昨年に引き続き、今年も白樹プーアル生茶と白樹紅茶を作る計画しております。白樹プーアル生茶については今年も予約販売を行う予定です。白樹茶とは自然栽培茶でかつ、日当たりが非常に強い場所で成長が非常に遅く、木の幹が白くなったお茶の木のみから収穫されたお茶の事です。詳しくは以下の記事をご覧ください。

https://hojotea.com/jp/posts-324/

草原に見えますが、一応茶園です。自然栽培茶園は植物が共生しておりお茶が主役ではありません。

白樹茶の自然栽培茶園を訪れ状況を確認

白樹紅茶を作る上で最も重要なのは、野生化した茶園の存在です。近年、自然栽培茶園が次ぎ次と肥料栽培へと変わっている為、昨年の経験を元に、安易に同じ茶園から生茶葉を買い取るのは非常に不安を感じます。そこで、先日産地へ出向き、茶園が自然な生態系を維持しているかどうか改めて確認を行いました。自然栽培茶園の保護のため詳細な産地の名称までは開示しませんが、白樹茶の産地は臨滄の南西部にあるミャンマー国境から50km以内、標高2000m程度の高山にある茶園です。

一見すると枯れそうなお茶の木

茶園は相変わらず、雑草地帯と思われるほどに自然の草木に囲まれており、お茶の木は(私の目から見ると)健康的な状態でした。おそらく、一般のお茶の専門家が見たら、「大変!肥料を入れないと枯れる」と思われるかも知れません。
お茶の木は一見するとヒョロヒョロで直ぐにも死にそうに見えますが、実際には、環境中から得られる窒素にあわせて、枝や葉の量をコントロールしております。日本の茶園でも窒素肥料が不足すると、お茶の木は枝枯れを起こします。これは見方によっては死んでいっているように見えますが、実際には窒素の供給量が減ったことに対応するために、枝を枯らすことで窒素消費量を捉えていると推察されます。お茶の木の周りの草木が自然な状態を維持している限り、土壌を通じ、窒素は循環され、お茶の木も必要な分のみ細々と吸収しています。したがって、お茶の木は周りから得られる窒素の量にあわせて、枝や葉の数を調節し、バランスをとっているわけです。

生茶葉を食べると分かる白樹茶の凄さ

お茶好きの人であれば一度くらいは、茶園を訪れたことがあると思います。その際、生の茶葉を食べた経験があるのではないでしょうか?お茶の新芽を食べたときはどのような味がしましたか?一般的には非常に渋苦く、その後じわりと新鮮な花のような香りが口に広がると思います。これは肥料が入っている茶園の典型的な味です。白樹茶と私が呼んでいるお茶の生茶葉を口に入れると、渋味が全くなく、また苦味も殆ど感じられません。渋くないのに、非常に香りが鮮烈に感じられ、花のような香りが何時までも口に残ります。まるで、春に山で収穫した山菜のような、透明感のある、甘味のある後味が感じられます。まるで、栽培物のキノコと野生のキノコのような違いがあります。

一般的な雲南省の茶園

以下は、雲南省の一般的なプーアル茶用茶園の木の様子です。化学肥料は使っておりませんが、有機窒素肥料が入っております。枝がヒョロリと長く、茶色い色をしており、茶葉の色合いが濃い緑色をしております。

明日から茶摘み開始

昨年は非常に少量しか生産できず、予約販売を早めに終了せざるを得ませんでした。白樹茶のお茶摘みは明日から開始予定です。天気が続き、十分な量が確保できることを願っております。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2020年産の各種新商品を発売のお知らせ
最近、立て続けに数種類の新商品を発売しましたのでお知らせいたします。 鳳凰単叢烏龍茶 https://hojotea.com/item/houou.htm 2020年産の鳳凰単叢を3種類発売しました。今年はお茶のシーズン …
秋津無名異 酸化焼成の急須・茶壺・宝瓶が入荷
渡辺陶三氏作の秋津無名異 酸化焼成の急須、茶壺、宝瓶が入荷しました。 https://hojotea.com/item/tozo_akitsu.htm 天然土ゆえの個性的な外観 渡辺氏は自ら山の土を掘り、自前で全て精製し …

最新の記事 NEW ARTICLES

【お茶のレシピ】茶飯が楽しい!紅茶、プーアル茶、白茶、烏龍茶、緑茶で驚きの美味しさに!
お茶を水の代わりにいれてご飯を炊くと、お茶ご飯が出来ます。このお茶ご飯が想像以上に美味しいので紹介したいと思います。 茶飯と言っても、緑茶だけではなく、紅茶、白茶、烏龍茶、プーアル茶、ジャスミン茶などいろんな種類のお茶で …
プーアル茶の餅茶と散茶、どちらを選ぶべき?
プーアル茶というと、円形の餅茶や四角いブロック状の磚茶、或いは、キノコのような形状のトウチャなど、お餅のような硬い塊に加工されているイメージがあります。しかし、プーアル茶には散茶もあることをご存じでしょうか?雲南省の産地 …
2020年産の各種新商品を発売のお知らせ
最近、立て続けに数種類の新商品を発売しましたのでお知らせいたします。 鳳凰単叢烏龍茶 https://hojotea.com/item/houou.htm 2020年産の鳳凰単叢を3種類発売しました。今年はお茶のシーズン …
秋津無名異 酸化焼成の急須・茶壺・宝瓶が入荷
渡辺陶三氏作の秋津無名異 酸化焼成の急須、茶壺、宝瓶が入荷しました。 https://hojotea.com/item/tozo_akitsu.htm 天然土ゆえの個性的な外観 渡辺氏は自ら山の土を掘り、自前で全て精製し …
蘭の花のような香り!安渓産の鉄観音清香型を発売
鉄観音清香型を発売しました。このお茶は中国福建省にある、安渓の祥华福新村産の春茶から作られた蘭の花のような香りがする烏龍茶です。 鉄観音は品種名 鉄観音とは鉄観音という品種のお茶から作られた烏龍茶を指します。 鉄観音は品 …
プーアル生茶の散茶、武家寨2018を発売しました。
2018年産の武家寨 プーアル生茶を発売しました。このお茶は2018年に作ったのですが、より個性を際立たせるために2年間熟成をしました。熟成させたことで乾燥フルーツ系の甘い香りが強く感じられるようになりました。 標高20 …
朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露です。 玉露やぶきたは朝比奈玉露 玉露やぶきたは、静岡県藤枝市岡部町の朝比奈川流域の茶園で作られた朝比奈玉露で …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほどのお茶の木から摘まれた、無農薬無肥料の自然栽培茶を原料としております。 伸びやかな後味と濃く甘い香りが特徴の …
渡辺陶三氏作の秋津無名異還元焼成急須と野坂粗土宝瓶が入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の急須と宝瓶が入荷しました。 今回入荷したのは、秋津無名異還元焼成の急須と、野坂粗土の宝瓶です。どちらも生磨きのモデルです。 秋津無名異還元焼成 秋津無名異還元焼成でお茶をいれると、酸化焼成と炭化還元 …
独木春古樹生茶の散茶を限定量発売
独木春古樹生茶の散茶(春茶)を発売しました。このお茶ですが、2018年産、2019年産、2020年産をブレンドすることで非常に飲みやすい香りに仕上げております。 https://hojotea.com/item/d31. …

PAGETOP