• ホーム >
  • お茶の品質を決める各種要素

IMG_2489
近年プーアル茶愛好家の間で老木から作られたプーアル茶がブームになっております。実際に中国で販売されているプーアル茶で「老木」という文字がないお茶は殆ど見あたらない程、殆どのお茶が老木から作られたという謳い文句と共に販売されております。実際に雲南省へ行けば分かる事ですが、「老木」はそう沢山ありません。市場で老木を謳っているいるお茶の殆どは、老木から作られてないというのは雲南省のお茶関係者の間では常識です。本当に老木から摘まれたお茶を入手するには、農家及び一次加工業者と取引し、原料の茶葉から管理する他ありません。

単株プーアル茶

私は仕事柄、単株プーアル茶と言って、特定の木のみから作られたお茶を飲む機会が頻繁にあります。単株プーアル茶はちょうど、鳳凰単叢烏龍茶と同じで、1本の木から作られたお茶を意味する言葉です。「単叢」という言葉が潮州で使われるのに対し、雲南省では「単株」という言葉が一般的に用いられます。多くの場合、単株プーアル茶が作られるのは、①家族及び親族が飲むためか、②老木の品質・個性を勉強するために実験的に作られる事が一般的です。私は仕事柄、単株プーアル茶は割と頻繁に飲む機会があります。そこで私が単株プーアルを飲んだ経験から理解した老木の特徴を紹介したいともいます。

果たして、老木の木から作られたお茶は美味しいのでしょうか?

老木になる事で強くなるのは後味(余韻・コク)の強さです。老木から作られたお茶の場合、老木だからと言って、香りが強くなるわけではなく、味が非常にやわらかくなり、余韻が長く続きます。余韻が長くなると言うことは、香りに関しても奥行きが生じることから、鼻や口元で感じることが出来る香りはむしろ弱まります。中国では「茶気」という言葉がありますが、これこそまさに「韻」の深さ、つまり「余韻」を指す言葉です。ただ、多くの人が、ボディ(ふくよかさ)を茶気と勘違いしている傾向があります。ボディに関しては、木の樹齢とは関係無く、土壌とお茶の木の種類(品種)で決まります。一般に、老木の横に若い木があった場合、両方の木から採れたお茶は同じようなボディを示します。

余韻の強弱は誰にも理解できるわけではない

実際、数割の人は後味(余韻)という感覚が全く分かりません。また、残り数割の人は、比較すると分かるものの、いきなり飲んだ場合、余韻の強弱が判断できません。音楽の絶対音感と同じで、飲んだ瞬間に余韻の強さが分かる人はごく少数です。折角の老木の特徴も高価な楽器と同じで、誰にもその凄さが理解できるわけではありません。ただし、余韻の深さを理解する能力はトレーニングによって多少改善されます。残念ながら、遺伝がゆえか、幾らトレーニングをしても全く余韻が分からない人もおります。

IMG_2435

余韻が非常に深い完全自然栽培のお茶の木

老木は品質要素の1つに過ぎない

ただし、老木の余韻(茶気)が強いというのは、その他の栽培条件が全て同じであることが前提となります。最近では老木のお茶が高く売れることから、肥料を与えたり、地面の草を全て除いてしまったり、剪定をすることで成長速度を速めたりと、農家が過度に世話をする傾向があります。このような老木は、自然栽培の若い木よりもはるかに弱い余韻となります。有名地域にある老木の殆どがこのような状況です。逆に、老木でなくとも、無肥料・無剪定のまま、周りの生態系と調和しているようなお茶は、驚くほど深い余韻のお茶になります。老木かどうかと言うのは、多くの品質要素の1つに過ぎず、それに振り回されるべきではありません。むしろ、余韻が正確に感じられるように自分の感覚を磨き、良いお茶を飲んだときにその良さを理解できるようになることが重要だと思います。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2020年産の各種新商品を発売のお知らせ
最近、立て続けに数種類の新商品を発売しましたのでお知らせいたします。 鳳凰単叢烏龍茶 https://hojotea.com/item/houou.htm 2020年産の鳳凰単叢を3種類発売しました。今年はお茶のシーズン …
秋津無名異 酸化焼成の急須・茶壺・宝瓶が入荷
渡辺陶三氏作の秋津無名異 酸化焼成の急須、茶壺、宝瓶が入荷しました。 https://hojotea.com/item/tozo_akitsu.htm 天然土ゆえの個性的な外観 渡辺氏は自ら山の土を掘り、自前で全て精製し …

最新の記事 NEW ARTICLES

【お茶のレシピ】茶飯が楽しい!紅茶、プーアル茶、白茶、烏龍茶、緑茶で驚きの美味しさに!
お茶を水の代わりにいれてご飯を炊くと、お茶ご飯が出来ます。このお茶ご飯が想像以上に美味しいので紹介したいと思います。 茶飯と言っても、緑茶だけではなく、紅茶、白茶、烏龍茶、プーアル茶、ジャスミン茶などいろんな種類のお茶で …
プーアル茶の餅茶と散茶、どちらを選ぶべき?
プーアル茶というと、円形の餅茶や四角いブロック状の磚茶、或いは、キノコのような形状のトウチャなど、お餅のような硬い塊に加工されているイメージがあります。しかし、プーアル茶には散茶もあることをご存じでしょうか?雲南省の産地 …
2020年産の各種新商品を発売のお知らせ
最近、立て続けに数種類の新商品を発売しましたのでお知らせいたします。 鳳凰単叢烏龍茶 https://hojotea.com/item/houou.htm 2020年産の鳳凰単叢を3種類発売しました。今年はお茶のシーズン …
秋津無名異 酸化焼成の急須・茶壺・宝瓶が入荷
渡辺陶三氏作の秋津無名異 酸化焼成の急須、茶壺、宝瓶が入荷しました。 https://hojotea.com/item/tozo_akitsu.htm 天然土ゆえの個性的な外観 渡辺氏は自ら山の土を掘り、自前で全て精製し …
蘭の花のような香り!安渓産の鉄観音清香型を発売
鉄観音清香型を発売しました。このお茶は中国福建省にある、安渓の祥华福新村産の春茶から作られた蘭の花のような香りがする烏龍茶です。 鉄観音は品種名 鉄観音とは鉄観音という品種のお茶から作られた烏龍茶を指します。 鉄観音は品 …
プーアル生茶の散茶、武家寨2018を発売しました。
2018年産の武家寨 プーアル生茶を発売しました。このお茶は2018年に作ったのですが、より個性を際立たせるために2年間熟成をしました。熟成させたことで乾燥フルーツ系の甘い香りが強く感じられるようになりました。 標高20 …
朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露です。 玉露やぶきたは朝比奈玉露 玉露やぶきたは、静岡県藤枝市岡部町の朝比奈川流域の茶園で作られた朝比奈玉露で …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほどのお茶の木から摘まれた、無農薬無肥料の自然栽培茶を原料としております。 伸びやかな後味と濃く甘い香りが特徴の …
渡辺陶三氏作の秋津無名異還元焼成急須と野坂粗土宝瓶が入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の急須と宝瓶が入荷しました。 今回入荷したのは、秋津無名異還元焼成の急須と、野坂粗土の宝瓶です。どちらも生磨きのモデルです。 秋津無名異還元焼成 秋津無名異還元焼成でお茶をいれると、酸化焼成と炭化還元 …
独木春古樹生茶の散茶を限定量発売
独木春古樹生茶の散茶(春茶)を発売しました。このお茶ですが、2018年産、2019年産、2020年産をブレンドすることで非常に飲みやすい香りに仕上げております。 https://hojotea.com/item/d31. …

PAGETOP