明の時代の作り方を受け継ぐ鳳凰単叢緑茶

[2016.09.30] Written By

img_3561

鳳凰山や武夷山には樹齢が400年を超えるお茶の木があります。特に鳳凰山には樹齢900歳とも言われる茶樹も現存しております。しかし、お茶に関係する歴史書などによると中国で烏龍茶が普及したのは1600年代と記されております。烏龍茶が作られるようになる以前ですが、鳳凰山では緑茶が作られておりました。色々探索した結果、昔ながらの手法で作られている緑茶を仕入れることに成功しました。

img_3534

img_3441

img_3549

鳳凰単叢烏龍茶や武夷烏龍茶が開発されたのは1600年代

「武夷茶歌」阮文锡(1627-1710) には既に武夷烏龍についての記述があり、また、 「茶说」 崇安县令王梓 (1706)の文中には「武夷烏龍は非常に人気があり、この技術を安渓の人々が模倣し生産しようとしている」という内容が記載されております。
中国名茶志によると、明の時代武夷山では武夷松萝茶 と呼ばれる緑茶が普及していたとの記載があります。また、「潮中杂记」 郭子章 (1582年頃)によると潮州のお茶はそれほど高くなく、品質の良いお茶は鳳凰山で作られた鳳山茶との記載があります。この鳳山茶は別名:黄茶と呼ばれていたとも記録されております。当初、鳳山茶=黄茶?と戸惑ったのですが、知り合いを通じて広東省にある華南農業大学の研究者に確認をしたところ、鳳山茶が黄茶と呼ばれたのは、お茶の液の色が黄色かったためであり、種類的には緑茶に相当するとの回答が得られました。これらは基本釜炒り緑茶なのですが、現在の鳳凰単叢烏龍茶や武夷烏龍茶のように最後に焙煎工程がありました。武夷松萝茶と鳳凰の鳳山茶の共通点は、最後に焙煎工程を伴う点です。この技術は今日の鳳凰単叢烏龍茶や武夷烏龍茶と同じで、乾燥した水分を落とした段階ではまた、完成ではなく、最後に炭火で炭焙をすることで香りを高め、また、お茶を品質的に安定にします。

img_3752

鳳凰単叢緑茶の特徴は最後の火入れ工程

現在、鳳凰山と言えば鳳凰単叢烏龍茶が有名ですが、実は、当時の明の時代の作り方を踏襲したお茶は今も細々と作られております。ただし、烏龍茶と異なり生産者が非常に限定されているため、私も今年初めて緑茶の生産者に出会いました。今回仕入れた鳳凰烏崠水仙単叢緑茶が鳳凰山における明代の緑茶になります。具体的な生産工程は以下の様になります。

  1. 茶摘みは4月の始めに行われ、1芯3-4葉でお茶が摘まれます。
  2. 室内萎凋
  3. 釜炒りによる殺青
  4. 揉捻
  5. 乾燥
  6. 炭焙(焙煎):80℃の低温でじっくりと焙ることで、香りを高めます。

最後に炭焙をするのは明代の緑茶の作り方の特徴であり、現在においても、この生産方法を踏襲する緑茶は中国各地に見られます。例えば、広西悟州の六堡茶なども同じような製造方法です。

img_3559

img_3569

img_3758

玉露のような香りと非常に深い余韻

鳳凰烏崠水仙単叢緑茶は、見た目は鳳凰単叢烏龍そのものです。ただ、よく見ると、茶葉が緑茶のような濃い緑色をしております。いれかたとしては、一般的な中国緑茶のように、4g-5gを200mlで1分ほどいれても良いですし、本場の方法を踏襲するなら工夫式にて、2回洗茶をし茶葉の温度を十分に高めた後に、5gを100ml位の湯にて、数秒内でいれると方法も良いと思います。
香りは仄かに花の香りがします。私はマリーゴールドの香りに近いと思いました。また、見方によっては、玉露とそっくりの香りがします。知らずに飲んだら、少し萎凋をして作られた、質の良い玉露と思うかも知れません。烏崠山の標高1000m付近で収穫された茶葉を使用しており、余韻が極めて深く、味的には質の良いプーアル生茶のようです。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

雲南省臨滄市永徳県産、稀少な野生茶の白茶と生茶を発売
雲南省臨滄市永徳県の標高2200mに自生する野生のお茶を原料に、プーアル茶と白茶を作り上げました。 このお茶は、人が栽培した茶園産では無く、自然に自生する天然の野生のお茶から作られた非常に稀少なお茶です。 2019年に新 …
贅沢なマスカテルフレーバー!蜜香紅茶(無農薬)を発売
蜜香紅茶を発売しました。このお茶はHOJOのラインアップに入っているにもかかわらず、何年も品切れが続いており、多くの人からお問い合わせを頂いておりました。 今回紹介する蜜香紅茶は無農薬の茶園から仕入れました。 https …

最新の記事 NEW ARTICLES

雲南省臨滄市永徳県産、稀少な野生茶の白茶と生茶を発売
雲南省臨滄市永徳県の標高2200mに自生する野生のお茶を原料に、プーアル茶と白茶を作り上げました。 このお茶は、人が栽培した茶園産では無く、自然に自生する天然の野生のお茶から作られた非常に稀少なお茶です。 2019年に新 …
贅沢なマスカテルフレーバー!蜜香紅茶(無農薬)を発売
蜜香紅茶を発売しました。このお茶はHOJOのラインアップに入っているにもかかわらず、何年も品切れが続いており、多くの人からお問い合わせを頂いておりました。 今回紹介する蜜香紅茶は無農薬の茶園から仕入れました。 https …
お茶を美味しくするHOJOのオリジナル急須&茶壺4種が入荷
新たに以下の茶器が入荷しました。 https://hojotea.com/categ/teaware.htm 渡辺陶三作 秋津無名異酸化焼成 渡辺陶三作 秋津無名異還元焼成 渡辺陶三作 野坂粗土還元焼成 舘正規作 信楽粗 …
ステンレスで沸かしたお湯とお茶との意外な相性?!
お茶を飲む際にどのような材質の湯沸かしでお湯を沸かすべきか、悩まれると思います。 中国・台湾におけるお茶のプロはステンレスでお湯を沸かすことが多いのが実情です。 実際、ステンレスが味の点でベストなのか、検証してみました。 …
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏の無名異焼急須・茶壺・宝瓶など4種を発売
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏作の茶器(急須、茶壺、宝瓶)を発売しました。 今回発売した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成の4種類です。 急須に含まれるミネラルと味との密接な関 …
武家寨古樹生茶 2021 散茶と鳳凰単叢老叢鴨糞香2020を発売
武家寨古樹生茶 2021の毛茶(散茶)と鳳凰単叢老欉鴨糞香2020を発売しました。 武家寨古樹生茶 散茶 2021 武家寨は雲南省臨滄市永徳県にある山村です。 茶園は標高約2000m〜2200mに位置しており、4-5月に …
ほのかに香る蜜香が特徴!標高2300m付近の自然栽培茶による高山白茶を発売
高山白茶を発売しました。このお茶は標高2100m〜2300mの高地で摘まれた1芽2葉のお茶から作られた白茶です。味がやわらかく、草木、紫蘇、蜜、桃を連想するような爽やかな香りが特徴のお茶です。 茶園が村から離れているため …
標高2000mにある樹齢数百歳の自然栽培茶、古樹白茶2021を発売
古樹白茶2021を発売しました。 力強い余韻と、花やハーブのような甘い香りがするお茶です。 原料の質は白茶の品質の要 一般的に白茶と言えば福建省産がよく知られております。ただ、福建省の白茶は、製茶技術こそ非常に素晴らしい …
プーアル茶の当たり年!2019年産の宮廷金毫を発売
宮廷金毫2019を発売しました。2019年は当たり年と言うことも有り、乾燥フルーツ香がしっかりと感じられ、質の良いお茶に仕上がっております。 https://hojotea.com/item/d41.htm 熟茶の質は生 …
佐渡島渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須・茶壺を発売
佐渡島の渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須と茶壺を発売しました。 https://hojotea.com/item/tozo_nosaka.htm ふくよかさと後味を強化する野坂粗土 野坂粗土の酸化焼成は、ふくよかさ( …

PAGETOP