• ホーム >
  • 台湾の青茶-烏龍茶(ウーロン茶)

台湾の青茶-烏龍茶(ウーロン茶)

[2019.08.14]
美味しい水出し茶の作り方とお勧めのお茶

暑い季節に最適の水出し茶の作り方と、水出し茶にお勧めするお茶を紹介したいと思います。 水出し茶には専用のお茶である必要はない 水出し茶用に専用のお茶を購入する必要は無く、HOJOで販売しているお茶の多くが水出し茶に向いて …

[2019.06.30]
香りを楽しむ!烏龍茶のすべてが分かるまとめ

烏龍茶ってどんなお茶? 烏龍茶というのは香りを楽しむお茶であり、初めて質の高い烏龍茶を飲むと、その香りの素晴らしさに感動されると思います。 但し、日本では昔からペットボトル入りの烏龍茶が販売されており、その為に、烏龍茶と …

[2019.06.30]
ギフトやプレゼントにも最適!世界中から厳選した高級茶葉お試し7種セット

お試しセットを発売しました。各カテゴリーからお勧めのお茶を7種類選び、10gずつセットにしました。どのお茶を選んだら良いか悩まれている人、カジュアルなギフトをお捜しの人にお勧めです。 各お茶は無酸素包装をしておりますゆえ …

[2019.03.07]
極上の蜜香紅茶を手軽に楽しむ目から鱗の方法

マスカットのような甘い蜜香する紅茶を簡単に楽しむ「目から鱗の方法」を紹介したいと思います。 良い品質の入手が極めて困難な蜜香紅茶 蜜香紅茶という紅茶をご存じですか?蜜香紅茶はウンカが噛んだ茶葉から作られた紅茶で、マスカッ …

[2018.08.16]
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売

台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維持することを重要視しております。ただ、お茶は農産物ゆえ、実際に産地へ行くと、その年々で個性の尖った面白いお茶に …

[2018.01.16]
台湾を代表する烏龍茶の1つである文山包種茶を発売

文山包種茶を発売しました。文山包種茶は台湾茶を代表するお茶の1つで、茶葉は緩く揉まれ、極めて軽く発酵をすることで甘い花のような香りがするお茶です。多くの専門家は、烏龍茶は生産が最も難しいお茶と評します。それは烏龍茶の酸化 …

[2017.11.07]
マレーシアで11年無酸素熟成したビンテージ茶を4種限定発売

マレーシアにて11年間無酸素で保存することで理想的な状態に熟成したビンテージ茶を発売しまました。これらのお茶はHOJOの創業の年に仕入れたお茶です。これまで11年間無酸素の状態にて自社の倉庫で保存してました。平均気温が高 …

[2016.09.15]
東方美人2016が全体に不作な理由

今年は台湾全体に東方美人の出来が悪い年でした。台湾にて複数の見本を評価しましたが、最終的に今年は東方美人を仕入れないことに決定しました。 雨続きだった東方美人の収穫期 東方美人が収穫されるのは6月です。この時期になると、 …

プーアル茶
[2015.09.16]
なぜ中国茶をいれるときに湯で洗うのか?おすすめの中国茶のいれ方

中国茶をいれるとき茶葉を熱湯で洗いますが、なぜそうするか理由をご存じでしょうか? 中国茶は汚いから、洗わないと農薬まみれだから、ばい菌を殺菌するため等々説を唱える人もおりますが、それらが理由ではありません。 お茶の芽が出 …

[2015.08.29]
お茶の個性を決める火入れの3つの目的

製茶工場での加工直後のお茶は粗茶(日本)とよばれます。中国では粗茶と言う呼び方はせずに毛茶と呼ばれます。通常、「乾燥後のお茶」がこれに相当します。 お茶の場合、農家から直接購入する場合を除き、粗茶(毛茶)の状態で流通する …

PAGE 2 OF 5

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

マレーシアで8年熟成の白鶯山古樹白茶2017を発売:トロピカルフルーツの香り
白鶯山古樹白茶2017を再度発売しました。同じ名称の商品をこれまでも販売しておりましたが、以前販売していたロットの商品は日本で熟成したお茶でした。今回発売する商品は8年間マレーシアで熟成をしたお茶になります。マレーシアの …
雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …

人気記事ランキング台湾の青茶-烏龍茶(ウーロン茶)

PAGETOP