• ホーム >
  • 北城 彰(Akira Hojo) | お茶の専門店HOJO- Part 6

北城 彰(Akira Hojo) | お茶の専門店HOJO- Part 6

[2020.10.10]
珍しい白茶の茎茶、白茎茶を限定量発売!

白茎茶を発売しました。実はこのお茶、とても珍しい白茶の茎茶です。 お求めやすい値段設定になっておりますゆえ、白茶が好きな方に普段飲みのお茶としてお勧めします。 白毫銀針の副産物 HOJOで販売している白毫銀針は標高200 …

[2020.10.07]
やってはいけないお茶の3つの保存方法

お茶の保存に関してやってはいけない3つのお茶の保存方法について、説明したいとおもいます。 1. 冷蔵庫/冷凍庫での保存 お茶は品質劣化が早いというイメージから冷蔵庫で保存している人を多く見かけます。 しかし、お茶の冷蔵保 …

[2020.09.26]
伊賀天然朱泥の宝瓶・茶壺入荷

暫く品切れとなっておりました、伊賀天然朱泥の宝瓶、急須・茶壺が入荷しました。 600万年前に琵琶湖の底に沈殿した赤土 伊賀朱泥は伊賀の山の表層付近30cm位の薄い層から採掘された赤土です。伊賀周辺は数百万年前は琵琶湖の底 …

[2020.09.19]
渡辺陶三作、無名異上赤・野坂粗土還元の急須・茶壺・宝瓶が入荷

佐渡島の渡辺陶三氏作の急須・茶壺・宝瓶類が入荷しました。今回は無名異上赤土と野坂粗土還元の茶器が入荷しました。 無名異上赤 上赤は佐渡島の陶土中でも最も稀少で、入手が非常に困難な土です。 上赤土は佐渡金山の坑道の中から回 …

[2020.09.11]
10年ビンテージの雲南陳年紅茶を限定発売

10年ビンテージの雲南紅茶、雲南陳年紅茶を発売しました。 このお茶は2010年に生産され、雲南省の現地で有酸素保存で8年、日本にて無酸素保存で2年熟成させたお茶です。 産地はミャンマー国境の直ぐ近く 雲南陳年紅茶は以前に …

[2020.09.04]
高山の自然栽培茶、古樹白茶2020を発売

古樹白茶の2020年新茶を発売しました。 白牡丹に続き、作り方を大きく改善したことで、品質をアップグレードしての発売です。 自然栽培の老木から作られたお茶 古樹白茶は中国雲南省の臨滄市西部の標高2100m前後の山で収穫さ …

[2020.08.28]
知ってますか?同じお茶の木でも摘む部位により味が異なる事

お茶の葉の味は同じ木ならどれも同じだと思いますか?お茶の味は、同じ木から収穫しても、部位によって味が全く異なると言う話をしたいと思います。 同じお茶の木でも摘む部位の違いによる味の違い 日本の茶園は、枝刈りをすることで盆 …

[2020.08.23]
夏にお勧めのアイスティと水出し茶の美味しいいれかた

暑い日々に最適な冷たいお茶を美味しく飲む方法を紹介したいと思います。 暑い季節になると、冷たいお茶が美味しく感じられます。特に、子供は冷たいお茶をとても喜びます。子供は味覚が優れているため、上質な冷たいお茶を与えるとジュ …

[2020.08.18]
ジャスミン茶愛好家が知っておくべき品質の物差し

HOJOではジャスミン茶には非常に力をいれており、原料となる茶葉を独自に選定した上で、特注にてジャスミン茶に仕上げております。 本コラムでは私の経験を踏まえ、ジャスミン茶の品質がどのように決まるのか、その仕組みを紹介した …

[2020.07.30]
原料と製茶方法を変え大雪山野生茶2020を発売

雲南省臨滄市の大雪山産の野生のプーアル生茶2020年産を発売しました。今年はお茶の原料も、生産者も、生産方法も変え、大きく内容を変えました。 https://hojotea.com/item/d27.htm 野生茶が美味 …

PAGE 6 OF 52

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

雲南省臨滄市永徳県産、稀少な野生茶の白茶と生茶を発売
雲南省臨滄市永徳県の標高2200mに自生する野生のお茶を原料に、プーアル茶と白茶を作り上げました。 このお茶は、人が栽培した茶園産では無く、自然に自生する天然の野生のお茶から作られた非常に稀少なお茶です。 2019年に新 …
贅沢なマスカテルフレーバー!蜜香紅茶(無農薬)を発売
蜜香紅茶を発売しました。このお茶はHOJOのラインアップに入っているにもかかわらず、何年も品切れが続いており、多くの人からお問い合わせを頂いておりました。 今回紹介する蜜香紅茶は無農薬の茶園から仕入れました。 https …

人気記事ランキング北城 彰(Akira Hojo) | お茶の専門店HOJO- Part 6

PAGETOP