• ホーム >
  • 北城 彰(Akira Hojo) | お茶の専門店HOJO- Part 2

北城 彰(Akira Hojo) | お茶の専門店HOJO- Part 2

[2012.11.03]
水で決まるお茶の味

「店でお茶を出し、試飲して貰う」、当然お客様に買って貰いたいがゆえの試飲です。 この為、水の品質には大変気を使います。 水質が良くないと、折角のお茶も舌触りが変化し、お客さんはお茶の品質が良くないと考えます。 私達は店で …

[2012.11.03]
亜鉛は水やお茶を渋くする?!渋味の本当の原因

マレーシアクアラるンプーアルの店舗で使う水ですが、現在はオフィスでフィルターを通した水を使用しております。ところが、マレーシアの場合、水道水の味が安定しません。何が一番問題かというと、定期的に渋味が生じる点です。「渋い水 …

[2012.10.31]
性能が高ければよいと言うわけではない茶器の選択

性能の優れた土で作られた急須というのはお茶の味を柔らかにします。 但し、最近良く思う点として、性能が高ければ誰もが満足するわけではありません。 「一番性能の高い急須が欲しい」と、常にベストの急須を欲しがる人がおります。 …

[2012.10.15]
品質の高いお茶で昆布の代わりに出汁が取れる?!

昆布出汁についてですが、昆布出汁には2つの目的があります。 グルタミン酸ナトリウム(味の素の成分)を出し、旨味を増すこと。 2つめは余り知られておりませんが、水の味自体を美味しくする効果です。 昆布によるコクは鉄分などの …

[2012.10.13]
石臼と蕎麦の味の関係

蕎麦や粉を挽く際に、伝統的な石臼で挽くと機械で粉砕するよりも味が美味しくなると言います。 それはなぜでしょうか?   伝統的な臼の方が発熱がしないというのは勘違い 伝統的な石臼の場合、発熱が少ないから味が良いと …

[2012.09.27]
マレーシアの気候でプーアル茶の熟成が倍速

先々週よりマレーシアに来ております。 長野では殆ど人に会わず、クリーンルームのような生活をしていたため、こちらに来て店に立った瞬間に風邪をひいてしまいました。 今回の風邪は恐ろしく悪質で、熱、頭痛、関節痛などありとあらゆ …

[2012.09.11]
三国志時代、劉備元徳が飲んでいたお茶

最近中国の歴史を改めて勉強したいと思い、関連する本を色々と読んでおります。 中国の歴史はお茶の文化と非常に密接に関係があるため、中国歴史を知ることが、お茶の歴史を理解する上で大変役に立ちます。 最近は三国志を読んでおりま …

[2012.09.08]
古いプーアル茶が美味しいと思われる本当の理由

プーアル茶専門家が好むのは新茶 プーアル茶の場合、長く保存すればする程良いと声高々に言う人がおります。 しかし実際は、雲南省でプーアル茶を扱っている専門家の多くは、新茶を好んで飲みます。 私は様々なプーアル茶を飲む機会が …

プーアル茶の老木
[2012.09.06]
老木から作られたプーアル茶が美味しいとは限らない理由

最近のプーアル茶は老木であれば、お茶は飛ぶように売れます。多くのバイヤーがひたすら樹齢を気にするため、今では雲南省におけるお茶の値段は樹齢に比例して付けられるようになりました。しかし、老木が売れると知った農民は、老木を過 …

[2012.09.05]
まちがいだらけのプーアル茶の保存法

これまで様々な条件でプーアル生茶(四双版納や无量山系)を数年保存し、熟成の仕方について評価をしてきました。 検証した保存方法 紙に来るんだ状態で日本の室内 紙に来るんだ状態でマレーシアの室内 アルミバックに入れてシールを …

PAGE 2 OF 57

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

個性的なダージリンファーストフラッシュを3種類発売
ダージリン1st Flushを3種類発売しました。 3種とも肥料を制限した自然に近い栽培方法ゆえに、余韻が非常に長く、素材の味がしっかりと感じられます。 また、細胞密度が高く、ミネラルが濃厚ゆえに、プーアル茶や白茶のよう …
奈良県大和高原産の無農薬無肥料の自然栽培茶、都祁在来煎茶を発売
奈良県奈良市の都祁白石町(旧)産、無農薬無肥料の実生春摘み茶から作られた煎茶、都祁在来煎茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/g48.htm 古代日本の中心地との説もある都祁 都祁(つげ) …

人気記事ランキング北城 彰(Akira Hojo) | お茶の専門店HOJO- Part 2

PAGETOP