雲南省の自然栽培プーアル茶
中国茶の中でも私は雲南省のお茶の仕入や現地の視察に非常に多くの時間を注いでおります。
その理由は明確で、中国全土、或いは世界中のお茶の産地を見回しても、雲南省ほどに農薬も肥料も使わない自然栽培茶が残っている地域はありません。ただし、雲南省でも9割以上の茶園は自然栽培の状態を維持しておりません。自然栽培茶を仕入れるためには、それなりの場所へ行く必要があります。

雲南省というとプーアル茶というイメージが強いと思いますが、それは全体論であり、生産者を注意深く捜せば、緑茶、白茶、紅茶、烏龍茶など、様々なお茶が生産されております。

完全自然栽培茶を求め劉氏の茶園を訪問

私にとって、自然栽培茶とは周りの生態系に溶け込み、生態系の一端を担っているお茶と定義しております。今回の雲南省出張時、私のお付き合いしている茶師の1人である、劉氏が自ら管理する自然栽培茶園を訪問しました。劉氏は自然栽培茶を非常に愛しており、肥料や農薬を与えないのは勿論、雑草に決して刈り取らない方針が採られておりました。

雲南省の自然栽培プーアル茶

自然栽培茶園への到達は非常に困難

自然栽培と言っても、いろんな方式の茶園がありますが、今回訪問した茶園は果たして自然栽培と呼ぶべきか、或いは、放棄茶園とでも呼ぶべきか悩むほどに、お茶が山と一体化しているように思われました。まさに、自然栽培原理主義とでも言うべき状態の茶園でした。劉氏の後を歩くこと、30分〜1時間、標高2000-2100m付近の目的地に到着しました。この山の斜面を登るのは大変な苦労で、動物のように四つ足で這ったり、滑り降りたり、ジャンプしたりとまるで、山岳部が道無き山を進んでいるような状況でした。

雲南省の自然栽培プーアル茶

枯れ草の中に点在する黄緑色の植物はお茶の木

雲南省の自然栽培プーアル茶

雲南省の自然栽培プーアル茶

雲南省の自然栽培プーアル茶

雲南省の自然栽培プーアル茶

帰りが不安になるようなコース。右に見えるのはお茶の木。

雲南省の自然栽培プーアル茶

雲南省の自然栽培プーアル茶

時計の高度計は2000m超

自然の中で黄色に輝く自然栽培茶

最初、「ここが茶園です」と言われても、その場所はどうみても山にしか見えないような雑草地帯でした。よく見れば、黄色の葉の植物が疎らに点在しており、経験からそれらがお茶の木であることが認識できました。お茶の木は人の手を完全に離れた山の斜面にて、力強く育っておりました。人が肥料を与えて育てたお茶の木は、肥料を吸収して勢いよく伸びようとすることから、光合成量が増し、その結果とても濃い緑色になりますが、劉氏の自然栽培茶園のお茶は、極めてゆっくりと成長していることからバナナの皮のように黄色をしておりました。お茶の葉は金色に輝いて見え、表面が艶々していることから、とても健康的で美しく感じられました。

雲南省の自然栽培プーアル茶

正面に見えるのが自然栽培茶園

雲南省の自然栽培プーアル茶

自然の中で健康的に育ったお茶は写真の様に黄色の葉を付ける。

雲南省の自然栽培プーアル茶

肥料栽培茶と自然栽培茶の見分け方

無肥料にて、周りの生態系と共に育ったお茶の木は、現代農業方式で管理された茶園のお茶の木と比べると非常に成長速度が遅いのが特徴です。これを茶葉から見極めるポイントとしては、茶葉が黄色みを帯びていること、葉脈が細いこと、葉のサイズが小さいことに加え、葉と葉の感覚が狭いことが重要な要素となります。

自然栽培茶

肥料を与えて育ったお茶

肥料を吸ってグングンと成長しているお茶は、葉と葉の間隔が広く、逆に自然栽培のお茶の場合、2葉目と3葉目の付け根がほぼ同じ位置にあります。

雲南省の自然栽培プーアル茶

茶園丸ごと仕入劉家古樹生茶の名称で販売予定

雲南省の自然栽培プーアル茶

製茶後の茶葉も僅かに黄色味を帯びている。

この茶園のお茶は殆ど苦味が無く、深いコクゆえに、茶葉を噛むと、喉の奥に余韻を伴う甘みが感じられ、生茶にもかかわらずマスカットを連想するような香りが感じられました。お茶がたくましく成長している姿に感化され、この茶園のお茶は全て仕入れました。茶摘みが非常にやりにくい茶園ゆえに、なかなか茶摘みをする人の確保に手間取ったようですが、私が全量予約をしたことから、最終的に人の手配をして貰え、プーアル生茶に仕上げて貰うことが出来ました。

雲南省の自然栽培プーアル茶

雲南省の自然栽培プーアル茶
劉氏の所有する茶園ゆえに、劉家古樹生茶 2015の名称で販売予定です。(なお、劉家古樹生茶2014も同じく劉氏の所有する自然栽培茶園ですが、2015年に仕入れた茶園とは異なる茶園です。)

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …

最新の記事 NEW ARTICLES

2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …
標高2100mのシングルガーデン産プーアル生茶、 火地古樹生茶2021を発売
火地古樹生茶2021を発売しました。 このお茶は、小さな単一茶園(シングルガーデン)のお茶のみから加工されたプーアル生茶です。 https://hojotea.com/item/d147.htm シングルガーデン産のお茶 …
ペットボトル入りのお茶の味に大きく影響するビタミンCの存在
近年、多くの人々にとって、お茶を飲むということはペットボトル入りのお茶を飲むことが普通な今日この頃ですが、本コラムでは、ペットボトル入りお茶の特徴的な味に焦点を当ててみたいと思います。 酸化防止目的のビタミンCの添加 コ …
鳳凰単叢蜜蘭香2023と老欉姜花香2022を発売
鳳凰単叢烏龍茶を2種類発売しました。今回販売したのは、蜜蘭香濃香2023 No.1と老欉姜花香2022です。 https://hojotea.com/item/houou.htm 質の良い鳳凰単叢の特徴 良質な鳳凰単叢は …
ちょっと変わった白茶の楽しみ方!驚きの応用アイデアをご紹介
水出しで抽出した白茶と、お湯で淹れた白茶はまったく異なる香りになることをご存じでしょうか?本コラムでは、水出しを更に応用した白茶の楽しみ方を紹介したいと思います。 殺青工程の無い白茶には酵素が残存 白茶の特徴は、製茶工程 …

PAGETOP