津波がペナンを襲った日

[2006.02.26] Posted By
その日は、晴れた週末でした。朝9時に私は飛び起きました。地震が発生し、マンション全体が揺れていたのです。
私がマレーシアに赴任してきた1998年当時、マレーシアには地震がないと聞いておりました。それ故、高層ビルであっても煉瓦で組み上げるだけのシンプルな構造です。このような事情故、地震が起きたらビル倒壊の危険性は大なのです。
 
実は、この地震が起こる暫く前から何度か地震を体験しておりました。その都度ニュースで調べると、スマトラ沖での地震と表示されておりました。ただ、恐ろしいことに、マレーシア人は地震があったと言うことに気が付いておりませんでした。
 
しかし、この日の地震はこれまでのちょい揺れとは異なり、かなり揺れました。建具がギシギシと音を立て、壁の表面には微少なヒビが入りました。
地震は5分ほど続きました。揺れが収まった時点で、建物の外に避難しようと外に出たところ、住民の90%がマンションの真下に避難しているのです。マンションの前には公園があり、そこであれば安全にもかかわらず、誰もそれを知らないのです。無知というのは本当に恐ろしいです。
 
地震が発生した後、世界の地震情報発信WEBから震源の情報を入手しようと試みました。しかし、1時間経っても何の情報も掲示されないため、マイナーな地震だろうと判断しました。そして、当初より予定されていた、海岸での潮干狩りに出発したのです。
 
目的地は、始めて行く場所でKuala Mudaと呼ばれる海岸でした。この日海岸は非常に水が濁っており、余り良い状態ではありませんでした。その為、午後から別の場所に移ろうと言うことになり、早めに食事を取ることにしました。そして11時頃海を後にしたのです。
 
食事は息子が未だ小さかったため、非常に時間がかかり、次の目的地バリプラウに着いたときには1時を過ぎておりました。このとき、村全体が異常な雰囲気に包まれているのに気が付きました。興奮気味の村人により海への道が止められ、用水路は泥水であふれかえっており、また、水路で何かを探し求めている人たちがおりました。(後で分かったが、恐らく、水没者を捜していたのだと思います。)私は地震による土砂崩れでもあったのだろうと考えておりました。
 
その時点では何も情報の無かった私たちは何が起きているのか分からず、とにかく海岸に出る手段を捜しました。その結果、プランテーションの間を抜けていくのが良いと判断し、農道を走って海に向かいました。その時も異変に気が付きました。プランテーション全体がグレーの泥水に埋まっており、また、農道にも水が浸水してきているのです。海の周辺に出たときは、辺り一面が水没しており、普通の窪地が川になっておりました。この瞬間、“津波”が発生したのだと思いました。海辺には大勢の野次馬が次々と来る津波を見物しており、非常に危険な状態でした。
 
私たちは即引き返し、村全体が見える高台(峠)に登りました。その時初めて、全体像がつかめました。何と、村全体が水没し、水浸しになっていたのです。周りには泥だらけの人がおり、また、泥だらけの車も駐車されておりました。その一人のお婆さんは、突然、水がやってきて家を破壊し、子供たちが流されたと話してくれました。彼女は神のたたりだと言っておりました。
 
私たちは家に引き返したのですが、ペナン島内では救急車が大量に走り回り、騒然とした状態になっておりました。リゾート地であるバトゥフェリンギでも津波の被害を受けたと言うニュースはその後、友人から聞かされました。その当時、津波と言っても誰も理解してくれず、皆、Tidal Waveと呼んでおりました。
 
結局、ペナン州では数十人の犠牲者が発生しました。しかも、私がこの日に訪れたKuala Mudaとバリプラウがバトゥフェリンギと並び最も被害を受けた地域でした。私は丁度昼食のお陰で命拾いしました。私たちが海辺を離れたほんの1時間程度の間に津波が発生したのでした。
 
その後、外務省よりマレーシア在住の日本人の安全確認がとれたという発表がありました。でも、実際、ペナン領事館からは私も友人も含め何の連絡も確認もありませんでした。それにもかかわらず、メデイアでは日本人の安全が確認されたと発表されており、大変不満でした。普段から在住届けを提出し、緊急時連絡網なる物があるにもかかわらず、それらは全く機能しませんでした。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP