成立します。お茶工場では少数民族から生茶葉を買い取り、それを製茶して自社製品とします。一般に、お茶工場では、茶園ごとに区別して生産をするわけではなく、生茶葉の状態・品質を評価した上で、複数の農家の茶葉をブレンドし最終製品に仕上げます。新茶の時期に生産工場を訪れ、お茶を仕入れようと思った場合、これら出来合のお茶を仕入れるほかありません。より選び抜いた茶園のお茶を使ってお茶を作るためには、シーズンが始ままる前に現地入りし、どのエリア、どの茶園、どのような条件の「生茶葉」を用いるか、事前に打ち合わせを行うことで、指定した品質の茶葉を確保する必要があります。

IMG_2030

茶摘み基準の設定

プーアル茶は一芯二葉、一芯三葉、一芯四葉など、様々な茶摘み規準があります。摘み方によって、お茶の味わいや香りが異なるため、私としては、商品ごとに茶摘み規準を指定しております。例えば、岩鳴山古樹生茶は滑らかさを強調するために一芯二葉を規準として茶摘みを行っております。一般的なプーアル茶の茶摘み規準と比べて滑らかな味わいとなります。逆に、无量山古樹生茶や馬鞍山古樹生茶の場合、敢えて、一芯3-4葉を指定することで、より香りが強く、苦味が少なく、飲み応えのあるプーアル茶に仕上げております。
IMG_3110

製茶方法の特注

プーアル茶の製茶の際、萎凋時間と殺青方法は生産者によって大きな差が生じます。萎凋をすればするほど水分量が少なくなるため、多くの生産者が萎凋を殆どせずに殺青を行っているのが現状です。ただし、萎凋を行わずに作られたプーアル生茶の場合、青臭い香りが強く感じられます。これを回避するために、殺青を軽めに行う生産者が近年増加傾向にありますが、殺青が軽いお茶は、熟成させた際に香りにノイズが生じます。私は萎凋と殺青の両方をしっかりすることで、新茶で飲んでも熟成させても美味しいお茶に仕上げることを重要視しております。
また、プーアル茶以外でも、白茶や紅茶なども生産方法の詳細を打ち合わせ、希望にあった作り方をしております。

私は2010年から雲南省に毎年来続けておりますが、特注生産方式が出来るようになったのは2015年からです。現地の茶園、栽培方法、生産方法の詳細な知識、更には信頼できる生産者との信頼関係が無い場合、特注方式は逆に非常にリスクが高い仕入方法となります。実は、この方法をとっているのは私だけではなく、中国のお茶会社でも、非常にこだわりの強いプーアル茶の専門会社は、やはり特注生産方式を採用しております。今年は雲南省産のお茶の殆どが特注生産方式での生産を予定しており、何れも特徴のあるお茶に仕上げる予定です。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2022年産の鳳凰単叢烏龍茶を2種:老欉東方紅と鴨糞香を発売
2022年産の鳳凰単叢烏龍茶を2種類発売しました。 2022年は各お茶産地に共通して、雨が多い年でした。しかしながら、鳳凰単叢烏龍茶の収穫期前は意外にも晴れの日々が続き、予想外に香りがしっかり出ております。 https: …
濃香な三次火蜜蘭香など3種類の鳳凰単叢2021を発売
鳳凰単叢烏龍茶を3種発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm どれも非常に個性的なお茶でお勧めです! 鳳凰単叢老欉蜜蘭香 2021 蜜蘭香はライチを連想するとてもフルーティな香 …

最新の記事 NEW ARTICLES

2022年産の鳳凰単叢烏龍茶を2種:老欉東方紅と鴨糞香を発売
2022年産の鳳凰単叢烏龍茶を2種類発売しました。 2022年は各お茶産地に共通して、雨が多い年でした。しかしながら、鳳凰単叢烏龍茶の収穫期前は意外にも晴れの日々が続き、予想外に香りがしっかり出ております。 https: …
濃香な三次火蜜蘭香など3種類の鳳凰単叢2021を発売
鳳凰単叢烏龍茶を3種発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm どれも非常に個性的なお茶でお勧めです! 鳳凰単叢老欉蜜蘭香 2021 蜜蘭香はライチを連想するとてもフルーティな香 …
古樹白茶2022(無農薬無肥料の自然栽培茶)を発売
2022年産の古樹白茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/w25.htm 樹齢数百歳のお茶の木 古樹白茶は無農薬無肥料の自然栽培茶園で作られたお茶を原料に1芽1葉の茶葉から加工した白茶です …
武家平掌古樹生茶2020年産 357g餅茶と2021年産 200g餅茶を発売
武家平掌古樹生茶 2020と2021を発売しました。 このお茶は中国雲南省臨滄市の南西部、ミャンマー国境から数十キロに位置する、2100m前後の茶園産です。 https://hojotea.com/item/d137.h …
単株白茶2018年の散茶と餅茶、鳳凰単叢玉蘭香2021を発売
単株白茶2018年の散茶と餅茶、鳳凰単叢玉蘭香2021を発売しました。 単株白茶 2018 マレーシア熟成 https://hojotea.com/item/w18.htm 単株茶は特定の1本だけの木から作られたお茶です …
マレーシアで5年熟成したミャンマー果敢産のプーアル熟茶を発売
マレーシアで5年間熟成した果敢古樹熟茶20216年を発売しました。 果敢は中国雲南省のお隣、ミャンマーの地域の名称であり、非常に稀少なお茶です。 https://hojotea.com/item/d88.htm 雲南省と …
マレーシアで3年熟成した単株プーアル生茶2019の餅茶200gと357gを発売
マレーシアで3年間熟成した単株プーアル生茶2019を発売しました。 単株茶とは、特定の1本のお茶の木のみから収穫し、製茶されたお茶のことで、プーアル茶や烏龍茶の中では最も高級なお茶とされるカテゴリーです。 このお茶は20 …
自然の山で収穫された大雪山野生白茶 散茶2022年産を発売
大雪山野生白茶 散茶 2022 を発売しました。 https://hojotea.com/item/w11.htm 大雪山野生茶は、中国雲南省臨滄地区の大雪山で収穫された野生のカメリアタリエンシスから作られた白茶です。 …
プロがお茶を評価するときに重視する余韻とボディとは?
お茶を選ぶとき、多くの人は香りに注目しがちです。 香りが重要なのは勿論ですが、我々プロが重視するのは、味香りの立体感です。幾ら香りが強くても、味香りに立体感のないお茶は美味しいと感じられないからです。 立体感と言われても …
無農薬無肥料の自然栽培プーアル生茶5種を発売
プーアル生茶を5種類発売しました。 武家寨古樹生茶2022 武家寨は中国雲南省臨滄の南西部に位置する小さな村の名称です。 標高2000m〜2300m、完全無農薬無肥料の老木から作られたプーアル生茶の散茶です。 今年も樹齢 …

PAGETOP