雲南省で仕入れた自然栽培の紅茶を3種類発売

[2014.06.26] Written By

雲南古樹紅茶 杏蜜香

紅茶は誰でも気軽に作れるお茶ですが、反面、上手に作るためには非常に高い生産技術が求められるお茶です。上手に作られた紅茶は、黄色の色素(テアフラビン)から構成されており、茶殻は明るいオレンジ〜茶色をしております。実際に市場に流通している紅茶を見ると、その過半数は発酵に失敗したもの(私は過発酵紅茶と呼ぶ)が多く、それらの茶殻は焦げ茶色〜黒色をしており、そのようなお茶は茶色の色素(テアルビジン)を多く含みます。

雲南紅茶

理想的に発酵が制御された紅茶の茶殻(雲南古樹紅茶 杏蜜香)

このような理由から、紅茶作りには専門的な知識が求められ、一般的に漢民族が紅茶作りの多くを占めます。漢民族は少数民族と比較すると教育レベルが高い人、また、経済的な感覚に長けている人が多くみられます。その様な事情から、彼ら、漢民族の運営する茶園はより多くの量がとれる現代農業方式が主流となっております。また、紅茶の産地も町を中心としてその周辺に発展しているのが一般的です。雲南省における「雲南紅茶」別名:滇紅の場合も、生産の中心となっているのは臨滄市の鳳慶と言う町です。この町には漢民族が多く、経済的にも、インフラ的にも極めて発展している町と言えます。逆に、山間部や僻地へと行くと、紅茶よりもプーアル茶の生産率が高く、上手に製茶された紅茶を見つけ出すのは簡単ではありません。

雲南省の茶園

雲南省で生産されるお茶の過半数はこられ大規模生産型の茶園産

もちろん山間部の少数民族でも紅茶作りに挑戦することはあります。紅茶の方が一般に高い値段が付きますが、発酵に失敗した場合、値段はむしろプーアル茶よりも安くなってしまいます。従ってよほど腕に自信がある場合を除き、彼らは無難であるプーアル生茶の生産を行います。このような理由から、上質な自然栽培茶などの原料はその殆どがプーアル茶の加工に用いられ、自然栽培のお茶が紅茶に用いられる事は極めて希な事です。

プーアル茶の仕入れ中に偶然見つけた紅茶

このような事情にかかわらず、今年の春雲南省でプーアル茶の仕入れを行っていたところ、素晴らしい品質の紅茶3種に出会いました、いずれも自然栽培、標高2000m、3月摘みの良い原料茶葉から作られており、また、極めて上手に加工(製茶)がおこなわれておりました。
製茶の優劣を見極めるには茶殻の色を見るのが一番簡単ですが、今回見つけたお茶の茶殻は明るいオレンジ-茶色を呈しており、製茶が上手に行われていることを示唆しておりました。
今回見つけたお茶は合計で3種類、それぞれ全て異なる生産者により作られておりますが。何れも自然栽培のお茶から作られており、また、上手に発酵が行われておりました。

雲南蜜香紅茶

雲南省における自然栽培とは「放置すること」

自然栽培とは、基本的に無肥料、無農薬、無剪定、更に、お茶の木の周りの雑草も除去しません。自然栽培というと難しそうな響きがしますが、簡単に言えば、放置に近い栽培方法です。

自然栽培茶
雲南省の場合、お茶の木は日本の茶園のようにうね状になっておりません。お茶の木はちょうど果物の木のようにポツンポツンと1本ずつ植えられており、木の周りには雑草が生い茂っております。
これら雑草を生やすことは自然栽培を維持する上で非常に重要なポイントとなります。無肥料のお茶の場合、窒素の供給は自然に頼るほかありません。ただし、土に含まれる窒素は無限ではなく、木々は年々生長しているために必要な窒素量は年々増します。
窒素が無くなると植物は成長する事が出来ません。窒素はタンパク質を構成する重要な元素です。植物を含むあらゆる生命体には酵素が含まれており、この酵素はタンパク質で作られております。

自然栽培茶

自然栽培茶

自然栽培のお茶を含む、自然の植物はどうやって窒素を補充しているのでしょうか?

