プーアル茶の毛茶

4月の上旬から数週間、仕入れのために雲南省へ行ってました。
雲南省へは毎年足を運んでおり、お茶の仕入れに行くのも今年で5年目になります。

2014年のプーアル茶の値段は例年の10-20%増し

今年は雲南省のお茶の値段が高騰していると聞いていたため、内心とても心配しておりました。しかし、実際に行ってみると、値段が高騰しているのは近年急激に名前が有名になった産地のみで、その他一般の産地については平均すると例年の10%程度、高いところでも20%程度の値段上昇にとどまっておりました。

プーアル茶の毛茶

プーアル生茶の毛茶(荒茶)

早春の寒波による生産量の減少が値段上昇の直接原因

値段が上昇した主要因は、今年の早春に降った雪と、霜によるところが大きく、標高・緯度の高い地域ほど、冷害により生産量が影響を受けたもようです。昆明から産地に向かってバスで高速道路を走っていたところ、道沿いに生えている広葉樹の葉が一斉に枯れており、早春の霜の影響の大きさを目の当たりにしました。

生茶葉の値段上昇により紅茶とプーアル熟茶の生産量が減少

プーアル生茶の生産者の多くは、副製品として、プーアル熟茶や紅茶の生産をしておりす。しかし、原料茶葉の価格が上がったことから、今年は多くの生産者が紅茶やプーアル熟茶の生産を取りやめており、雲南省における紅茶の仕入れに関しては非常に苦労しました。

道路整備によるアクセス改善が値段上昇に寄与

もう一つの値段上昇の要因として、道路インフラの整備状況が関係していると想定されます。
中国では2008年頃より大規模な道路整備事業が行われており、雲南省の道路事情はここ数年で劇的に改善されました。
例えば、2010年の時点では12時間以上かかった区間が、今では数時間で到着できるようになりました。(2010年は景谷から、双江に抜けるのに2日かかりましたが、現在では数時間です。)
交通インフラが整備された結果、観光客やアマチュアバイヤーがこれまで殆ど近づくことがなかったような場所にまで、自家用車で容易に来られるようになりました。当然その結果、その地域は有名になり、お茶の値段は上昇します。

アマチュアバイヤーによる値段の上昇

アマチュアバイヤーなど、お茶の仕入れに慣れてない人は、「市場価格」というものが理解できておりません。基本的に自己消費を目的としているため、「自分が納得できるかどうかが」が規準となります。
多くの場合、相場よりも高い値段で購入してしまうことが多く、結果的にそれがその土地の相場を引き上げます。
私達の場合、生茶葉の値段を調べ、そこから逆算することで、お茶のコストを算出します。生産にかかる原価がいくらか把握することで、実際の相場を割り出すため、相場よりも高い値段で仕入れることは殆ど有りません。
2013年の時点で殆どの幹線道路が完成しておりましたが、今年は幹線道路 → 茶園の道路がいたるところで建設されており、新しく道路が建設された地域については、10%以上の値段上昇が見られました。

山の上まで舗装道路が建設されている有名産地

道路が建設されると、私達としては村へ容易に行けるようになりますが、同時に値段が上昇し、また、需要の上昇に伴い農家では肥料を使うようになるため、一般に品質は低下します。
皮肉なことに、せっかく道路が整備されても、良いお茶を、良い値段で仕入れるためには、更に奥地へと、道の整備されてない地域へと入り込む必要があり、私の出張はぜんぜん楽になりません。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

舘正規作の信楽荒土急須、冷まし、フリーカップが入荷
三重県四日市市の急須作家、舘正規氏作、HOJOオリジナルの信楽粗土で制作した急須、冷まし、フリーカップを発売し …
マレーシアで5年以上熟成さたビンテージプーアル茶2種を発売
マレーシアで長期熟成した2種類のお茶を発売しました。常夏のマレーシアでは熟成が早く進むことから、ビンテージ茶特 …

最新の記事 NEW ARTICLES

舘正規作の信楽荒土急須、冷まし、フリーカップが入荷
三重県四日市市の急須作家、舘正規氏作、HOJOオリジナルの信楽粗土で制作した急須、冷まし、フリーカップを発売し …
マレーシアで5年以上熟成さたビンテージプーアル茶2種を発売
マレーシアで長期熟成した2種類のお茶を発売しました。常夏のマレーシアでは熟成が早く進むことから、ビンテージ茶特 …
台湾烏龍茶のスペシャルグレードを限定で発売
2019年の春、台湾に仕入れに行った際、定番商品に加え、際だって印象に残った3種類のお茶を仕入れました。毎年リ …
紫茶単株プーアル生茶の限定販売
紫茶の単株茶(たんしゅちゃ)を発売しました。単株茶とは、一本のお茶の木のみから作られたお茶のことです。紫茶は稀 …
標高2300mの野生化した自然茶園産のプーアル生茶、白岩山高山茶
白岩山高山茶というプーアル生茶を発売しました。このお茶は2300mという非常に標高の高い地域にある、野生化した …
在来種と品種物のお茶の驚くべき違い!
お茶には、「挿し木で増やされる品種物」と「種から蒔かれる実生のお茶」の2種類があることをご存じでしょうか? 品 …
台湾三希の牙白シリーズ磁器を2種類新発売
台湾三希より新しい商品を仕入れました。 今回新たに追加したのは、大型の茶壺(急須)とやや大きめの茶杯です。 h …
プーアルジャスミンパールを品質アップグレードして発売
HOJOのオリジナルのお茶、プーアルジャスミンパールを品質アップグレードして再発売しました。長年のプーアル茶と …
プーアル茶は開封後1週間位で甘い香りが形成される
HOJOのプーアル茶は開封直後に直ぐ飲むよりも、封を開けて、最低1週間くらいおいてからの方が香りが遙かに強くな …
とにかく余韻が好きと言う人にお勧めのプーアル茶、大茶林古樹生茶を発売!
大茶林紫茶と大茶林古樹生茶の2種類のプーアル茶を発売しました。大茶林古樹生茶は高級プーアル茶の代名詞である単株 …

PAGETOP