プーアルバブル

[2007.07.01] Posted By

暫くブログがかけませんでした。

新しい店のインテリアデザイン関係の仕事と、2週間前に設置したONE-UTAMAの店頭販売に追われ、なかなかブログまで辿り着くことが出来ませんでした。
話は変わり、お茶の買付の話です。
お茶はきれいに包装されていると、なんだかオシャレで、「高価な嗜好品」と言う感じがしますが、元を正せば農作物です。
農作物である限り、原料の値段は大幅に変動します。
値段の変動は需要と供給のバランスにより大きく影響されます。
①供給の低下:雨が続き、或いは、悪天候が続き収穫量が低下することで、原料が不足
②需要の増加:ブーム、或いは、大手企業の買い占めにより原料が急遽不足
当然私たちお茶会社としては、原料が安いときに沢山買い占めたいところですが、お茶の場合、そう長く保存がきかないため、値段が高くても、泣く泣く買わざるを得ません。当然そう言った場合、必要な量だけを買う等の微調整が必要となります。
実は今年、中国茶のマーケットが大変なことになっております。
雲南省のプーアル茶の値段が数倍に高騰したのです。この原因として、マレーシアを初めとする、アジアの大手貿易会社が膨大な量のお茶を買い占めたためと言われております。更に、今年の冬場、非常に乾燥した天気が続いたために、お茶そのものの収穫量が減少しております。
プーアル茶マーケットが高騰したことにより、雲南省を始めその周辺の省では、あらゆる茶葉をプーアル茶の生産にまわしてしまいました。これによりいちばん大きな打撃を受けたのが、雲南省で作られている他の茶葉です。特にひどく影響を受けたのは、雲南紅茶です。私も雲南紅茶をゴールドラッシュというお茶に用いているため、原料価格が高騰してしまい冷や汗ものです。
更に、他のお茶に関しても値段が軒並み1.5倍から2倍に高騰しており、私としては早くマーケットが元に戻ってくれることを願っております。
昨日入手した情報によると、再び、プーアルマーケットは激しく下落を始めたとのことです。早く、正常な状態に戻ってくれることを願っております。
ところで、沢山の方にダージリンのサンプルをお申し込み頂き有り難うございました。
美味しく飲んで頂だくため、水にはくれぐれもご注意ください。「お茶を飲む」際、主役は「水」です。私の経験ですが、水が変わると味が全く変わります。私としては、天然ミネラルフォーターを推薦します。
因みに、私の今いる家の水道水を用いてDファーストフラッシュを淹れると、フルーツの香りが全くしません。「あれ?茶葉が急に古くなったのかな?」とドキドキして、ミネラルフォーターで淹れ直したところ、いつものフルーティな香りを感じることが出来ました。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …

PAGETOP