雲南省

馬鞍山古樹生茶
[2015.03.29]
馬鞍山古樹生茶2015の散茶を期間限定で予約販売

私のプーアル茶のラインアップの中でも1-2を争う銘茶である馬鞍山古樹生茶の仕入を行いました。 臨滄にある4つの有名産地 雲南省でのお茶の仕入ですが、私は緯度と標高が高い臨滄を中心にお茶の仕入を行っております。臨滄には昔帰 …

大雪山野生プーアル生茶
[2015.03.28]
2015大雪山野生プーアル生茶の毛茶を期間限定で予約販売

最大の懸案であった大雪山野生茶の仕入が完了しました。 昨年の苦い経験からオーダーメイドで作る方法に変更 昨年、大雪山野生茶(プーアル生茶)を仕入れた際には非常に悲しいミスをしてしまい、大変な経験をしました。農家から購入し …

雲南省でプーアル茶の仕入
[2015.03.23]
山菜を野菜として活用する雲南省の食生活

雲南省でプーアル茶の仕入をおする際、最大の楽しみと言えば、現地の料理を食べることです。 地方に行く程美味しくなる食材の味 同じ雲南省でも、省都の昆明 → 保山市 → 地方の村と移動していくと食材の質が目に見えて変わります …

雲南省お茶の仕入 2015
[2015.03.21]
2015年雲南省でのプーアル茶の仕入開始

昨日から2015年のお茶、特にプーアル茶の仕入のために中国雲南省に来ております。 好条件のお茶は中国でも早い者勝ち 中国の場合、一番茶は3月20-25日くらいに摘まれます。春一番のお茶は、4月に摘まれるお茶と比べ葉のサイ …

白茶の生産工程
[2014.12.26]
お茶のプロが教える白茶の魅力。おすすめの白茶の選び方

緑茶、紅茶、烏龍茶などと並び、白茶と言う種類のお茶があります。白茶は見た目が白いだけではありません。実は加工方法の点で緑茶と根本的に異なります。緑茶は蒸気又は釜炒りにより酵素を不活性化しますが、白茶の場合酵素の不活性化を …

少数民族によるお茶摘み
[2014.11.21]
雲南省産自然栽培の白茶から作るジャスミン茶

HOJOの人気商品の一つに古樹銀針というお茶があります。このお茶は完全な自然栽培茶から作られており、喉にすぅーと広がるような深いこくのお茶です。4月に雲南省の産地を訪れこのお茶の仕入を行ったのですが、その際に「このお茶を …

雲南省のプーアル茶用茶葉
[2014.10.23]
プーアル茶は大葉種から作られるというのは必ずしも正しくない

雲南省の茶葉=大葉種、そして雲南大葉種はポリフェノールを多く含むため紅茶や発酵茶に向くという記述を良く目にしますが、雲南省のお茶=大葉種という点について私は少し違った視点を持っておりますので紹介します。 雲南省のお茶は大 …

[2014.10.08]
雲南省の自然栽培茶から作られた緑茶

中国茶というと烏龍茶やプーアル茶を想像される人が多いかと思いますが、中国で生産されるお茶の約70%(113 万 8,000トン)は緑茶です。つまり、中国茶 = 緑茶と言っても過言ではないくらいに中国には緑茶が溢れておりま …

老樹茶
[2014.09.09]
老木から作られたプーアル茶の品質を比較

ここ数年で中国のプーアル茶マニアの間では「老木」から作られたプーアル茶がブームになっております。老木とは何かというと、樹齢が古いお茶の木から収穫されたお茶を指します。一般的には樹齢100-1000年位の老木をさします。 …

[2014.08.16]
蜜のような香りがするプーアル生茶

メールマガジン第62号  2014年08月17日発行 プーアル生茶は熟成することでより魅力的な香りへと変化することから、同じお茶でも毎年異なる香りを楽しむことが出来、「育て上げる」楽しみがあるお茶です。購入当初は、あまり …

PAGE 19 OF 27

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

マレーシアで8年熟成の白鶯山古樹白茶2017を発売:トロピカルフルーツの香り
白鶯山古樹白茶2017を再度発売しました。同じ名称の商品をこれまでも販売しておりましたが、以前販売していたロットの商品は日本で熟成したお茶でした。今回発売する商品は8年間マレーシアで熟成をしたお茶になります。マレーシアの …
雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …

人気記事ランキング雲南省

PAGETOP