プーアル茶の緊圧
なぜ、プーアル茶は円盤状やブロック状に圧縮されているのでしょうか?
圧縮する事で、運搬しやすくする答えも正解ですが、実はもう一つあまり知られていない理由があります。

プーアル茶を理想的に熟成するには無酸素状態にすること

私は過去に様々な条件でプーアル茶の保存と熟成の関係を検証してきました。空気にさらした状態、真空の状態、酸素を100%除去した状態など、条件を変えて保存をした結果、空気を完全に除去した状態のプーアル茶が最も理想的な熟成をすることが分かりました、空気にさらした状態で保存したお茶の場合、表面にカビが生育したり、また、数年経過した時点で香りが土のような不快な香りへと変化しました。それに対し、無酸素状態で保存したプーアル茶の場合、甘い蜜のような香りが形成され、さらに保存期間が増すことで、サトウキビのような、乾燥フルーツのような濃厚な甘い香りが形成されました。これら一連の実験から、私はプーアル茶を理想的に熟成するには無酸素であることが重要と考えております。

プーアル茶の熟成は発酵ではない

プーアル茶の熟成は、「発酵」と主張する人がおりますが、これについては同意しません。その根拠として酵素が発酵するためには、水分が必要条件だからです。仮に、湿度の高い部屋にて、酵素が活性を示すだけの水分が茶葉に付与された場合、酵素ばかりか細菌をはじめとする微生物も増殖します。長期間保管されたプーアル茶の中には、強い土の香りを発するものがありますが、これは保存期間中に微生物が増殖したことによる劣化の産物と考えております。

お茶の熟成は酸化還元反応

お茶を保存することによる、香りの熟成の本体は他でもない「酸化・還元反応」です。なぜ、酸化と還元をセットにしているかというと、一方が酸化すれば他方は必ず還元されます。酸化反応と還元反応は必ず対で起こります。ただし、お茶の成分が空気中の酸素により酸化された場合、お茶は劣化します。熟成をする上で理想的なのは、空気中の酸素を伴わない酸化還元反応です。化学における酸化の定義はは以下の通り、必ずしも空気中に酸素は必要ありません。

  1. 酸素を受け取る
  2. 水素を渡す
  3. 電子を渡す

以上の酸化の定義から分かるとおり、お茶は空気中に全く酸素が無い状態でも、酸化還元反応をします。

空気を除去するには吸引だけでなく圧縮も有効

話をプーアル茶を圧縮する理由に戻します。プーアル茶を酸素のない状態で保存しようと思ったら、空気を吸って真空にするか、逆に圧縮する事で空気を追い出し真空にするかのどちらかしかありません。当然、雲南省の山奥に、真空包装機などはありません。吸引の代わりに茶葉を圧縮すれば茶葉内部は真空になります。私は、「プーアル茶を圧縮するのは、空気を除去することで、理想的な熟成環境とすることが1つの目的」と仮定しております。
プーアル茶

一昔前のプーアル茶は鉄餅と呼ばれ、カチンコチンに圧縮

因みに、一昔前のプーアル茶は今と異なり非常に強く圧縮されました。鉄餅と呼ばれ、カチンコチンに圧縮されており、ナイフを使っても、千枚通しを使っても、全く崩すことが出来ない程に固く圧縮されておりました。私の経験上、鉄餅の場合、どれも理想的に熟成されております。カチンコチンに圧縮する事で、内部の空気が完全に排除されており、また、保存期間中も空気が入り込む余地がないため茶葉表面を除く、内部の茶葉は極めて理想的に熟成されたものと思います。それに対し、近年のプーアル茶はゆるめに圧縮されております。鉄餅のようにカチンコチンに圧縮すると、お客さんからのクレームが多発するために、私達お茶会社としてはゆるめに圧縮し、ほぐしやすいようにしております。ただし、現代風の緩い圧縮方法の場合、茶葉内部に空気が残存しており、また、保存中に空気が内部に侵入するため、普通に保存したのでは茶葉は表面ばかりか、内部まで酸化劣化します。

HOJOではプーアル茶を包装する際には、空気を100%除去した状態にて包装しております。この包装方法をすることで、ほぐしやすさと、理想的な経年熟成の両方を求めております。このような理由により、プーアル茶を熟成目的で長期保存する際には、未開封の状態で保存してください。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …

PAGETOP