• ホーム >
  • お茶のコラム-雑学-歴史-文化

雲南省のプーアル茶用茶葉
雲南省の茶葉=大葉種、そして雲南大葉種はポリフェノールを多く含むため紅茶や発酵茶に向くという記述を良く目にしますが、雲南省のお茶=大葉種という点について私は少し違った意見を持っておりますので紹介します。

雲南省のお茶は大葉種だけではない

プーアル茶の仕入で実際に雲南省の茶園を歩き回ると分かることですが、雲南省にあるお茶は大葉種だけではありません。茶園を歩き回ると、驚くほどに様々なサイズ、様々な形状の茶葉を目にします。産地を歩くと、中国種と呼ばれるCamellia sinensis var. cinensisのような小さくて丸っこい茶葉から、烏龍種のような尖った茶葉、アッサム種のような大きく尖った茶葉まで様々です。

雲南省で見かけた樹齢500年位のお茶の木:小葉種の茶葉

プーアル茶

プーアル茶

プーアル茶の茶葉

まるで烏龍種のような細長い茶葉

プーアル茶の茶葉

実際、小葉のお茶の木でも、雲南省には樹齢が500年以上のものが豊富にあります。この事から、小葉のお茶も中国の北部から持ち込まれたのではなく、雲南省内に野生茶として昔から自生していたか、交配や変異で生じたと考えるほうが自然だと思います。雲南省では伝統的にお茶は種から撒かれておりました。種から撒くことを「実生」と言いますが、種は知っての通り、雄しべと雌しべが交配しなければ出来ません。つまり、雲南省のお茶は数千年以上前から、複雑に交配が繰り返され、今日に至っており、雲南省のお茶=大葉種と呼ぶのは的外れです。

プーアル茶の茶葉

小型の茶葉を有する老木

プーアル茶の茶葉

樹齢数百歳以上のお茶の老木

肥料の有無によってサイズが激変するお茶の葉

因みに、お茶に限らず植物の葉のサイズは肥料の量に比例して大きくなります。肥料を与えると言うことは、お茶はより成長しようとするため、光合成をより多く行うために、より緑色になり、より多くの光を吸収するために葉はより大きな面積へと変化します。自然栽培茶等は、肥料を殆ど与えられてないため、お茶の葉のサイズは非常に小さく、そして色合いも黄色に近い色をしております。

プーアル茶の茶葉

肥料によって巨大化した茶葉

プーアル茶の自然栽培茶園

無肥料栽培により茶葉が黄色く変色し小型化したお茶の木

プーアル茶の茶園

同じ茶園内にもかかわらず、肥料を与えられたお茶の木は右のように緑色に変色し、大型化しているのに対し、左のお茶の木は無肥料ゆえに茶葉が小型化し、黄色を呈しておりました。右側の木はより樹齢が高く、高値で販売できるために農民がより多くの肥料を与え、収穫量を増やそうとした結果です。

ポリフェノール量は栽培方法によって劇的に変化する

アッサム種はポリフェノール量が多いことから発酵茶に向くという話ですが、確かに、全く同じ条件でお茶を栽培した場合、アッサム種をはじめとする大葉種系のお茶は小葉種よりもより多くのポリフェノールを作るかもしれません。しかしながら、ポリフェノール量は肥料の有無、施肥量によって劇的に変化します。日本における肥料を与えてアミノ酸量を増やす作り方をしたお茶と、日本式の自然栽培茶に含まれるポリフェノール量を合計タンニン量換算で比較したデータを見ると、自然栽培茶にはポリフェノールが約3倍含まれておりました。つまり、ポリフェノールを多く含む茶葉を求めたい場合、品種の選択よりも作り方のほうがはるかに重要になります。

残念ながら、私が参照したデータは有る地域の各農家のお茶を分析したもので、非公式のものであるため掲載できません。近将来改めて自分で分析をして紹介したいと思います。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …

最新の記事 NEW ARTICLES

高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …
1つの急須で沢山の種類のお茶を淹れても良いかどうか?
1つの急須を複数の種類のお茶で共有しても良いかどうかと質問されることが頻繁にあります。特に東南アジア、西洋のお …

PAGETOP