• ホーム >
  • プーアル茶(普洱茶)と黒茶

プーアル茶というと、円形の餅茶や四角いブロック状の磚茶、或いは、キノコのような形状のトウチャなど、お餅のような硬い塊に加工されているイメージがあります。しかし、プーアル茶には散茶もあることをご存じでしょうか?雲南省の産地ではプーアル茶と言えばむしろ散茶を指します。HOJOではプーアル茶は散茶と餅茶の両方を販売しております。
本コラムでは同じプーアル茶で、散茶と圧縮されたお茶ではどう違うのか、また、どのような目的に応じて選び分けたら良いのか説明したいと思います。

産地でプーアル茶を仕入れるときは散茶の形態

日本国内は勿論ですが、昆明や広州、上海などのお茶市場でプーアル茶を購入しようとした場合、多くのお茶は既に円形や長方形の塊に圧縮されております。
しかしながら、産地の生産者からお茶を仕入れる際は、基本、散茶(毛茶)で仕入れるのが一般的です。HOJOではプーアル生茶も熟茶も、雲南省の各産地の1次生産者から直接仕入れており、散茶で購入しております。
仕入れたお茶は散茶で売ることも出来るし、餅茶等に加工することも出来ます。餅茶に加工したい場合、散茶を緊圧職人の工場へと持ち込み、各種生産条件を指定し、それぞれの形状・サイズへと加工を行います。

緊圧茶は水蒸気を通すことで加工

緊圧をする際は、散茶(毛茶)に蒸気を通し、お茶をやわらかくします。熱と湿度でやわらかくなったお茶は、布の型に入れられ、加圧する事で成形されます。こうして出来上がった餅茶等はその後数日〜1週間かけて自然乾燥されます。ただし、蒸気を加える際に、熱が加わり、味香りの点で影響を少なからず受けます。また、緊圧直後の餅茶は水分を吸っておりますが、乾燥に数日の時間がかかり、それによる香りや味の変化が起こります。緊圧の際にかかる熱と水分ゆえに、餅茶を散茶とは違うの個性を呈します。

以下に、散茶と緊圧茶のそれぞれのメリットデメリットを説明したいと思います。

散茶のメリットとデメリット

散茶は作りたてのお茶です。熱や水分によるダメージが少ない為、花のような新鮮な香りが感じられます。
味がより豊に感じられ、舌触りが滑らかで、雑味が少ない点も散茶のメリットです。
また、圧縮されてないため、餅茶をほぐす手間がいらず、手軽に飲むことが出来る点もメリットです。

デメリットは嵩張る点です。非常に嵩張るため、保管場所を取ります。
また、嵩張る=散茶は空気に触れる面積が多く、有酸素下で経年熟成させた際、劣化と熟成が同時進行し、あまり理想的な熟成(甘い香りの形成)をしません。
HOJOではこの問題を解決するために、無酸素包装をしております。この為、袋を開封しない限り散茶でも理想的な熟成をします。

茶葉由来の新鮮な花や柑橘系の香り、萎凋による甘い香りがより感じやすいという点で、散茶はとても親しみやすいお茶です。プーアル生茶を初めて飲まれる方には散茶がお勧めです。
かといって、散茶は初心者の為のお茶というわけではありません。香りの個性がしっかりしており、同じお茶の場合、餅茶よりも味が良いため、プロの間でも散茶は好んで飲まれます。

餅茶のメリットとデメリット

餅茶は圧縮されているために持ち運びが容易であり、熟成のために沢山保存したい場合も保管場所がコンパクトで済みます。

プーアル茶の熟成と劣化は紙一重です。酸素に触れているお茶は劣化と熟成が同時進行するのに対し、無酸素で保存されているお茶は熟成のみが選択的に進みます。

餅茶は圧縮によって餅茶内部が無酸素状態となっているため、有酸素下で保存しても内部が劣化しにくいというメリットがあります。ただし、HOJOでは散茶も餅茶も無酸素包装しているため、散茶も餅茶の両形態ともに理想的な熟成をします。
中国、台湾、東南アジアでは有酸素保存が一般的ですが、このような保存方法の場合、餅茶は散茶よりも理想的な熟成をします。ただし、圧縮を固めにしていることが前提となります。圧縮を弱めの圧力で行った場合、酸素が内部に入り込み、劣化が進みやすくなります。詳しくは以下のコラムをご参照ください。
https://hojotea.com/jp/posts-887/

餅茶の場合、圧縮によって茶葉同士が近接しており、互いの茶葉から生じたエキスが混ざり合うため、成分間の反応が起こりやすく、熟成が多少早く進みます。

緊圧をする際に蒸気を通すことで茶葉が加熱されます。その結果、味がシャープになり、口に含んだときの液体の豊かさが散茶よりも軽減します。
ただし、加熱工程による影響は表裏一体です。蒸気で茶葉が加熱されると、それによって味のトーンが上がり、透明感が増すため、この味わいを好む人もおります。

