長期熟成したお茶の開封時にはワインのデカンティングに相当する処理がお勧め

[2017.06.19] Posted By

HOJOではお茶の長期熟成をする際には無酸素での保存を推奨しております。ただし、無酸素で長期間熟成したお茶を飲み始める前は、ワインのデカンティングに相当する処理をするとよりフルーティで華やかな香りを楽しむことが出来ます。

熟成による甘い香りを引き出すには無酸素が理想的

お茶を「無酸素保存」すると熟成によりフルーツのような甘い香りが形成されます。一方、酸素に触れた状態で保存した場合、変化の速度は速いものの、無差別に酸化反応が進むため、熟成と劣化が同時に進み、甘い香りだけを優先的に引き出すことが困難です。尚、お茶の熟成(劣化についても)は温度と湿度に比例して早くなります。したがって、同期間の熟成でも、日本と熱帯地方では熟成の速度が全く異なります。私の経験上、東南アジアではお茶は日本の約2.3〜3倍の速度で熟成します。幸いにも私はマレーシアのクアラルンプールでも同じラインアップのお茶を販売しているため、熟成による結果を短期間で理解することが出来ます。過去に各種の保存実験をマレーシアで行った結果から私はお茶には無酸素での熟成が良いと結論づけ、現在HOJOのお茶は全て無酸素包装しております。実は、食品科学的視点からすると、食品の熟成には酸素が無い環境が理想です。例えば、ワイン、チーズ、ハムの熟成においても、基本空気に触れることがありません。例えば、ワインはボトルを寝かしコルクを常に濡れた状態にすることで、外気の侵入を防ぎます。仮にボトルを立てた状態で長期保存し、コルクが乾燥収縮し、外気が侵入します。その結果、ワインは熟成香というよりも滓ずけのような独特の臭いに変化します。ハムは熟成期間中ずっと空気にさらされているように見えますが、実際はハムの表面が硬化し、内部は直接空気には触れません。

お茶についても同様で、昔のプーアル茶は石のようにカチンコチンに圧縮されていたために、餅茶やブロック状に固められた茶葉内部は無酸素状態でした。つまり、昔のプーアル茶については、外気に晒していたとしても、内部は無酸素状態でした。以前から何度も説明しておりますが、お茶の熟成=酸化反応です。あまり知られておりませんが、無酸素でも酸化は進みます。お茶の成分が酸素を受け取る代わりに、他の成分から「電子」を受け取ることも化学では酸化と定義されます。

熟成はあらゆる種類のお茶に対して有効

お茶の熟成というとプーアル茶ばかりが注目されますが、実はあらゆる種類のお茶が熟成します。ただし、一般的な日本茶に代表されるような、肥料栽培により旨味成分(アミノ酸)を多く含むお茶は熟成に向きません。アミノ酸がメイラード反応を起こすことで、干しイカのような臭いを形成します。また、発酵度が低めのお茶ほど熟成した場合の変化が大きく、紅茶などでも、ファーストフラッシュのような発酵が低めのお茶の方が熟成に適しております。緑茶、紅茶、白茶、黄茶、烏龍茶、プーアル茶と種類を問わず熟成するため、数年以上保存することで熟成実験をしてみるのも楽しいと思います。

長期熟成したお茶は空気にさらすことが理想

長期間熟成されたワインは開栓後すぐ飲むのではなく、暫く時間が経過した後に飲んだり、デカンタを用いてデカンティングを行うことで香りがより華やかに変化する場合があります。デカンティングをする前と後とでは、銘柄が違うのかと思うほど香りに違いが生じます。デカンティングはワインの成分の酸化を促進し、揮発性の香気を引き出します。実はお茶に関しても同様の現象が観察されます。数年間熟成したお茶は、開封直後は栗やサツマイモのような甘い系の香りが中心となり、フルーティな香りが弱い傾向があります。私の経験上、開封後、数日間〜1週間くらいおくことで、華やかな花やフルーツの香りが形成されます。私の場合、プーアル茶にしても、鳳凰単叢烏龍茶、台湾烏龍茶にしても、長期熟成したお茶は必ず、開封し、数日間は空気に触れさせます。特に烏龍茶は水分が低めに押さえされているため、湿度の高い日に空気にさらすとより香りが強くなり、口当たりもやわらかくなります。

袋の端を軽くカットすると良い。

熟成したお茶を空気にさらす方法

空気にさらすと言っても、お茶を直接外気や光にさらすわけではありません。また、他の容器に移すのはお勧めしません。お茶は光に触れると急速に劣化します。袋を開封したら、末端を軽く折り返し、洗濯ばさみやクリップで止めてたり、或いは、袋の一部に切り込みを入れるだけで十分です。2年以上熟成したお茶は、空気に触れさせると数日で大きく変化します。香りの変化を観察するだけでも面白いと思います。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

佐渡島の渡辺陶三作無名異焼急須が3種類入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の茶器が入荷しました。 今回入荷した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元焼成、無 …
マレーシアで11年無酸素熟成したビンテージ茶を4種限定発売
マレーシアにて11年間無酸素で保存することで理想的な状態に熟成したビンテージ茶を発売しまました。これらのお茶は …

最新の記事 NEW ARTICLES

急須のサイズと湯の温度の関係
急須のサイズは色々有りますが、大きさによって冷える速度が違うことをご存じでしょうか? 急須の体積が小さくなるに …
佐渡島の渡辺陶三作無名異焼急須が3種類入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の茶器が入荷しました。 今回入荷した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元焼成、無 …
マレーシアで11年無酸素熟成したビンテージ茶を4種限定発売
マレーシアにて11年間無酸素で保存することで理想的な状態に熟成したビンテージ茶を発売しまました。これらのお茶は …
お茶の味に影響する日々の水質変化
毎日同じお茶、或いは同じ味噌汁を飲み続けていると、日によって味が違うと思うことはありませんか?実はこれには「水 …
雲南省の隣ミャンマー果敢産のプーアル熟茶を発売
雲南省の南西部鎮康県に隣接するミャンマーの果敢という地域で作られたプーアル熟茶を発売しました。後味が極めて濃く …
雲南省自然栽培茶の白茶、栗香白牡丹2017を発売
雲南省の標高2000-2200mの無農薬無肥料の自然栽培茶園産の茶園で収穫された茶葉を原料に用い、福建省の白茶 …
中国茶器市場に突如現れた日本風の茶器
過去数年間、各種メデイアで中国人観光客の爆買いが盛んに報道されておりましたが、時同じくして日本の茶器、特に鉄瓶 …
2017年産のプーアル茶・白茶の新茶発売
2017年に仕入れたプーアル生茶及び白茶の一部を数種類発売しました。残りについても順次発売していきます。 大雪 …
1本のお茶の木のみから収穫した単株プーアル生茶の予約販売
特定の一本のお茶の木のみから作られお茶を単株茶と呼びます。今年の雲南省での仕入では毎日いろんな山を歩き回り、半 …
伊賀天然朱泥と佐渡の無名異上赤急須が入荷!
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の急須と、佐渡島の渡辺陶三氏作の無名異上赤急須が入荷しました。 村田益規作の伊賀天然 …

PAGETOP