実は一部の種類の雑草の根には根粒菌という空気中の窒素を直接取り込むことが出来る微生物が共生しております。これらの微生物は空気中の窒素を積極的に取り込み、その窒素が循環してお茶の木に回ります。雑草を除去したり、除草剤を撒いて枯らしてしまった場合、自然栽培のお茶にとっては、窒素の供給の枯渇を意味します。

つまり、自然栽培のお茶は周りの生体系と共に持ちつ持たれつの関係を築き上げているわけで、自然に溶け込んでいる状態を指します。
私にとって完全自然栽培のお茶は、山菜と同じで、山に属する植物という受け止めております。

自然栽培茶

自然栽培茶

茶園と言うよりも藪といった方が良いようなところも

自然栽培茶にこだわる理由

なぜ私が自然栽培茶にこだわるかという点ですが、安全性や宗教的、或いは有機食品や自然栽培原理主義を信仰しているというのが理由ではありません。
実は自然栽培茶の美味しさゆえなのです。お茶の味が分かる人にとって、一度自然栽培茶を味わうとその味の深さ、自然な甘み、濃度の濃い味わいに驚かれ、虜になると思います。
私は初めて完全自然栽培茶を口にしたときは、本当に衝撃を受けました。

雲南古樹紅茶 杏蜜香

例えるなら、天然の蕗、三つ葉、セリ、タラの芽、キノコと栽培品を比較するくらいの差があります。
また、天然の魚、地鶏と養殖のそれらを比較しても分かりやすいかと思います。
天然物(山菜)と栽培品の違いは何か分かりますか?お茶の品質評価の観点から見ると、大きな違いはミネラルの濃さでありそれが味に反映します。
旨味とかそう言うレベルではなく、味も香りも濃くなります。とれたての山菜は口にいれると、香りが喉にスーと入り、強いコクと濃厚なが感じられます。
自然栽培のお茶は正しく山菜のような「濃い味わい」のお茶なのです。

今回発売した3つのお茶の特徴

今回発売した3種類のお茶は全て自然栽培茶です。強烈に深いコクと、長い余韻は、一般の紅茶では決して経験することの出来ないレベルです。
香りはもちろんですが、上質で肌に染み入るような軟らかな「水質」を味わってみてください。

金芽

金芽

https://hojotea.com/item/b03.htm
文字通り金色をしたお茶です。3月に摘まれた若い芽を中心にお茶が作られており、滑らかで、とても軟らかな味わいが特長です。
このお茶は、是非、ミルクティにしてみてください。私が初めて金芽ミルクティを飲んだとき、ミルクティの常識が変わったと思いました。このミルクティなら毎日飲んでも良いと思いました。

雲南古樹紅茶 杏蜜香

雲南古樹紅茶 杏蜜香

https://hojotea.com/item/b39.htm
この紅茶は仄かな蜜香とメンソール香の両方の香りをを楽しめるお茶です。台湾の蜜香紅茶、東方美人や、ダージリンセカンドフラッシュに代表されるマスカテルフレーバー(中国語では蜜香と呼ぶ)と、セイロンティのウバや台湾の紅玉紅茶のように爽やかなメンソール香ががコラボレーションすることで、甘く爽やかな香りが感じられます。

雲南蜜香紅茶

雲南蜜香紅茶

https://hojotea.com/item/b38.htm
マスカテルフレーバー(蜜香)がふわりと感じられる紅茶です。マスカテルフレーバーと言えば、ダージリンセカンドフラッシュですが、ダージリンファーストフラッシュは6月に摘まれたお茶、雲南蜜香紅茶は3月に摘まれたお茶です。お茶の軟らかさ、口当たりは比較するまでもありません。因みに、雲南蜜香紅茶の産地である雲南省の臨滄は標高、緯度共に、ダージリンと非常に近く、言ってみればファーストフラッシュから作られたマスカテルフレーバーがするお茶です。実はより遅くに摘まれたお茶を選んだ場合、蜜香はより強く感じられます。これは季節が進むにつれて、より多くのウンカが発生するためです。ただ、蜜香を意識しすぎてお茶の品質を落とすのも悲しいため、HOJOでは3月摘みのお茶を仕入れており、蜜香は仄かにほわりと感じられます。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

