• ホーム >
  • 中国の青茶-烏龍茶(ウーロン茶)

中国の青茶-烏龍茶(ウーロン茶)

[2017.07.23]
1年かけ四重火で作られる鳳凰水仙烏龍を特注

老欉の水仙烏龍茶を用いてた非常に興味深いお茶を特注しました。このお茶は4回に及ぶベイキングが必要であり、この作業には一年を要します。お茶が完成するのは来年の今頃の予定です。 ベイキングによって形成される鳳凰烏龍の花やフル …

[2017.07.17]
中国潮州にて鳳凰単叢烏龍茶の仕入2017

今年も鳳凰単叢烏龍茶の仕入のために潮州経由で鳳凰鎮に1週間ほど滞在してきました。今年のお茶の状況と、仕入れたお茶の内容に関して簡単に紹介いたします。 今年の質は例年並み後味は強め 他の産地と同様に今年の春は産地の温度が低 …

[2017.03.04]
中国でも稀少な鳳凰烏龍の単株茶3種類発売

特定の木1本のみから収穫された鳳凰烏龍茶を「単株」と言います。2016年に鳳凰鎮を訪問した際には、3種類の単株茶を仕入れました。お茶は去年入荷したのですが、自社にて再度ベイキングを行ったり、熟成、水分調整をしており、よう …

[2016.10.25]
中国のマニアも唸る鳳凰単叢烏龍の単株茶

今年は鳳凰単叢烏龍茶の中でも非常に稀少な「単株」というカテゴリーのお茶を3種類仕入れました。単株とはどのような位置づけのお茶なのか説明したいと思います。 鳳凰烏龍茶の産地における単叢の意味 鳳凰単叢烏龍茶の単叢とは本来「 …

[2016.08.07]
安渓での烏龍茶の仕入 2016

安渓では鉄観音の他にも魅力的なお茶があり、現在、複数のお茶の仕入を検討しております。既に購入の予約を入れており、最終的に農薬が日本の基準を満たすことが確認できた時点で仕入れたいと思います。 1. 黄金桂 この烏龍茶は非常 …

[2016.07.29]
日本の農薬基準を満たした安渓鉄観音の探索

  中国福建省の安渓に数日間滞在し、安渓烏龍の仕入を行いました。安渓と言えば鉄観音の産地として非常に有名なお茶の生産地域です。また、安渓はミン南地方と呼ばれ、東南アジアの華僑、台湾人の故郷としても知られておりま …

プーアル茶
[2015.09.16]
なぜ中国茶をいれるときに湯で洗うのか?おすすめの中国茶のいれ方

中国茶をいれるとき茶葉を熱湯で洗いますが、なぜそうするか理由をご存じでしょうか? 中国茶は汚いから、洗わないと農薬まみれだから、ばい菌を殺菌するため等々説を唱える人もおりますが、それらが理由ではありません。 お茶の芽が出 …

[2015.08.29]
お茶の個性を決める火入れの3つの目的

製茶工場での加工直後のお茶は粗茶(日本)とよばれます。中国では粗茶と言う呼び方はせずに毛茶と呼ばれます。通常、「乾燥後のお茶」がこれに相当します。 お茶の場合、農家から直接購入する場合を除き、粗茶(毛茶)の状態で流通する …

[2015.08.16]
鳳凰単叢烏龍茶2015の仕入で中国潮州を訪問

潮州の鳳凰鎮に1週間ほど滞在し、鳳凰単叢烏龍茶の仕入をしてきました。鳳凰単叢烏龍はHOJOの看板商品の1つであり、必ず産地を訪問することを心がけており、今年まで6年間連続で潮州を訪問しております。 春ではなく今頃の時期に …

功夫プーアル茶
[2015.06.17]
鳳凰単叢烏龍茶とプーアル茶の両方の個性を併せ持つ功夫プーアル茶

馬鞍山の自然栽培茶を原料にプーアル茶と鳳凰単叢烏龍茶のハイブリット茶を開発しました。この商品はある出会いがきっかけで生まれました。 潮州出身の茶師との出会い 私が馬鞍山の周辺地域で生産者を捜していた際、非常に腕の良い生産 …

PAGE 4 OF 7

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏の無名異焼急須・茶壺・宝瓶など4種を発売
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏作の茶器(急須、茶壺、宝瓶)を発売しました。 今回発売した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成の4種類です。 急須に含まれるミネラルと味との密接な関 …
武家寨古樹生茶 2021 散茶と鳳凰単叢老叢鴨糞香2020を発売
武家寨古樹生茶 2021の毛茶(散茶)と鳳凰単叢老欉鴨糞香2020を発売しました。 武家寨古樹生茶 散茶 2021 武家寨は雲南省臨滄市永徳県にある山村です。 茶園は標高約2000m〜2200mに位置しており、4-5月に …

人気記事ランキング中国の青茶-烏龍茶(ウーロン茶)

PAGETOP