プーアルのプーアルハンター

[2010.06.16] Posted By

西双版納の次は普洱(プーアル)へ向かいました。普洱と言えば、普洱茶の語源にもなっているくらい、プーアル茶とは切っても切れない関係にあります。その昔、雲南省南部のお茶は茶馬古道を通じてプーアルへと集積され、そこから更に北西へと運ばれていったのでした。

 

現在も、普洱には多くの茶商が店や事務所を構えております。
普洱の場合、南部の西双版納にも、无量山にも近いため、各地から良質のお茶を集めてくるのに最適の立地条件にあります。
その様な立地を生かし、普洱には无量山南部のお茶を仕入れに行きました。
話はややそれますが、お茶を買う場合、以下の方法があります。
1.中国のお茶専門貿易商社を通じて買う
2.各地域を代表するプーアル茶の工場から買う
3.農家から直接買う
4.プーアル(問屋)ハンターから買う
一番問題外なのはNo.1の方法です。
ただ、この方法は非常に楽なので、日本国内外の多くの会社がこの方法を採用しております。
商社の場合、お茶の知識の質が低く、また、安定供給できる品質しか紹介してくれないため、結果的にNo.2の工場から買って、それを海外に輸出している場合が殆どです。
No.2の方法の場合、良いお茶も悪いお茶もブレンドされてしまいます。このため、決して良いお茶は入手できません。
「量を売ってなんぼ」の工場の場合、質よりも量重視で、平均点的なお茶は入手できても、高品質のお茶は入手が困難です。
No.3の場合、値段は安くつきますが、非常に高いリスクを伴います。
まず、農家は自分の作っているお茶のことは分かっていても、お茶全体に対する大局観がないため、値段的にも品質的にもギャンブルになりかねません。
私が好んで採用しているのは、No.4の方法です。
個人経営する中国国内向けのお茶問屋を探し、その専門家と共にお茶を探します。
この場合、一緒に農家に行くこともあるし、何よりも、自分の求めているお茶を説明しやすく、私の求める内容に対し打てば響くように反応してくれます。
直接買うよりは多少コストが高くつくように感じますが、結果的に割安で良い品質が探し出せます。
今回、普洱へ行ったのも、プーアルハンターと会うためでした。
普洱の町はこじんまりとしており、気候も暑すぎず寒すぎずとても過ごしやすい場所でした。
ただ、残念なことに、私は西双版納で最後に食べた、火鍋が原因で、極めて深刻な食中毒になっており、お茶のテイスティング以外の時間は殆ど寝て過ごしました。
puerh town
プーアルの町:手前に見えているのは茶園(緑茶等を生産)

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …

PAGETOP