佐渡島、渡辺陶三作の無名異焼還元焼成と無名異上赤の急須と茶壺が入荷
新潟県佐渡島の渡辺陶三氏作、秋津無名異還元焼成と無名異常赤の急須を発売しました。 秋津無名異還元焼成 https://hojotea.com/item/tozo_akitsu_reduction.htm 渡辺陶三氏の還元 …
太平猴魁、月ヶ瀬在来煎茶、ネパールの紅茶を発売
幾つか新商品を発売しましたのでお知らせします。 今回発売したのは以下の商品です。 月ヶ瀬在来煎茶 2021 太平猴魁 2021 太平猴魁 2020 旧ロット特価販売 太平猴魁特貢 2021 太平猴魁特貢 2020 旧ロッ …

最新の記事 NEW ARTICLES

中国茶仕入れのプロによる雲南紅茶(滇紅)の【徹底解説】
雲南紅茶(滇紅)は正山小種(ラプサンスーチョン)や祁門紅茶とならび、中国を代表する紅茶です。 本コラムでは雲南紅茶とはどういうお茶なのか、少し詳しく説明したいと思います。 世界で最初に開発された紅茶は、福建省武夷山の正山 …
佐渡島、渡辺陶三作の無名異焼還元焼成と無名異上赤の急須と茶壺が入荷
新潟県佐渡島の渡辺陶三氏作、秋津無名異還元焼成と無名異常赤の急須を発売しました。 秋津無名異還元焼成 https://hojotea.com/item/tozo_akitsu_reduction.htm 渡辺陶三氏の還元 …
太平猴魁、月ヶ瀬在来煎茶、ネパールの紅茶を発売
幾つか新商品を発売しましたのでお知らせします。 今回発売したのは以下の商品です。 月ヶ瀬在来煎茶 2021 太平猴魁 2021 太平猴魁 2020 旧ロット特価販売 太平猴魁特貢 2021 太平猴魁特貢 2020 旧ロッ …
福建省安渓産の烏龍茶、黄金桂を発売
中国福建省安渓産の黄金桂を発売しました。 黄金桂は花のような非常に個性的な香りがするお茶と言うこともあって、安渓において、鉄観音と並び非常に人気の高いお茶です。 中国烏龍茶の三大生産地の1つ安渓 福建省安渓といえば、台湾 …
2021年の中国緑茶(龍井茶・蒙頂甘露)とその他数点のお茶を発売
2021年産の新茶と、その他お茶を数種、発売しましたのでお知らせいたします。 獅峰龍井茶 2021 有名な産地と言うことも有り非常に高額なお茶ですが、とても素晴らしい仕上がりになっております。 本商品は実生のお茶「群体種 …
2021年のお茶の状況:生育状況、品質、値段など
2021年のお茶の状況をお知らせします。 今年はインド、ネパール、中国、台湾において、2月から今に至るまで非常に乾燥した状態が続いており、お茶の成長が極端に遅れております。 私が各産地の状況を確認したところ、今年の収穫量 …
佐渡島、渡辺陶三氏作の各種急須が入荷
渡辺陶三氏の各種急須が入荷しました。 今回入荷したモデルは、秋津無名異 酸化焼成、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成、無名異上赤です。 野坂と秋津無名の土は後味を高めると同時にふくよかさを高める為、お茶の香りが華やかに感 …
殆どの人が知らない!カビ臭いプーアル熟茶が生じる「驚きの理由」
「プーアル熟茶はカビや土のような臭いがするから苦手」という意見をよく聞きます。 確かに、質の低いプーアル熟茶やダイエット目的で売られているようなプーアル茶には独特のかびのような匂いがあります。 私もブルーチーズのような青 …
元スパイス屋のお茶屋さんが教えるチャイのレシピ!手軽にできる本格的なチャイの作り方
チャイはカジュアルなお茶というイメージがあるかもしれません。 しかし、質の高いお茶で作ると、チャイの質が全く異なります。作り方が同じでもコクのある、濃厚で美味しいチャイが作れます。 私はお茶の会社を始める前は香辛料メーカ …
鳳凰単叢老欉草帽茶単株2020を発売
鳳凰単叢老欉草帽茶単株2020を発売しました。 2020年産の鳳凰単叢単株シリーズ3種類の最後の銘柄になります。 単株とは特定の1本の木から作られたお茶で、英語ではSingle Tree Teaと呼ばれます。 麦わら帽子 …

PAGETOP