• ホーム >
  • お茶のコラム-雑学-歴史-文化

お茶のコラム-雑学-歴史-文化

[2013.01.16]
今も実在する、世界中が夢中になったおいしい紅茶

世界で一番おいしい紅茶はどれだと思いますか?こんな質問をすると、お茶の美味しさは主観的なので「おいしい」の規準は人それぞれという声が聞こえてきそうです。そこで、私が思う、世界一美味しい紅茶を紹介したいと思います。 一番お …

[2012.09.11]
三国志時代、劉備元徳が飲んでいたお茶

最近中国の歴史を改めて勉強したいと思い、関連する本を色々と読んでおります。 中国の歴史はお茶の文化と非常に密接に関係があるため、中国歴史を知ることが、お茶の歴史を理解する上で大変役に立ちます。 最近は三国志を読んでおりま …

[2012.02.29]
お茶とワイン、品質を追求すると気が付く多くの共通点

西洋人は昔から東洋の文化に憧れる傾向があり、お茶に興味を持つ西洋人も非常に多いのが実情です。 ただ、距離がある分、お茶に対する理解の仕方は様々で、どちらかというと、茶器をはじめとする見た目が重視されている傾向があり、本質 …

[2010.03.12]
試飲してから買ったのに、自宅でいれたら違う香り!中国茶屋マジック

街のお茶屋さんで地元の品質をチェック 福建省の福州へ言ったときの話です。福建省はお茶の名産地だけのことあって、福州の町中には大量のお茶の店が建ち並んでおりました。 時間が許す限り、これらの店を回り、地元で売られているお茶 …

[2008.05.15]
皇帝が翡翠でお茶を飲んだもう一つの理由

お茶の味に影響を与える茶器はたくさんありますが、先日、意外な材料がお茶の味に影響を与えることを知りました。   翡翠でお茶の味が変わるか実験 店に来店したお客さんとの会話で、「中国の皇帝は翡翠の杯でお茶を飲んで …

[2007.05.12]
新しいティーカルチャーをどうやって創造するか?

今日はマレーシア最大のショッピングセンターであるミッドバレーとの打ち合わせがありました。 様々な打ち合わせが行われました。本当はブログでも色々書きたいのですが、現時点では開示できない情報が多いため、詳細については稿を改め …

[2006.09.18]
中国で最も一般的な社交の場:ティーハウス

TEA HOUSEってご存じですか?日本では余り馴染みのない名称です。   ティーハウスとは? ティーハウスは中国でも地方により、その作りや内容が大きく異なります。 ティーハウスはお茶を飲みながら友人と話をする場所です。 …

[2006.09.13]
紫色をしたお茶の葉の秘密

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身よにふる ながめせしまに と小野小町が詩に詠んだように、花の色は変わっていきます。 私の家の近所にもアジサイがありますが、色の変化は早い物です。   花の色は何故変わ …

[2006.05.31]
キャメロンハイランド産、高級紅茶試作

以前からマレーシア、キャメロンハイランド産の茶葉を使い、オリジナルの高級茶を作る試みをしておりました。その為に、茶園のオーナーと交渉し、私の希望する条件規格に基づいて紅茶の試作をお願いしました。 写真:キャメロンハイラン …

PAGE 4 OF 4

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

雲南省臨滄市永徳県産、稀少な野生茶の白茶と生茶を発売
雲南省臨滄市永徳県の標高2200mに自生する野生のお茶を原料に、プーアル茶と白茶を作り上げました。 このお茶は、人が栽培した茶園産では無く、自然に自生する天然の野生のお茶から作られた非常に稀少なお茶です。 2019年に新 …
贅沢なマスカテルフレーバー!蜜香紅茶(無農薬)を発売
蜜香紅茶を発売しました。このお茶はHOJOのラインアップに入っているにもかかわらず、何年も品切れが続いており、多くの人からお問い合わせを頂いておりました。 今回紹介する蜜香紅茶は無農薬の茶園から仕入れました。 https …

人気記事ランキングお茶のコラム-雑学-歴史-文化

PAGETOP