• ホーム >
  • お茶のコラム-雑学-歴史-文化

お茶のコラム-雑学-歴史-文化

[2016.06.25]
茶葉の水分量によって劇的に変わる味香り

お茶の水分と味・香りの関係は意外と知られておりません。 味の観点からすると水分が低い方が良いのでしょうか?或いは、水分が高い方が良いのでしょうか? お茶の種類によって一律ではない水分量 日本茶は一般的に3〜5%の間で水分 …

[2016.03.20]
2016年の中国茶相場予測

中国及び台湾におけるお茶の収穫が始まりました。値段が非常に安定している台湾茶に対し、中国茶に関して問題となるのは、年によってお茶の値段が平気で20-30%変動する点です。中国ではこれはごく当たり前の話なのですが、日本をは …

[2015.11.22]
現地で見る中国茶の品質の実際

「中国茶」というと、その瞬間に眉をしかめる人がおります。中国の食品は危ない、中国は品質が悪いという意識があるためでしょう。日本にいると、中国をはじめとする海外事情などはマスコミの情報に頼らざるを得ません。ただし、マスコミ …

お茶のブレンド
[2015.09.30]
お茶をブレンドする本当の意味

お茶に限った話ではありませんが、お茶をブレンドするというと、香りを組み合わせることで新たな香りを生み出すことを想像される人が多いのではないかと思います。しかし、私がブレンドを行う場合は香りだけでなく味を非常に重要視します …

ガラスでもお茶の味が変わる
[2015.09.11]
色ガラスで顕著に変化するお茶の味

お茶をいれるとき、「どの材質でいれるとお茶本来の味わいを感じる事が出来るだろうか」という議論になることがあります。 一般的に、ガラスが一番ニュートラルだと思われておりますが、「実は必ずしもそうではない」という話をしたいと …

[2015.01.31]
銀歯で変化するお茶の味

銀歯(金属の歯)に使われる材料と味の関係について検証を行いました。以前にも類似の内容で記事にしたことがありますが、今回はより詳しく味の変化を検証してみました。 銀歯は味に影響する 私の歯には割と多くの銀歯や金属の詰め物が …

雲南省のプーアル茶用茶葉
[2014.10.23]
プーアル茶は大葉種から作られるというのは必ずしも正しくない

雲南省の茶葉=大葉種、そして雲南大葉種はポリフェノールを多く含むため紅茶や発酵茶に向くという記述を良く目にしますが、雲南省のお茶=大葉種という点について私は少し違った意見を持っておりますので紹介します。 雲南省のお茶は大 …

アッサム種
[2014.10.14]
お茶の学名から見るお茶の品種の由来

お茶にはアッサム種、ヤブキタ種、中国種など様々な品種名がありますが、実際にはどのような規則に基づいて分類されているのか詳しく説明したいと思います。 種と品種は異なる事を理解することが重要 お茶は正式には、以下の様な分類に …

蜜香紅茶
[2014.06.29]
反比例関係にある蜜香と紅茶の品質

今回雲南省産の蜜香がする紅茶を発売しました。ただ、今回発売した雲南蜜香紅茶、雲南古樹紅茶 杏蜜香、共に私が販売している台湾の蜜香紅茶ほどに強い蜜香はしません。 むしろ、仄かに香る程度で、蜜香はむしろバックダンサー的な役割 …

[2014.02.01]
新社屋の建設

2006年に会社をスタートして以来、昨年まで自宅兼、事務所という形で業務を行ってまいりました。近年、お陰様でお茶の販売量も増え、より会社らしく体制を整える必要から社屋を建設することにしました。 昨年の夏に計画をスタートさ …

PAGE 2 OF 4

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

古樹白茶:7種類の茶園の飲み比べセットを期間限定で予約販売
茶園ごとに包装した古樹白茶の飲み比べセットを予約販売します。 ブレンド前の今の時期のみ可能な、限定のセットになります。 農家に白茶の正しい作り方を指導することで原料と加工の質を両立 雲南省には、標高の高い茶園、樹齢の古い …
標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売
ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …

人気記事ランキングお茶のコラム-雑学-歴史-文化

PAGETOP