また、熱処理により茶葉の酸化臭が軽減します。ちょうど、少しヒネ臭がする海苔を火で炙るのと同じ原理です。微酸化したお茶や、製茶工程に微妙な問題があるお茶は、散茶で飲むと問題が気になりますが、餅茶に加工するとスッキリとした味わいになり、細かな問題は気にならなくなります。

緊圧後の餅茶は、数日間かけて乾燥されます。乾燥に時間がかかるため、この間に香りがマイルドになり、揮発性の高いトーンの香り(トップノート)は失われます。

基本、餅茶は熟成向きです。経年熟成によって形成されるお茶の熟成香(蜂蜜、黒糖、乾燥フルーツのような香り)を楽しみたい場合は餅茶をおすすめします。
HOJOでも5年以上熟成した餅茶なども取り扱っております。散茶も長期熟成をすることは可能ですが、非常に場所を取るため、長期熟成をする場合餅茶が一般的です。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏の無名異焼急須・茶壺・宝瓶など4種を発売
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏作の茶器(急須、茶壺、宝瓶)を発売しました。 今回発売した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成の4種類です。 急須に含まれるミネラルと味との密接な関 …
武家寨古樹生茶 2021 散茶と鳳凰単叢老叢鴨糞香2020を発売
武家寨古樹生茶 2021の毛茶(散茶)と鳳凰単叢老欉鴨糞香2020を発売しました。 武家寨古樹生茶 散茶 2021 武家寨は雲南省臨滄市永徳県にある山村です。 茶園は標高約2000m〜2200mに位置しており、4-5月に …

最新の記事 NEW ARTICLES

佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏の無名異焼急須・茶壺・宝瓶など4種を発売
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏作の茶器(急須、茶壺、宝瓶)を発売しました。 今回発売した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成の4種類です。 急須に含まれるミネラルと味との密接な関 …
武家寨古樹生茶 2021 散茶と鳳凰単叢老叢鴨糞香2020を発売
武家寨古樹生茶 2021の毛茶(散茶)と鳳凰単叢老欉鴨糞香2020を発売しました。 武家寨古樹生茶 散茶 2021 武家寨は雲南省臨滄市永徳県にある山村です。 茶園は標高約2000m〜2200mに位置しており、4-5月に …
ほのかに香る蜜香が特徴!標高2300m付近の自然栽培茶による高山白茶を発売
高山白茶を発売しました。このお茶は標高2100m〜2300mの高地で摘まれた1芽2葉のお茶から作られた白茶です。味がやわらかく、草木、紫蘇、蜜、桃を連想するような爽やかな香りが特徴のお茶です。 茶園が村から離れているため …
標高2000mにある樹齢数百歳の自然栽培茶、古樹白茶2021を発売
古樹白茶2021を発売しました。 力強い余韻と、花やハーブのような甘い香りがするお茶です。 原料の質は白茶の品質の要 一般的に白茶と言えば福建省産がよく知られております。ただ、福建省の白茶は、製茶技術こそ非常に素晴らしい …
プーアル茶の当たり年!2019年産の宮廷金毫を発売
宮廷金毫2019を発売しました。2019年は当たり年と言うことも有り、乾燥フルーツ香がしっかりと感じられ、質の良いお茶に仕上がっております。 https://hojotea.com/item/d41.htm 熟茶の質は生 …
佐渡島渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須・茶壺を発売
佐渡島の渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須と茶壺を発売しました。 https://hojotea.com/item/tozo_nosaka.htm ふくよかさと後味を強化する野坂粗土 野坂粗土の酸化焼成は、ふくよかさ( …
知ってますか?発酵食品とお茶の発酵の違い
紅茶や烏龍茶は「発酵茶」と表記されますが、実際のところ、発酵食品なのでしょうか? 本コラムでは、お茶と一般的な発酵食品の違いについて詳しく説明したいと思います。 一般的な発酵食品とは 一般に発酵食品といえば、生産に微生物 …
松林大樹茶園 単株古樹生茶2019を限定量のみ発売
2019年産の単株プーアル生茶、松林大樹茶 単株生茶 2019 を発売しました。 このお茶は、松林の間にひっそりと自生する、樹齢300歳越えの大木から収穫された単株生茶です。 日陰の木のみ選んで収穫していることから、日陰 …
古樹白茶:7種類の茶園の飲み比べセットを期間限定で予約販売
茶園ごとに包装した古樹白茶の飲み比べセットを予約販売します。 ブレンド前の今の時期のみ可能な、限定のセットになります。 農家に白茶の正しい作り方を指導することで原料と加工の質を両立 雲南省には、標高の高い茶園、樹齢の古い …
標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売
ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …

PAGETOP